電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

Yahoo!ショッピングに出店すると手数料はどれくらいかかる?初期費用・決済手数料を徹底解説!

佐藤弘康

Written by

佐藤弘康

Yahoo!ショッピングに出店すると手数料はどれくらいかかる?初期費用・決済手数料を徹底解説!

「Yahoo!ショッピングに出店すると、手数料はどのくらいかかるんだろう?」

このように考えている企業の担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Yahoo!ショッピングは、出店するにあたって手数料が発生することはなく、運営していく中で決済手数料など、いくつかの手数料がかかります。売上の約5~6%が手数料の目安とされているので、目安として覚えておくとよいでしょう。

本記事では、

  • Yahoo!ショッピングの手数料の概要
  • 手数料は総額どのくらいかかるのか

について解説していきます。本記事を参考に、運営開始後の予測を立ててみてください。

Yahoo!ショッピングの手数料

Yahoo!ショッピングは、出店時に手数料がかからないことが大きな特徴です。とはいえ、運営し始めてからもずっと無料というわけではありません。

ここからは、Yahoo!ショッピングで発生する手数料について詳しく解説していきます。

出店時の手数料

Yahoo!ショッピング出店時の費用や基本手数料は無料となっており、負担を軽減して出店することが可能です。

具体的には下記の部分が無料になっています。

  • 初期費用
  • 月額手数料
  • 売上ロイヤリティ
  • システム利用料
  • メール配信料

これらの費用や手数料が発生しないため、月々の負担を感じることなくストア運営を行うことができます。
一般的なECサービスでは月額手数料が発生することも多いので、なるべくコストを抑えてストア運営を行いたい場合におすすめです。

決済手数料

決済時には様々な支払方法で支払えますが、各種決済によって手数料は下記のように異なります。

  • PayPay残高払い:決済金額の3.0%(税別)
  • クレジットカード決済:決済金額の3.24%(非課税)
  • ゆっくり払い:決済金額の3.24%(税別)
  • モバイル支払い(キャリア決済):決済金額の4.48%(税別)
  • モバイルSuica:決済金額の3.6%(税別)
  • コンビニ決済:150円/件~300円/件(税別)
  • 銀行振込決済(ペイジー):150円/件(税別)

出典:Yahoo!ショッピング

決済方法によって手数料が全く異なるので注意しましょう。

各決済方法の注意点

それぞれの決済方法には下記のように個別で注意点が存在します。

  • モバイル支払いの1注文の取扱可能金額の上限:auの場合は50,000円、NTTドコモの場合は30,000円、SoftBankの場合は50,000円
  • コンビニ決済の1注文の取扱可能金額は300,000円未満
  • 銀行振込決済(ペイジー)の1回の注文での取扱可能金額は1,000,000円未満
  • コンビニ決済、銀行振込決済(ペイジー)では、取扱可能金額が50,000円以上の場合、別途で印紙税相当額がかかる場合がある
  • ゆっくり払いで請求書発行後にキャンセルを行った場合、理由によっては、サービス利用料が出店者負担になる可能性がある

出典:Yahoo!ショッピング

これらのように決済方法ごとによって細かい注意点が存在するため、複数の決済方法を導入する際は事前に違いを覚えておきましょう。

入金サイクルのオプション手数料

入金サイクルは基本的に月1回となっていますが、月2回、月3回、月6回、月8回の入金サイクルも選ぶことが可能です。それぞれの入金サイクルで締め日、入金日、オプション手数料が異なるので注意が必要です。

実際の入金サイクルの詳細は下記の通りになっています。

入金サイクル 締め日 入金日 オプション手数料
月1回 末日 翌月末日 無し
月2回 15日、末日 当月末日、翌月15 日 0.1%
月3回 10日、20日、末日 締め日の5営業日後 0.2%
月6回 5日、10日、15日、
20日、25日、末日
締め日の5営業日後 0.4%
月8回 2日、6日、10日、14日、
18日、22日、26日、末日
締め日の5営業日後 0.6%

出典:Yahoo!ショッピング

自社のストアに合った入金サイクルを設定して運営を行いましょう。

その他の手数料

Yahoo!ショッピングでは、決済手数料の他に下記の3つの部分で手数料が発生します。

  • ストアポイント原資負担:1%~15%(最低1%は必要)
  • キャンペーンポイント原資負担金:1.5%
  • アフィリエイト:1.3%~

これらの部分で手数料が発生するため、出店を行う際はあらかじめ把握しておきましょう。

手数料の総額

出店時の手数料を具体的にイメージするために、手数料の総額を試算してみましょう。

仮に月商400万円だった場合の月の総額手数料は下記の通りになります。

  • 決済手数料(3%計算):120,000円
  • ストアポイント原資負担(1%計算):40,000円
  • キャンペーンポイント原資負担金(1.5%計算):60,000円
  • アフィリエイト報酬原資:5,200円(月商のうち約10%を対象)
  • 手数料合計:225,200円(税込み247,720円)

このように売上の約5〜6%程度の手数料が発生するので、ストアを運営する際の目安として覚えておきましょう。

Yahoo!ショッピングの手数料シミュレーション

Yahoo!ショッピングでは専用サイトで月額費用シミュレーションを行うことが可能です。

月額費用シミュレーションの金額は実際の費用と異なる場合がある

出典:Yahoo!ショッピング

月々のコスト計算を細かく行うことができるシミュレーションですが、あくまで目安なので実際の費用とは異なることがあります。個別手数料の料率やアフィリエイト利率などは、仮の利率を用いてシミュレーションを行うので差異が生まれる可能性が高いです。

あくまでもシュミレーションということを頭に入れておき、参考程度に留めておきましょう。

【番外編】有償の広告

Yahoo!ショッピングには手数料ではありませんが、ショップ運営にかかる費用として広告や有料オプションなどがあります。特に広告には多くの種類が存在しており、それぞれの広告ごとに特徴も異なります。

ここからはYahoo!ショッピングの広告や有料オプションについて具体的にご紹介するので、運営時のヒントにしてください。

ストアマッチ広告

ストアマッチ広告は別名「アイテムマッチ」と呼ばれる広告です。

ストアマッチ広告

出典:Yahoo!ショッピング

ストアマッチ広告は「ストアのイチオシ」と表示され、ユーザーが検索したキーワードに対応して商品の広告を掲載できます。最低入札単価10円といった低予算から始められる上に、入札額順位を随時確認できるため、初めて広告を出稿する際にも最適です。

ユーザーの検索キーワードに対応して自社商品の露出度を高めたいという場合におすすめの広告となります。

PRオプション

PRオプションは「販売価格×設定料率(%)」が広告費となる成功報酬型の広告で、検索結果に上位表示させるスコアを上げることが可能です。スコアが高まることで検索結果に表示される割合が増え、ユーザーへの露出度が上がって、購入に結び付きやすくなります。ユーザーに購入されない限り広告費はかからず、無駄なコストが発生しないのもPRオプション独自のメリットです。

イベントが発生した時のみPRオプション料率を上げて、露出度を高めることが可能なのでイベントに合わせて活用することもおすすめ。料率を高めるほど上位表示されやすくなるので、自社の予算と照らし合わせて実施するか決めましょう。

バナー・テキスト広告

Yahoo!ショッピングのバナー・テキスト広告は通常広告と販促広告に分かれており、それぞれ下記の特徴があります。

  • 通常広告:トップページや各カテゴリーページに掲載することが可能な広告
  • 販促広告:イベントなどに合わせて掲載できる限定的な広告

通常時から通常広告を使ってユーザーへのアピールを行い、イベント時には販促広告も活用することでさらに自社のアピールに繋がります。

バナー・テキスト広告は広告の枠数に限りがあるので、担当営業と細かく相談しながらバナー・テキスト広告の出稿について考えていきましょう。

ソリューションパッケージ

ソリューションパッケージでは、GoogleやYahoo!検索での広告配信が実施できます。自然検索の部分で露出度を高めることができるので、さらなる新規顧客の獲得に繋げることが可能です。Yahoo!ショッピングでユーザーが閲覧した商品からリターゲティングもできるため、顧客獲得に役立ちます。

より効率よく新規顧客獲得を狙う場合はソリューションパッケージを検討しましょう。

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告というサービスもあり、具体的には下記の3種類の広告に分かれます。

  • リスティング広告:Yahoo!検索で検索されたキーワードに関連性のある商品が掲載されるテキストタイプの広告。検索に関連した商品が出てくるためユーザーが関心を抱きやすい。
  • ディスプレイ広告:ユーザーが閲覧したWebサイトのコンテンツに関連性のある情報を表示する広告。自社の商品に興味があるの可能性のあるユーザーにアピールできる。
  • Twitter広告:Twitterのタイムライン上で表示される広告。広告と分かりにくいため自然とクリック率が上がりやすい。

このようにタイプが分かれるので、自社の商品ややり方に合った広告を選びましょう。

Yahoo!ショッピング出店手数料、決済手数料を理解して出店しましょう!

今回の記事ではYahoo!ショッピング出店時の手数料についてご紹介しました。手数料に関する注意点についてもご紹介しているので、今回の記事を読むだけで手数料の知識が身に付きます。

最後に本記事の内容を簡単にまとめます。

  • Yahoo!ショッピングの出店では初期費用、月額基本料などの基本的なコスト無しで出店や運営ができる
  • Yahoo!ショッピングには様々な広告プランが用意されているので、予算や自社のやり方に応じて最適な広告を活用すると効果的

Yahoo!ショッピングで出店する場合、基本的なコストは発生しませんが、決済手数料など細かい手数料が発生します。手数料ごとのルールや費用を頭に入れた上で出店を考えることがおすすめです。

この記事を書いたライター

佐藤弘康

佐藤弘康

フリーランスのWebライターとして活動しています。SEO検定を全級取得しており、SEOライティングに強い記事を作成することが可能です。現在では企画制作、ディレクターなども行い活動の幅を広げています。

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

佐々 享平

佐々 享平

JetB株式会社制作部マネージャー。2017年入社からディレクターとして数々のホームページ制作案件を担当してきた。ECサイトやSEOについてなど幅広い知識を保有し、プレイングマネージャーとして実務も担当している。趣味はダイビング。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

おすすめ記事

Share