日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

格安でホームページ制作をしたい方必見!賢い発注方法と格安制作会社の注意点

樋口 可奈

Written by

樋口 可奈

格安でホームページ制作をしたい方必見!賢い発注方法と格安制作会社の注意点

「ホームページは格安でも作れるのに、わざわざ高いお金を払う意味はあるの?」

「どうしてホームページ制作の価格はこんなに差があるのだろう?」

ホームページの外注を考えている方なら、1度は疑問に感じたことがあるのではないだろうか。そんな疑問に答えるため、今回はホームページ制作を格安で賢く発注するためのコツと注意点を伝えていく。

私たちは⻑年、Web制作に関してのあらゆる相談を受けてきたが、さまざまなお客様からの「費用を抑えて発注したい」という要望に応えてきた。コツさえ押さえて発注すれば、制作費を安く済ませることは可能である。

そこで今回、日本一の掲載社数を誇る優良WEBを運営している私たちが、格安ホームページ制作会社の特徴はもちろん、格安を掲げる業者に依頼する際の注意点から、格安で発注するための4つのポイントまで徹底解説する。

それらは経費削減のみならず、今後のホームページの運用面とも密接に関係しており、トラブルを未然に防ぐためのアドバイスでもある。下記の記事を参考に、是非あなたも予算に見合った理想のホームページを手に入れてほしい。

結論

1円でも安くホームページを作ってほしい!だって安いに越したことないでしょ? 安く済ませたいよな。当然だ!でも、ちょっと待ってくれ!

優良WEBマン(男)

世の中には格安制作会社と呼ばれる部類の会社が確かにある。

しかし、格安でできることには限界もあるので、格安の会社には制作するホームページの内容に決まった傾向がある。

格安HPを制作したい女

 

格安制作会社の限界?傾向??

優良WEBマン(男)

そう、決まった傾向だ。一概には言えないがな。
まあ、安いのには理由があるということだ。

格安制作会社は①テンプレートである。②サポートが限定的である。という特徴がある。 なるほど、確かに格安だとテンプレートってイメージはあるけど、「サポートが限定的」っていうのは?

優良WEBマン(男)

ホームページ制作会社を選ぶ時、「サポートをどこまでしてくれるか?」という点は、実は非常に大事なんだ!

この点、見落とされがちなんだけど、サポート内容を軽視
していると後で困ったことになることが多い。

代表的な例は
・操作方法がわからなくて使いこなせない
・不具合が起こった時に対応してくれない
・変更を加えたいのにできない

などがある。

格安HPを制作したい女

なるほど、そこまでのことは想定していなかったわ。

優良WEBマン(男)

そうなんだ、発注時には価格ばかりに目が向きやすいけど、価格だけで判断すると失敗してしまうこともあるんだよ。
通常、サポートにはいくつかタイプに分けられる。
・メール&電話&オンライン
・メール&電話
・メールのみ
・サポートなし(マニュアルのみ)

以前までは訪問サポートをする会社もあったが、感染症対策などでリモートが普及してからほとんど無くなったな。

格安HPを制作したい女

サポートなしは困るわ。メールサポートのみも、緊急時とかにはレスポンスが遅そうで少し不安ね。

優良WEBマン(男)

確かにそうだよな。何かがあった時に電話やリモートでサポートしてくれると安心だ。

しかし、「知識があるからあまりサポートはいらない」という人だったら、その分安くなるので良いと思わないか?

格安HPを制作したい女

それはそうね。でも、私は知識がないのでサポート充実しててほしいわ。

優良WEBマン(男)

そう!そこがポイントなんだ!

賢く安く発注するコツは、「自分には不要なものは削っていくが、逆に必要なものは絶対に削らないこと」

なんだよ。

格安HPを制作したい女

なるほどね・・安いからと言って安易に必要なものまで削ると後が大変ということね。

それともう1つ!注意点がある!「安く見えるけど実は高い」というケースがあるんだ! 安く見えるけど実は高い・・?

優良WEBマン(男)

言い換えるなら
「隠れた費用」に注意してくれということだ!

格安HPを制作したい女

隠れた・・費用?・・

優良WEBマン(男)

そう!隠れた費用には代表的に2種類ある!

まず一つ目が、月額料金だ。
ホームページ制作を発注するときには、どうしても制作費に目が向きやすい。金額が大きいからね。

しかし、そこに落とし穴がある場合が。
制作費は安くても、月額費用が高めでしかも縛りがある場合、長期的に見るとトータルで高くついてしまうんだ!

格安HPを制作したい女

確かに、、でも、それは契約の前にわかるでしょ?

優良WEBマン(男)

その通り、普通は契約前にわかることなのだが。

会社によっては制作費の安さばかりを強調して、月額費用や契約の縛りなどはほとんど触れない会社もある。

だから、制作費の安さだけで安い印象になってしまうケースがあるんだ。

格安HPを制作したい女

しっかり確認しなきゃだめなのね。

優良WEBマン(男)

そして、もう一つの隠れた費用は追加料金だ!

追加コストがかかる可能性が高い制作会社は、料金表が細かいところが特徴だ。

一般的にはホームページに基本的に備わっている機能までもオプション扱いしている場合もある。

制作進行中に。「追加」「追加」となって結果トータルで高くつくというケースがよくある。

格安HPを制作したい女

なるほど、料金表が細かったら注意して確認すべきなのね。

優良WEBマン(男)

そういうことだ。

ここまで、格安制作会社の特徴と注意点を伝えてきたが、以上のポイントをしっかり押さえれば、納得がいく発注ができるはずだ!

もっと詳しく知りたい人は、この記事を最後まで読んでくれ!すごく詳しくなれるぞ!

格安HPを制作したい女

ありがとう!こういった知識は非常に重要ね!最後まで読んでみるわ!

君の成功を祈る!グッドラック!

格安ホームページ制作会社の特徴

「格安でホームページを制作します」とアピールしている制作会社には、サービス内容に決まった傾向があります。これから紹介する5つの特徴を確認したうえで、格安で制作すべきか判断してみてください。

格安制作会社の価格帯の特徴

本記事で解説している「格安ホームページ制作会社」は、主に5万~20万円程度の価格帯の会社を想定しています。

特徴①簡易的なテンプレートによる制作が基本

まず、代表的な特徴は、ほとんどの会社が簡易的なテンプレートを使って制作をする点です。テンプレートはあらかじめ型が決まっているため、

「入れたい情報があったのに諦めるしかない」

「イメージしていたサイトにならなかった」

「3つの売りポイントを訴求したかったけど、枠がないから2つにした」

なんてことも。

また、画像やテキストの提供など自分でしなければならないことも多く、手間も時間もかかってしまいます。

特徴②打ち合わせがほとんどない

一般的な価格帯のホームページ制作では、どんな構成・デザインにするか、どんな情報を掲載するかを決めるために打ち合わせを行います。さらに、大手などをターゲットとした高価格帯のホームページ制作会社となると、打ち合わせだけでなく、自社の課題や競合他社の解析なども行い、戦略を立てるところから開始するというケースも珍しくありません。

しかし、格安制作会社にそのような打ち合わせを期待してはいけません

格安制作会社の場合、基本的には、

「エクセルを渡され、入力した情報をそのまま流しこむだけ」

「打ち合わせは、エクセルの入力方法のレクチャーのみ」

というように、打ち合わせがほとんどないのが普通です。場合によっては「マニュアルが送られてくるだけで一切打ち合わせがない」なんてこともあるので、親身になって要望を聞いてもらえるイメージを持っていると、期待外れな結果になってしまうでしょう。

特徴③修正には基本的に応じてもらえない

今まで見てきたように、格安制作会社は基本的に「テンプレートを使った制作」であり、「打ち合わせもほとんどない」という状態のため、デザインも思い通りにならないケースが多くなってきます。もちろん、「名刺代わりのホームページだから、デザインにはあまりこだわりがない」という方は問題ないでしょう。

しかし、実際に制作を進めると、ある程度デザインにはこだわりたくなるものです。

その点、一般的なホームページ制作の場合は、デザインの修正を1〜2回程度であれば無償で対応してくれることも多いですが、格安制作会社の場合はそうもいきません。

基本的に修正には応じてもらえないか、別料金になることがほとんど。「結局費用をかけて修正することになるのであれば、初めから修正に対応しているプランにしておけばよかった!」なんてことにもなりかねません。発注の前に、必ず修正にかかるコストを確認するようにしましょう。

特徴④サポートがほとんどない

ホームページは公開後、日々運用していくものです。運用をするにあたり、「操作方法がよくわからない」「どうやって集客していくの?」「アクセス解析の見方は?」など、サポートを必要とするシチュエーションには枚挙にいとまがありません。

特に初めてホームページを運用する方の場合、「何がわからないかもわからない」といった状態に陥りがちです。そんな時は、相談に乗ってくれるプロの存在がとてもありがたく感じられるものです。

しかし、格安のホームページ制作会社には、サポートを期待しないほうがよいでしょう

  • サポートを受けるには別途費用が必要
  • サポートがあったとしてもメールのみ
  • メールしてもレスポンスが遅い

というように、サポート体制が万全でない制作会社が多いからです。運用面に不安があるという方は、多少費用がかさんでもサポートがついている制作会社に依頼することをおすすめします。

特徴⑤集客は難しい

せっかくホームページを作るなら、たくさんの人に見てもらいたいですよね。しかし、格安制作に集客を期待してはいけません。「SEOに強い」という謳い文句を掲げていても、鵜呑みにしない方が良いでしょう。

通常、SEOや広告などの集客対策にはホームページ制作以上のコストがかかります。そのため、格安制作会社に集客まで求めるのは酷な話と言えなくもないからです。

「SEOに強い」などを売りにしている格安制作会社があったとしても、「多少SEOを考慮したテンプレートになっているのだろう」ぐらいに捉えておいてください。

制作会社によっては、集客施策は別途費用が発生することもあります。集客を求めるのであれば、ある程度費用がかかることを覚えておきましょう。

格安のはずが、結果的に高くつくケース

「格安と聞いて依頼したのに、蓋を開けてみたら全然安くなかった!」

このようなトラブルは少なくありません。ここからは、結果的に高くつく代表的なケースを紹介します。

①シンプルに「実は安くない」というケース

制作費は安くても月額保守料が高額

「ホームページ制作費10万円のみ!」

「(小さい字で)※保守メンテナンス料金として毎月3万円がかかります」

このような料金体系は、一見安そうに感じますよね。しかし、仮に5年間払い続けると、トータルの支払いは180万円を超えてしまいます。

保守契約が無い会社が良いかというと、決してそんなことはありません。ドメイン・サーバーの管理などは慣れていないと難しいことや更新を忘れるリスクを考えると、保守管理をしてもらえるのは安心です。

問題は、制作費の割合を下げて毎月の保守料に上乗せすることで、制作費を安く見せかけている会社があることです。

上記のような料金体系の場合、「10万円で制作してもらえる」という錯覚に陥りがちですが、通常のホームページであれば保守料が毎月数万円かかることはありません。
保守料の相場は、月額5,000円〜10,000円程度です。

下図は、「初期費用10万円、月額3万円」のプランと「初期費用60万円、月額5,000円」のプランをグラフにしたものです。

制作費の総支払額のグラフ

納品から1年8カ月のタイミングで同額に。それ以降は初期費用10万円のプランのほうが総額で上回り、5年後にはなんと支払い総額に2倍の差がでる計算です。

このような料金体系は「とにかくイニシャルコストを抑えたい!」という方には良いかもしれません。しかし、長期的にみると割高なのは火を見るより明らかです。格安ホームページ制作会社への依頼を検討する際には、初期費用だけに惑わされず、保守料やサーバー代などのランニングコストも織込み、数年単位で計算してみるようにしてください。

【注意】リースやビジネスクレジットなどの契約形態

前述の「月額保守料金が高く、実はそんなに安くない」というケースは、料金のみせ方が巧妙なだけで、そこまで悪質であるとは言い切れません。しかし、それとよく似た「リース契約」には細心の注意が必要です。深刻なトラブルになるケースが後を絶たないからです。

リース契約の主な注意点

  • 一見分割払いと変わりないが、依頼者は信販会社と契約を結び、制作会社には信販会社から一括で料金が支払われる仕組み
  • 料金支払い後は契約前とは態度が一変した対応をされるなどのトラブルが多い
  • 契約期間中は解約できないため、どれだけサービスが悪くても5年・7年と長期に渡って払い続ける必要がある
  • クライアントに所有権がないため、契約期間満了後に再リースしない限りサイトは閉鎖されてしまう

 

払いきりのホームページ制作であれば、5年使っても10年使ってももちろん価格は変わりません。しかし、リース契約の場合、契約期間が満了しても所有権が付与されないため、公開し続けるには再リースが必要。結果としてエンドレスに支払いを続けることになってしまいます。他社でリニューアルをしようにも、ドメインなどが動かせない契約になっているためどうしようもないというケースが非常に多くあります。

リース契約には、CD-ROMやタブレット端末のような「形がある物品とセット」で納品されるという特徴があります。なぜホームページ単体ではないかというと、本来ホームページ制作などの無形商材はリース契約の対象にはならないからです。脱法的な契約形態であるといっても過言ではありません。

最近は、ホームページ制作のリースを新規で受け付ける信販会社が減ったことから、リース契約を行う会社も少なくなってきています。その代わりに増えているのが、リース契約に非常によく似たビジネスクレジット契約です。

ビジネスクレジットの場合、全額支払ったあとは所有権が付与されるため、再リースの心配はありませんが、高額な保守料金を請求されるケースが多く、リース契約と同様注意が必要です。

どの契約形態にも言えますが、「初期費用0円」など、相場とかけ離れた料金を提示された場合、より注意深く契約内容を確認するようにしましょう。
リース契約に関しては、下記の記事でより詳しく解説しています。

②追加、追加で結局高くつくケース

料金表がとにかく細かくオプション化されている

「ホームページ制作5万円から!」

など格安を謳う会社はありますが、オプションが細かく設定されている場合、基本的に額面通りの金額だけではホームページとして成り立たないと思っておいたほうがよいでしょう。なぜなら最低限必要な機能までオプション化されていることがあるからです。「5万円のはずが最低限必要な機能を足していっただけでトータル50万円以上!」なんてことも起こり得ます。

このような料金形態の会社では、「問い合わせフォーム」や「スマホ対応」などの必須と言って良い機能も、基本的にはオプションです。

さらに、最近ではホームページに最低限必要な機能も増えてきています。例えば、独自SSL(暗号化通信)などがそれにあたります。以前まで、独自SSLは任意に設定すべきものでしたが、最近ではブラウザ側が独自SSLに対応していないサイトを「安全でないサイト」と表示し、実質的にアクセスできないようになってるからです。格安で済ませたいからという理由で削れるものではありません。

しかし、知識がない方の場合、そのようなものが必須であるとは知らないので、最初の価格想定から外してしまいがちです。結果的に後で説明を受けて「それは追加せざるを得ない」となるケースが多いのです。

このような料金形態の場合、あらかじめ全てのオプションの意味をしっかり確認してから契約することが大切です。

格安で作ってもらえる知人や友人に依頼

よくあるのが「知り合いが格安でホームページを作ってくれる」というケース。しかし、仲がいいからといって安易に頼んでしまうのは考えものです。

ビジネスとしての付き合いができる関係性の相手でない限りは、気を使ってなかなか強い要望が伝えられなかったり、せっかく紹介してもらったからという理由で実績があまり無い会社に依頼してしまうなんてことも。

結果的に、「デザインの仕上がりがイマイチだったけど言いづらいから、こっそり別の制作会社にリニューアルを依頼した…」というような話もよく聞きます。
「格安ではなく最初から実力のある制作会社に頼むべきだった…」と後悔しないためにも、その人や会社の実績をしっかりと見極めてから依頼しましょう

格安には何か理由がある

しっかりと成果を出してる制作会社は、無理に価格を下げなくても依頼が来るものです。

つまり、格安にしてでも依頼を受けたい制作会社は、実力が不足している可能性があるということです。もちろん、格安制作会社のなかにも実力がある良い会社はたくさんあります。しかし、それは、コストマネジメントを徹底することで低価格を実現しているからであり、削れるところは徹底的に削っていることには変わりありません。

ホームページ制作の原価は、ほぼ100%が人件費です。

格安のサービスを提供できるのは、人件費を削っているからだと考えて間違いないでしょう。とはいえ、人件費を削ることは必ずしも悪いことではありません。企業努力により作業効率を上げ、品質を高く保ったまま人件費を抑えている場合もあります。

格安のホームページ制作をお考えの方は、「安さと引き換えに何を省略しても良いか」をしっかりと考えてから契約するかを決めるようにしてください。

ホームページ制作を格安で賢く依頼するためのコツ

ここまで格安ホームページ制作の注意点を解説してきましたが、ポイントを押さえておけば、低価格でホームページを作ることは可能です。

ここからは、予算を抑えてホームページ制作を依頼する4つのコツを紹介します。

自分でやる範囲を決める

格安でホームページ制作依頼を成功させるためには、削っても良い部分を明確にするのがファーストステップです。そのためにはまず、自分でも何かできないかを考えてみましょう。

写真が得意な人なら写真は自分で撮る。文章が得意な場合は、テキストは自分で用意するなどで費用削減につながることがあります。場合によっては、手書きでホームページのイメージを描いておくと見積もりが安くなるなんてことも。要するに、ホームページ制作者側の手間を減らすことができれば、価格も安く済むのです。

PhotoshopやIllustratorができる人であれば、ホームページのデザインは全部自分でやってしまい、コーディングのみ外注するなんていう手もありではないでしょうか。実際、コーディングのみを承る制作会社もあります。そのように、ある程度自分でやることを前提とした契約形態の会社も多いのです。

フリーランスや小規模事業者を探す

大手制作会社は多くの従業員を雇っているため、人件費や家賃といった固定費がかさみ、結果的に制作費が高額になってしまう傾向があります。大規模な案件に絞って依頼を受け付けている会社も多く、予算を抑えた制作には対応していない場合も。

一方、固定費があまりかからない小規模事業者は、大手ほど制作価格を上げる必要がありません。そのため低予算で高品質のサービスを提供できる可能性があります。

クラウドソーシングを活用し、フリーランスでホームページ制作を行う人を探すのも1つの手です。代表的なサービスにクラウドワークスランサーズココナラなどがあります。いずれも登録者が多いので、イメージにあった人材が見つかるかもしれません。

格安とはいえある程度相場感を押さえる

いくら安く作ってもらいたいと言っても、「法外に安い価格を吹っかけてみる」のは得策ではありません。

「1万円でホームページを作ってください」と言っても、まず誰からも相手にされません。ホームページ発注者の中には相場感が全くない人も多く、特に格安制作会社のもとには、極端な格安対応を求める人が集まる傾向にあります。制作会社側もそのように相場がわかっていない人にいちいち対応するのも手間なので、返信すらないケースもあるかもしれません。

いくら格安を売りにしているとはいえ、制作者の立場からすると「できればしっかりと費用をかけてもらって、より良いサービスを提供したい」というのが本音です。かけられる予算がはっきりと決まっているのであれば、駆け引きをせずに正直に伝えましょう範囲内でできることを精一杯提案してもらえるかもしれません。もし、本当にかけられる費用が10万円もないということであれば、いっそのこと自作してみるのも良いかも知れません。WIXやJIMDOなどのツールを使えばプログラミングが全くわからなくてもホームページを作成することができます。

見積もりが出たら一度は価格交渉してみる

はじめから最低限の金額を提示してくれる良心的な制作会社もありますが、値切られることを想定して多少上乗せした価格を提示してくる制作会社もあります。そのため、だめもとで一度は価格交渉をしてみるべきでしょう。

ただし、相手も人であることを忘れてはいけません。要求ばかりでは、制作者のモチベーションを下げてしまいます。繰り返しになりますが、ホームページ制作の原価はそのほとんどが人件費。伝え方が悪いと「あなたの仕事にそんな価値はない」と言っているような状態になってしまうのです。

良い関係性を保って値引き交渉をするには、相手にも利益のある条件を提示することが重要です。

  • 他の制作会社に依頼する気はなく、あなたと契約することに決めている
  • この価格まで下げてもらえるなら、逆にここを我慢する
  • 初めは価格を抑えたいが、資金に余裕ができたら追加依頼をお願いしたいと思っている

というように、お互いにメリットがある交渉を心がけましょう。

ホームページを格安で依頼しようとしている方へ

本記事では、格安でホームページ制作を依頼する際の注意点と、賢い発注のポイントをお伝えしてきました。

格安で提供ができる理由は制作会社によって異なりますが、

  • 安い代わりに必要なサービスが削られていないか
  • 本当に格安な料金体系になっているのか

という点を契約前に確認し、特徴やポイントを押さえて発注することが重要です。

優良WEBでは、ECサイトからコーポレートサイト 、採用サイト、集客向けサイトまであらゆる目的別に制作会社を検索することができるので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いたライター

樋口 可奈

樋口 可奈

運営元のJetB株式会社メンバーで優良WEB立ち上げから参加。得意ジャンルはSEO、マーケティングやEC分野。これまでに数百記事を執筆した経験を活かし、読者にわかりやすい記事を提供します。趣味はアイドルのライブや漫画鑑賞。

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

佐々木 健人

佐々木 健人

JetB株式会社ゼネラルマネージャー。2013年から大手IT企業にてSEO・SEMに携わり、2017年より優良WEB運営元であるJetB株式会社に入社。営業やマネジメントの経験を積み、現在は優良WEBの管理やマーケティングに従事。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

Share