電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

【ホームページ作成の費用相場】100社以上のWeb制作会社にインタビューしたリアルな料金相場をご紹介!

藤澤 尚也

Written by

藤澤 尚也

【ホームページ制作の費用相場】100社以上のWeb制作会社にインタビューしたリアルな料金相場をご紹介!

優良WEB運営事務局が106社のWeb制作会社に聞き取り調査を行なった結果、ホームページ制作の費用相場は5万円〜650万円で、平均は110万円程度であることがわかりました。

ホームページ制作の料金相場早見表

しかし、ホームページ制作の費用相場は、外注先や必要な機能・デザインなどに応じて大きく変動します。

そのため適正価格を知るためには、自社が求めるホームページ像を明確にした上で、制作会社にきちんと見積もりをとってもらう必要があります。

そんな中、いきなりホームページ制作会社に問い合わせをすることを少し不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、Web制作のプロである優良WEB編集部が、100社以上の制作会社にインタビューを行い、リアルなホームページ制作の費用相場をこの記事にまとめました。

ホームページ制作の料金を左右するポイントと合わせて紹介するため、ぜひ参考にしてください。

この記事を読むとわかること

  • ホームページ制作の費用相場
  • ホームページ制作費用を左右する要因
  • ホームページ制作費用の内訳
  • 依頼先を料金だけで選んでは行けない理由

【発注先探しはお任せください】

コンサルタント吉田

優良WEBではWEB発注無料相談を行なっています!「相場がわからない」「優良な発注先見極めのポイントは?」などの相談に無料で対応いたします。実は優良WEB運営母体の会社もWEB制作会社。WEB制作のプロのコンサルタントが完全無料で発注先探しのお手伝いもできますので、是非お問い合わせください。

 

無料相談に対応するコンサルタント紹介

吉田哲也

コンサルタントの吉田です。Webのプロとして、現在までに累計50社程度のWeb制作に携わってきました。「知識がない方にもわかりやすいアドバイス!」がモットーです。お気軽にご相談ください!

コンサルタント吉田

 

電話相談も無料で受付中です!お気軽にお電話ください。:03-5919-0055(平日10:00〜19:00)メールの方はこちらから!

目次

ホームページ制作の平均費用は110万円程度

ホームページ制作の費用相場は110万円程度

優良WEB編集部が独自に行なった調査によると、ホームページ制作の相場は平均110万円程度であることがわかりました。

ただし、あくまでWeb制作会社に依頼した場合の平均値であり、ホームページの制作料金はピンキリです。

下記のような工夫をすれば、50万円以下の価格に抑えることも可能です。

  • デザインにテンプレートを利用する
  • 実装する機能をできるだけ削減する
  • 自社で素材を用意する
  • 低単価で受けてくれるフリーランスに依頼する

デザインにテンプレートを利用したり、実装する機能を減らしたりと、制作会社の手間を減らせばその分料金は安くなります。

またフリーランスのWebデザイナーは、中間マージンや余分な人件費がかからないため、他の外注先に比べて安価に依頼できる傾向にあります。

一方で、多くのシステムを必要とするWebサイトやフルオリジナルのデザインの制作となると、相場以上の料金になることも珍しくありません。

依頼方法や作成したいホームページによって相場も変動するため、以下で詳細を解説していきます。

Web上で見られるホームページ作成費用の相場

ホームページ制作の費用相場について解説しているWeb上の記事を確認すると、作成するホームページの規模別に以下のような相場感で記載されていることが多いです。

ホームページの規模 相場感
小規模 100,000円〜500,000円
中規模 500,000円〜3,000,000円
大規模 3,000,000円以上

5ページほどで、デザインもテンプレートを使う小規模なサイトであれば50万円以内、デザインをオリジナルにしたり10ページ以上作成したりする中規模サイトは、50万円〜300万円、フルスタックで開発が必要な大規模なホームページは300万円以上、というのが一般的な相場感のようです。

しかし、ホームページ制作は構築するサイトの種類やデザインへのこだわり、必要な機能などによっても料金が大きく変わるため、規模だけで費用を決めることはできません。

そこで、優良WEB編集部は実際にWeb制作会社に取材を行い、ホームページ制作のリアルな料金相場を調査してみました。

【料金表有り】実際に制作会社に確認したWebサイトの種類別のホームページ制作の費用相場

以下は、優良WEB編集部がWeb制作会社106社に取材をしたデータを元に作った、Webサイトの種類別の費用相場表です。

Webサイトの種類 平均価格 最低価格 最高価格
コーポレートサイト 1,154,952円 35,000円 6,500,000円
ECサイト 1,457,692円 200,000円 5,000,000円
採用サイト 1,075,806円 50,000円 3,000,000円
オウンドメディア 1,554,501円 200,000円 5,000,000円
ランディングページ 464,087円 50,000円 1,400,000円
取材にご協力いただいたWeb制作会社様 ※順不同

TIA-WORKS | aduce株式会社 | 光文堂コミュニケーションズ株式会社 | 株式会社メビウス・ネットコム | CHIYOROZ | 株式会社ありのまデザイン | ADVANCE WEB STUDIO | 池田システムサービス | FlavorDesign | Hori Masaco Design | アライブ株式会社 | マーケティングプラス株式会社 | 株式会社オンカ | 株式会社エフカラー | ワンページ株式会社 | 株式会社エッコ | Catwork株式会社 | 株式会社ゴリラウェブ | 株式会社アイビーネット | 株式会社ゾッド | 株式会社花のや | 有限会社ステイション | 株式会社ラクー | 森猫堂 | 株式会社WWG | 株式会社エーアンドエー | 株式会社Tukiyomi design | 株式会社LOM | shavat株式会社 | エムズクラフト | Smart Web | ANDLOGIC | 合同会社ネットクリエイト | 株式会社アクティブ | あいちプロジェクト | 株式会社フリースタイルエンターテイメント | 有限会社K’sLink | Boo-Anet | faith | 株式会社Studio Habit | 有限会社谷川企画 | キュア合同会社 | Raizze net | 株式会社メディアプロ | 株式会社プロコミット | 合同会社ファニプロ | RunLand株式会社 | TNGC GRAPHICS | 株式会社Soelu | 株式会社ラウンドナップ | 株式会社ウェブサクセス | SACREO | 株式会社サービシンク | 株式会社シーク | tenicom合同会社 | FLOW DESIGN | 株式会社ピクセル工房 | Carry@Company | 株式会社ヒニアラタ | STARONLINE合同会社 | 株式会社MH DESIGNS | ロープス株式会社 | ハンドレッドラボ株式会社 | トラ丸企画株式会社 | 株式会社TABEO | ディープラス | DESIGN LAB. | 株式会社Cyujo | SKY PRODUCTION株式会社 | メディアウェア株式会社 | 株式会社セブンデザイン | JAZYブランディング株式会社 | 株式会社才 | 株式会社コムラボ | 株式会社F-standard | 株式会社バリューエージェント | Monoledge | WEB&COPY design | 株式会社イーテス | 株式会社OMC | 株式会社TENSEN | 株式会社クリエ | グローバルビジネスソリューション株式会社 | 株式会社アイズオブシー | プラスデザインカンパニー株式会社 | 株式会社ファーストネットジャパン | 株式会社みやあじよ | 株式会社ナカガワウエブ制作所 | 株式会社喜八屋 | 株式会社ビオトープ | 株式会社CODE54 | TenCy株式会社 | 株式会社カトリデザイン事務所 | 株式会社スイッチ | 株式会社 ジィクレブ | 株式会社バレンサー | 株式会社AIコミュニケーション | 株式会社スーパーグラフィックス | 株式会社ワンダフルドア | Kurumi株式会社 | シンクパートナーズ株式会社 | 株式会社hunny | マーカーネット株式会社 | スポットライト | 株式会社イージーゲート | 株式会社トモガラ

上記を見ると、Web上に存在する費用相場はおおよそ正しいということになります。

むしろ最低価格は10万円を下回っているケースもあったため、簡易的なホームページなどの場合は、依頼先によっては相場よりお得に制作できそうです。

一方でECサイトやオウンドメディアなどでは、最低価格がWeb上の相場よりも10万円ほど高いという結果になりました。

他のサイトなどに比べて必要な機能が多い、セキュリティ強化が必須などの理由で相場が少し高めになっているようです。

またホームページの作成は、制作会社ごとに制作フローや対応できるデザイン・機能が違うため、Webサイトの種類以外の理由でも費用が変わります。

ホームページのクオリティや求める成果によっても価格は大きく変動するため、依頼の際は費用感が合う制作会社から相見積もりを取るのがおすすめです。

以下では、Webサイト別に価格の違いや金額に幅がある理由について解説していきます。

また優良には「ホームページ制作料金シミュレーター」も用意されているため、自社が作りたいホームページの参考価格をピンポイントで知りたい方は合わせてご利用ください。

ホームページ制作料金シミュレーターへのリンク

ホームページ制作の見積もりの取り方が知りたい方は、下記の記事も参考になります。

ホームページ制作の見積もり書を項目別に解説!相場や確認方法も紹介

コーポレートサイト

コーポレートサイトは、企業の基本情報を記載したWebサイトのことで、ホームページとして利用されることが最も多いです。

コーポレートサイト制作の費用相場は、3万5千円〜650万円と価格に大きく開きがあります。

コーポレートサイトの場合、サイト内で使用する画像や動画など、素材を0から作る場合は高額になることが多いです。

一方で、テンプレートを利用して必要最低限のページだけ作成する場合、安価で制作できます。

ホームページとして利用されることが最も多く、依頼者ごとに求める要望が多様であるため、料金の幅も広くなっています。

コーポレートサイト制作の詳細な費用相場をくわしく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

コーポレートサイト制作の費用相場は?企業サイト構築にかかる平均費用を解説

ECサイト

ECサイトは、インターネット上で商品やサービスの売買を行うためのWebサイトのことで、通販サイトやネットショップとも呼ばれます。

ECサイト制作の費用相場は、20万円〜500万円程度で、制作方法やショップの規模によって大きく変動します。

ECサイトは、商品管理や決済などのシステムを導入するケースが多いため、極限まで費用を抑えても、コーポレートサイトほど料金は安くならないケースが多いです。

また、ECサイトでは運用が必須となるため保守管理などのランニングコストがかかるケースもあります。

全てをオリジナルで制作する際は多くの予算を必要とする一方で、ShopifyやBASEなどのASPを使って安価に制作することも可能です。

ECサイトの費用相場に関する詳細な情報は、下記の記事で解説しています。

ECサイトの構築費用・相場を徹底解説!内訳や適切な料金で依頼するためのポイントまで

採用サイト

採用サイトは、求職者向けに企業理念や活動実績、採用情報を提供するためのWebサイトで、リクルートサイトとも呼ばれます。

採用サイトの費用相場は、50万円〜300万円が一般的で、必要なページ数や作成するコンテンツ、素材の有無によって変動します。

採用サイトでは、多くの機能を必要としない一方で、求職者に自社の魅力を120%伝えられる画像や動画、テキストコンテンツなどが必要です。

そのためWeb制作時にカメラマンやライター、動画編集者を雇うコストが発生し、高額になるケースもあります。

しかし、クリエイティブの制作を内製化している制作会社に依頼する、素材を自社で用意するなどの工夫をすれば、コストを抑えて制作することも可能です。

採用サイトを作成する際の料金相場については、以下の記事でくわしく解説しています。

採用サイト制作の費用相場 | 料金を抑えて求人サイトを作成するコツを解説

オウンドメディア

オウンドメディアは自社で保有するメディアの総称ですが、一般的にブログをメインコンテンツとしたメディア型のWebサイトのことを指します。

オウンドメディアは、20万円〜500万円程度で制作可能で、運用のサポートやコンテンツ制作の代行の有無によって料金が変わります。

オウンドメディアは記事コンテンツがメインなので、ホームページ自体は最低限のページがあれば問題ありません。

そのため、Webサイトの制作だけであれば比較的安価に制作可能です。

しかし継続して記事を投稿する必要があるため、コンテンツ制作まで外注する場合は記事数や契約期間に比例して費用が高くなります。

オウンドメディアの費用相場については、下記の記事でくわしく紹介しています。

オウンドメディアの費用相場!料金を抑える方法や業者選びのポイントまで丁寧に解説

ランディングページ

ランディングページはユーザーの行動喚起を目的とした、1ページ完結のWebサイトのことです。

ランディングページは、5万円〜140万円の間で制作が可能で、制作の目的によって費用が変わります。

ランディングページは、構造上1ページしか制作しないため、ホームページとして使用する際は他のWebサイトに比べて安価に制作できます。

一方で広告運用やSEO対策など、マーケティングに活用する目的で制作する場合は、複数作成する必要があり、その分費用も高額になります。

そのため、制作するページ数や内容によってはコーポレートサイトなどと変わらない金額になることも少なくありません。

ランディングページについて

ランディングページは特性上、ホームページとしての利用に向いていません。

 

1ページ完結型のWebサイトで、基本的にコンバージョン以外のリンクを設置しないためです。

安価に発注できるのは魅力的ですが、コーポレートサイトなどを制作した方が、ホームページとしての目的を果たしやすいです。

ホームページ制作費用を左右する要因

ホームページ制作費用を左右する要因

ホームページの制作費用は、以下4つの要素で変わります。

  • ホームページ制作の目的
  • ホームページ制作の依頼先
  • ホームページに必要な機能やデザイン
  • ランニングコストの有無

それぞれの内容を理解し、適正な相場を見極められるようにしましょう。

自社の目的に合わせて、それぞれ最適な方法を選択すれば、最小限の価格で理想的なホームページを作成できます。

ホームページ制作の目的

ホームページ制作の目的

ホームページは通常、以下のような目的を達成するために作成されます。

  • 集客
  • リクルート
  • ブランディング

いずれも目標の立て方やゴールが異なり、必要な機能・デザインも大きく変わるため、適切な仕様のホームページを外注する必要があります。

判断を誤ると無駄なコストが発生することもあるため、それぞれの相場をよく確認しておきましょう。

集客用

集客用のホームページとは、訪れたユーザーに対してなにかしらのアクションを起こしてもらうことを目的としたWebサイトです。

大きく以下2つに分類でき、相場や必要な機能なども異なります。

  • 問い合わせの獲得や資料請求を目的としたWebサイト
  • 通信販売を目的としたWebサイト

それぞれについて、くわしく解説していきます。

問い合わせの獲得や資料請求を目的としたWebサイト

問い合わせの獲得や資料請求を目的としたWebサイトは、訪れたユーザーに対して企業やサービスの魅力を訴求し、顧客との接点を生み出すために制作するホームページです。

コーポレートサイトやサービスサイト、オウンドメディアなどが制作され、テンプレートで制作する際は、20万円+ランニングコスト程度の費用から制作できます。

一方で、デザインや機能をオリジナルで制作する際は、100万円以上はかかるものと思っておきましょう。

また、集客用のホームページではランニングコストも意識する必要があります。

ホームページを作っただけでは、集客は集まりません。

そのため、SEO対策や広告の運用代行などを一緒に依頼するケースが多く、月に5万〜10万程度のランニングコストがかかります。

以下のポイントを押さえれば、費用を抑えて依頼をすることも可能なため、予算が割けない場合は工夫してみましょう。

集客用のホームページの制作費用を抑えるポイント

  • デザインはテンプレートを利用する
  • 写真などの素材を自社で用意する
  • SEO対策や広告運用を内製化する

通信販売を目的としたWebサイト

通信販売を目的としたWebサイトは、主にECサイトを指します。

制作の相場は20万円〜500万円程度で、フルオリジナルで制作する場合は最低でも100万円はかかることがほとんどです。

一方でデザインにテンプレートを利用したり、ShopifyやBASEなどのASPを利用したりすれば、20万円程度からでも外注は可能です。

ただし以下2つの理由から、ECサイトの運用には必ずランニングコストがかかることを覚えておきましょう。

  • 決済システムの利用料が発生する
  • セキュリティ対策を継続的にする必要がある

ECサイトは、決済代行会社と契約を結ぶか、決済機能が備え付けられているASPを利用して初めて、Web上での決済が可能となります。

たとえば、Shopifyを利用して制作費を安く抑えた場合でも月額$33〜$399のシステム利用料と、3.25%〜3.4%のクレジットカード手数料がかかります。

また、個人情報などを入力するECサイトでは、継続的なセキュリティ対策が欠かせません。

いずれもスキルやリソースがなければ、自社で用意したり対策したりするのは現実的ではないため、ECサイトは他のWebサイトに比べてランニングコストが高くなる傾向にあります。

予算を決める際は、必ず考慮しましょう。

リクルート用

リクルート用のWebサイトとは、主に採用サイトのことを指し、制作の相場は5万円〜300万円程度です。

採用サイトでは、作成するコンテンツに応じて費用が大きく変わります。

採用サイトの役割は、求職者に対して企業の概要を紹介し、求人への応募を促すことです。

応募後に企業側と求職者側のニーズに乖離が生まれず、企業の等身大のイメージがより魅力的に映るように意識して制作する必要があります。

そのため、Webサイト内に用意するコンテンツが非常に重要です。

採用サイトに必要なコンテンツ

  • 社員インタビュー
  • 社内の紹介動画
  • 企業概要・理念
  • 採用情報
  • 社員紹介ページ

採用サイトには特別な機能は必要とされづらく、内包するコンテンツによって制作費用が大きく変わります。

たとえば、社員インタビューであれば写真撮影から取材、ライティングまで全て外注すると、安くても1ページあたり5万円程度はかかります。

また、動画の作成などを依頼すると10万円〜200万円と、より多くの費用が必要です。

反対にCMSでサイト制作のみ外注し、コンテンツは全て自社制作すると、5万円〜20万円程度のサイト構築費で済むこともあります。

コンテンツごとに外注の必要性を考え、適正価格で依頼できるようにしましょう。

ブランディング用

ブランディング用のホームページには、企業やブランド、サービスの概要や魅力を伝えて信頼感を向上させる役割があります。

名刺やパンフレットのような役割を持ち、コーポレートサイトやブランドサイト、キャンペーンサイトなどが制作されます。

制作の相場は3万5千円〜650万円と、集客用のホームページと大きな違いはありません。

しかし、集客用のホームページと違い、大規模なシステム構築や広告運用やSEO対策などに費用を割くことは少ないです。

ブランディング用のホームページの役割は広告やチラシ、集客用のWebサイトなど、他の媒体から自社に興味を持ってくれたユーザーに対して、より深い興味付けをしたり、安心感を与えたりすることです。

つまり費用が高くなるのは、以下のようなデザインやコンテンツの制作に工程を割くケースです。

  • 画像や動画の撮影・編集
  • キャッチコピーの制作
  • ロゴなどの制作
  • 全体的なWebデザイン

そのため、制作会社に依頼する項目を減らすことで予算を抑えられます。

ただし、ブランディング用のサイトの場合、見た目のインパクトやイメージが非常に重要であるため、デザインが悪ければ本末転倒です。

フリーランスに頼むなど、コストを下げる方法は他にもあるため、自社にデザイナーがいない場合は外注しましょう。

ホームページ制作の依頼先

ホームページ制作の依頼先

ホームページは、制作の依頼先によっても費用が変動します。

ホームページの依頼先は大きく以下の3つです。

  • Web制作会社
  • 広告代理店
  • フリーランス

それぞれメリットとデメリットがあり、同じ作業でも金額や納期も違います。

各制作方法の概要を解説していくので、自社に適切なものを選びましょう。

Web制作会社

Web制作会社に依頼する場合、依頼先の規模感によっても費用は大きく変わります。

小規模な制作会社であれば、5万円〜100万円程度で制作可能です。

反対に、大規模な制作会社に依頼する場合は100万円以上はかかると思っておきましょう。

ホームページ制作の費用は、ディレクションやシステムの開発・導入、デザインなど必要な作業の量とそれにかかる人件費で決まります。

小規模な制作会社の場合、1人あるいは少人数のチームで制作をしていることが多いです。

そのため、対応できる範囲の仕事しか受けなかったり、1人で複数の工程を兼任したりしています。

作業や制作費用に融通が効くケースも多く、費用も安くなりやすいです。

一方で大規模な制作会社の場合、各工程ごとに専門職の担当がつきます。

1つの案件に対して多くの人員が関わるため、それだけ制作費も高くなるのです。

その分、欠員などの人員トラブルで発生する制作進行の遅れなどを回避しやすく、安定感のある制作が期待できます。

それぞれにメリットとデメリットがあるため予算や納期、クオリティなど、優先したい項目に合わせて外注先を選ぶのがおすすめです。

ただし、複雑なデザインや高機能なホームページを依頼する場合は、制作会社の規模に関係なく高額になることは覚えておきましょう。

広告代理店

広告代理店にホームページの制作を依頼する場合、集客施策もセットでサポートしてもらうことが前提です。

そのため、ホームページの制作以外にも月々のランニングコストや、その他の販促物の制作費用が加算されます。

また広告代理店の中には、自社でホームページを作らないところもあります。

その場合、代理店からWeb制作会社を紹介してもらうことになるため、直接Web制作会社に依頼する際の2〜5割程度の金額が紹介手数料として上乗せされると思っておきましょう。

しかし、広告代理店は販促に関する多くのパイプを持っているため、Web以外の媒体への広告出稿など、大規模な宣伝も依頼できます。

ホームページ制作の依頼先の中で最も費用が高くなりますが、集客もまとめて依頼したい、Web制作会社選びに迷っているなどの場合におすすめです。

フリーランス

フリーランスへ依頼した際の相場は、5万円〜20万円程度と外注先の中では最も費用を抑えやすいです。

フリーランスは基本的に1人で作業を行うことから、人件費が最小限に抑えられ、価格が安くなる傾向にあります。

また、制作者との距離が近いため納期や費用に融通が効くことも多いです。

ただし、依頼するホームページの規模が大きい、必要なデザインや機能が特殊など、マンパワーでの制作では満足のいくものが制作できない場合があります。

結果として、Web制作会社に依頼するほうがコストパフォーマンスがよいこともあるので、必ず相見積もりを取るなどして見極めましょう。

依頼の際は、クラウドソーシングサービスを使って外注先を探すのがおすすめです。

ホームページに必要な機能やデザイン

ホームページは、求める機能やデザインによって制作費用が大きく変わります。

フルオリジナルでデザインやシステムを制作する場合、最低でも100万円はかかると思っておきしょう。

一方で、パッケージやテンプレートを利用すれば50万円以下で制作することも可能です。

しかしホームページを作成する目的によって、適切な制作方法は変わります。

価格だけで外注先を決めると、使えないホームページが出来上がるおそれがあります。

そのため、自社が求める機能やデザインを明確にしてから制作会社を探しましょう。

低価格で依頼したいならテンプレートやパッケージがおすすめ

できるだけ費用を抑えて依頼したい場合、テンプレートやパッケージを提供している制作会社を選ぶのがおすすめです。

テンプレートを使えば、予め用意された枠組みの中に写真を入れ込んだり、色味を調整したりするだけでデザインが完成するため、クオリティを保ちながら費用を抑えられます。

またパッケージ制作では、ブログの更新機能やお問い合わせフォーム、予約システムなど、導入の要望が多いシステムが予めセットとなっているため、工数を抑えて制作ができます。

そのため、自社のホームページに必要な機能が詰まったパッケージを提供しているWeb制作会社が見つかれば、高機能なホームページを100万円以内で制作することも可能です。

こだわりを詰め込みたいならオリジナルで制作を

デザインや機能を完全にオリジナルで制作する場合、100万円以上はかかると思っておきましょう。

パッケージでの制作と違い、すべての工程を0から作り上げていく必要があり、多くの時間を要するためです。

依頼者側の要望によってはデザインやシステム構築に高度な知識とスキルが必要とされ、制作費が300万円〜500万円以上になることもよくあります。

一方で料金以外の制約はないため、理想のホームページを追求できます。

また、システム面はパッケージで構築し、デザインのみオリジナルで依頼するなどの工夫をすれば、100万円以内でクオリティの高いサイトを制作することも可能です。

依頼の際は制作会社とよく話し合い、予算とクオリティのバランスが取れる制作方法を一緒に考えてもらいましょう。

ホームページに必要な機能やデザイン

制作会社選びにお悩みの方は
ぜひ優良WEBにご相談ください。

経験豊富なコンサルタントが

します。

ランニングコストの有無

ホームページ制作のランニングコスト

ホームページを制作する際は、運用にかかる費用のことも考える必要があります。

たとえば以下のように、制作するサイトとサポート内容は同じで、料金体系が違うA社とB社があった場合、長い目で見ればA社の方が安くなります。

A社 B社
ホームページ制作費用 1,000,000円 500,000円
ランニングコスト 5,000円/月 50,000円/月

上記の例では、ホームページを1年以上運用する場合A社に依頼した方が賢明でしょう。

ただし、ランニングコストは安ければ良いというわけではありません。

保守管理や運用スキルが自社にない場合、集客効果が得られない、セキュリティ面に支障をきたすなどの不都合が起こるためです。

適切なランニングコストは、自社の運用体制や求めるサポートの範囲、制作会社のプランによって変わります。

したがって、ランニングコストの種類や内訳、相場まで理解して依頼する制作会社を選ぶ必要があります。

以下で、ホームページ制作のランニングコストに含まれる3つの項目について解説していきます。

  • 保守管理
  • コンテンツ制作
  • 運用代行

ホームページの管理費については、以下の記事でくわしく紹介しています。

ホームページの管理費用の相場 | 内訳や維持費を抑えるコツを解説!

保守・管理

保守管理費用は、ホームページの維持やセキュリティ面のサポートに支払う費用です。

Webサイトの運営に必ず必要なドメイン・サーバーの料金などが含まれ、制作会社によって料金体系はさまざまです。

たとえば、ドメイン・サーバーの管理のみの場合は月額1,000円〜2,000円程度で済みます。

一方で定期的にWebサイトをバックアップしたり、セキュリティ面のアップデートをしたり、手厚くサポートして貰う場合は、月々5万円〜10万円程度かかることもあります。

自社で保守管理ができる場合は、削減できる費用ですが、セキュリティ面に不安がある場合は制作会社に代行してもらうのがおすすめです。

コンテンツ制作

ホームページでSEO対策などを行う場合、定期的なコンテンツの作成が必須です。

しかし、コンテンツの制作には以下のようなスキルを必要とします。

  • SEOライティング
  • コピーライティング
  • Webマーケティング
  • アクセス解析

いずれも専門的な知識が求められ、作業には多くのリソースを消費します。

そのため、ホームページを制作した会社にそのままコンテンツ制作も依頼するケースはよくあります。

制作するコンテンツのボリュームや記事数にもよりますが、月々5万円〜50万円程度の費用がかかるのが一般的です。

内製化すれば削減できる費用ですが、その場合多くの人件費が必要となります。

また、社内にコンテンツ制作のスキルを持つ人材がいない場合、新規の採用コストも発生します。

結果的に外注したほうが安くなるケースも多いため、しっかり検討しましょう。

運用代行

ホームページの運用代行の定義は、制作会社ごとに異なります。

たとえば、サーバー・ドメインの管理のみを運用代行と呼ぶケースもあれば、定期的なコンテンツの更新やリード獲得ための戦略立案まで代行してくれることもあります。

簡単な管理だけであれば、月々数千円程度で設定されていることが多いです。

しかし戦略設計やSEO対策、広告運用なども含まれる場合、5万円以上になるケースもあります。

運用代行費用がかかる制作会社に依頼する場合は、作業の内訳などを一度確認しましょう。

運用代行の1つである、コンテンツマーケティングについての費用相場は、以下の記事でくわしく解説しています。

コンテンツマーケティング費用の相場 | 内訳・費用対効果の高め方を解説

広告の運用代行費用が知りたい方は、下記の記事も参考になります。

広告運用代行の費用相場は?リスティング広告やSNS広告運用代行などに分けて解説

ホームページ制作費用の内訳

ホームページ制作費用の内訳

ホームページ制作の工程では、一般的に以下7つに分けられます。

  • ディレクション
  • ホームページ設計
  • デザイン
  • システム設計
  • コーディング
  • 保守管理
  • 集客対策

各セクションごとの費用の割り振りは、制作会社ごとにさまざまです。

しかし、内容を理解しておくことで適正な価格を見極めやすくなるため、頭に入れておきましょう。

それぞれについて、くわしく解説していきます。

ディレクション

ディレクションは、簡単にいうとホームページ制作の打ち合わせのことです。

制作の方向性やホームページの仕様を決める大事なセクションで、制作会社のディレクターと話し合い、以下のような項目を擦り合わせます。

  • ホームページを制作する目的
  • デザインの方向性
  • 集客や採用の方針
  • 制作するホームページの規模感
  • 内包するコンテンツの詳細

その後、ディレクターが打ち合わせの内容を自社に持ち帰り、デザイナーやエンジニアに共有して制作を開始します。

ディレクションの回数や内容、進め方は制作会社によって異なります。

一般的にディレクションの回数が少ないほど費用は安くなり、多いほど高くなります。

制作するホームページのボリュームや実装する機能などに応じて、適正な回数や時間は変わるため見積もりの際に確認してみましょう。

ホームページ設計

ホームページ設計では、Webサイトのおおまかなレイアウトを決めます。

制作会社が作成したワイヤーフレームを元に、ホームページの骨組みを確認・調整していきます。

後のデザインに大きく関係する部分なので、納得の行くレイアウトになるまで、繰り返し制作会社と調整しましょう。

デザイン

ワイヤーフレームを元に作成したデザインカンプで、ホームページの最終的なデザインを決定します。

  • ディレクションで伝えた要望が加味されているか
  • デザインについて納得の行く説明があるか
  • 自身が好きなデザインか

など、細かく確認していきましょう。

デザインの詳細な費用相場については、下記の記事でくわしく紹介しています。

Webデザインの費用相場 | デザインのみの依頼はフリーランスがおすすめ

システム設計

ホームページに特別な機能を実装する場合、システム設計が必要です。

一般的には制作会社側がシステム用のデザインカンプを作成し、デザインと一緒に提示してくれます。

集客や採用など、ホームページを制作する目的が達成できる仕様になっているか確認しましょう。

コーディング

プログラミング言語を使って、作成したデザインやシステムをWebサイトとして表示できるようにする作業です。

サイトの規模や必要な機能によって、作業時間や使用するプログラミング言語が異なり、制作費用にも大きく影響します。

コーディングが完了し、問題がないか確認すればホームページが公開できます。

下記の記事で、コーディングの費用相場についてくわしく解説しているため参考にしてください。

コーディングの費用相場は?フリーランスなど外注先ごとに料金表を公開

保守管理

ホームページ制作会社によっては、ホームページ公開後の保守管理作業を代行してくれます。

保守管理には、サーバーやドメインの管理、バックアップやセキュリティ対策などが挙げられます。

サービス内容や費用は制作会社ごとにさまざまなので、予め確認しておきましょう。

集客対策

集客対策を合わせて依頼する場合、ホームページ制作とは別の作業が発生します。

たとえば、SEO対策であればコンテンツ制作、広告運用ならバナーやLPの作成、出稿作業などです。

対策内容に応じて、単発で終わる施策から長期的に取り組むものまでさまざまな種類があるため、料金や支払い方法も制作会社ごとに異なります。

集客施策ごとの費用相場については、以下の記事も参考になります。

ホームページ制作を依頼する際は料金だけで判断しない

ホームページ制作を依頼する際は料金だけで判断しない

ホームページ制作会社を選ぶ際に、料金だけで判断するのは絶対にやめましょう。

必ずしも費用が安ければ良いというわけではないからです。

ホームページに限らず、商品やサービスには必ず相場が存在します。

相場から大きく外れているサービスは、他の制作会社に比べてスキルが低い、納品が極端に遅いなどさまざまな問題を抱えている可能性があります。

また、制作会社に問題がなくても、デザインが理想と違ったり、必要な機能が実装されていなかったりと、目的が達成できなくなる恐れもあります。

もちろん、低価格で高品質なホームページ制作会社もたくさんありますが、依頼の際は必ず費用以外の部分にも目を向けましょう。

ホームページ制作会社選びを失敗しないための4つのポイント

ホームページ制作会社選びで失敗を避けるには、事前準備をしっかり行うことが大切です。

あらかじめ自社の要望や確保できる予算などを明確にしておけば、制作会社を選ぶ基準が作れます。

以下では、ホームページ制作会社を選ぶ際に重要な4つのポイントについて解説していきます。

  • ホームページ制作の目的を明確にする
  • 予算を決める
  • 保守管理や集客費用も計算に入れる
  • 同時に依頼できるものがないか確認する

ホームページ制作の目的を明確にする

ホームページは作る目的によって、必要な機能やデザインが変わります。

そのため不透明なまま相談に向えば、適切な金額提案を受けるのが難しくなります。

打ち合わせでは、基本的に制作会社側が方向性を示してくれますが、依頼者側の意思がはっきりしていないと話がまとまりません。

結果として、相場よりも料金が高くなった、出来上がったホームページが求めていたものと違ったなど、トラブルに発展するリスクが高くなります。

予算を決める

ホームページ制作会社が見積もりを行う際は、基本的に予算の上限額を提示します。

そのため料金の計算を制作会社に一任すると、想定外の高額料金になることも少なくありません。

一方で、あらかじめ割ける予算を伝えておけば、金額の範囲内で見積もり書や仕様書を作成してくれます。

相見積もりを取る際も、制作会社ごとの金額のばらつきを抑えられ、内容や対応面で比較がしやすくなります。

保守管理や集客費用も計算に入れる

ホームページを作成する目的によっては、保守管理や集客費用が高額になることがあります。

たとえばマーケティングを目的とする場合、SEO対策や広告運用などに多くの予算が必要です。

またECサイトなど、顧客情報を扱うWebサイトを制作する際は、セキュリティ強化のための保守管理が欠かせません。

いずれも内製化はできますが、多大な人件費が必要となります。

そのため、運用にかかる費用も計算に入れておかないと、ホームページ制作後に運営が立ち行かなくなる恐れがあります。

同時に依頼できるものがないか確認する

ホームページ制作会社の中には、集客施策や紙媒体の作成など、多様な業務を請け負ってくれる会社も存在します。

新規事業用にホームページを立ち上げる際は、名刺やパンフレットなどが同時に必要になることも珍しくありません。

ホームページと一緒に依頼することで費用や手間を抑えられるため、制作会社を探す前に他に必要なものがないか確認しておきましょう。

ホームページ制作は適正な価格で依頼しましょう

ホームページ制作は適正な価格で依頼しましょう

ホームページの制作費用は5万円〜500万円と幅広く、制作方法やWebサイトの種類、外注先などによって金額が大きく変動します。

そのため、外注する際はホームページを制作する目的を明確にし、必要な機能やデザインを精査することが重要です。

価格だけを見て依頼すると、やりたいことができない、自社のイメージとデザインが噛み合っていないなど、トラブルに発展する原因になります。

この記事を参考に、自社に必要なホームページの相場を理解し、適正価格で依頼しましょう。

優良WEBでは予算に合わせて最適なホームページ制作会社を紹介できます!

ホームページ制作について無料で相談する

この記事を書いたライター

藤澤 尚也

藤澤 尚也

優良WEB編集長・JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け、2018年に営業として入社。その後Webディレクターに転身し、3年以上経験を積む。多様な経験からくる幅広いWebリテラシーと持ち前の文章力を買われて優良WEBの編集長に抜擢。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

このライターの記事一覧

Share

関連記事

Share