電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

【事例付き】Webサイトの種類13個を紹介!各サイトの目的や活用シーンも解説

藤澤 尚也

Written by

藤澤 尚也

事業戦略でWebサイトを作ることになったものの、どんなサイトを作ればよいか悩んでいませんか?

実はその悩み、意外と多いです。

WebサイトにはホームページやECサイト、ランディングページなど、さまざまな呼び方や種類があるためややこしいのです。

さらに複数のWebサイトを組み合わせて構築するケースも。

Web制作会社に相談してみたものの、何を言っているか良くわからず発注を断念してしまったという話しもよく耳にします。

そこでこの記事では、ホームページ制作のプロである優良WEBの編集長が、下記13個のWebサイトの概要を解説していきます。

  • コーポレートサイト(企業サイト)
  • ECサイト
  • 採用サイト(リクルートサイト)
  • オウンドメディア
  • ランディングページ(LP)
  • ブランドサイト・プロダクトサイト
  • キャンペーンサイト・プロモーションサイト(特設サイト)
  • 研究教育機関サイト
  • ニュースサイト
  • 官公庁サイト・自治体サイト
  • 情報サイト・メディアサイト・ポータルサイト
  • 会員制サイト
  • 社内イントラサイト

上記をすべて理解できれば、制作会社探しもスムーズに行えます。

わかりやすく解説しているため、ぜひ参考にしてください。

制作会社選びにお悩みの方は
ぜひ優良WEBにご相談ください。

経験豊富なコンサルタントが

します。

目次

Webサイトは13種類存在する

Webサイトには大きく分けて、以下の13種類が存在します。

  • コーポレートサイト(企業サイト)
  • ECサイト
  • 採用サイト(リクルートサイト)
  • オウンドメディア
  • ランディングページ(LP)
  • ブランドサイト・プロダクトサイト
  • キャンペーンサイト・プロモーションサイト(特設サイト)
  • 研究教育機関サイト
  • ニュースサイト
  • 官公庁サイト・自治体サイト
  • 情報サイト・メディアサイト・ポータルサイト
  • 会員制サイト
  • 社内イントラサイト

それぞれ役割や目的が異なり、できることも変わります。

そのため、自社がWebサイトを使って何がしたいのか明確にしておかないと、適したWebサイトは作れません。

新規顧客を集めたい、既存顧客の満足度を向上したいなど、目的に応じて適したWebサイトを選ぶことが大切です。

ホームページはWebサイトの総称

日本では種類に関係なく、Webサイトのことをホームページとも呼びます。

本来は異なる意味ですが、日本においてはWebサイトのことをまとめてホームページと呼ぶ習慣がついているため、どんなWebサイトであれホームページと呼んでも間違いではありません。

この記事で紹介している13個のWebサイトもすべてホームページに当てはまります。

ただし、日本固有の呼び方であり、海外の人には通じないため注意しましょう。

ホームページの本来の意味

ホームページは本来、「ブラウザを最初に表示されるページ」を指す言葉です。

また「Webサイトの出発点となるページ(トップページ)」という意味でも使われます。

複数のWebサイトが組み合わさるケースも多い

近年Webサイトに求められる構造や仕様は多様化しており、複数の特徴を合わせ持ったサイトも多く存在してます。

たとえば下記のようなケースです。

企業概要の掲載と事業に関連する情報の発信 コーポレートサイト+オウンドメディア
訴求力の高い縦長のページに複数商品のカートを実装 ランディングページ+ECサイト
ブランドのユーザーにだけ特別なサービスをWebサイト上で提供する ブランドサイト+会員制サイト

そのため、Webサイトの定義も複雑化しています。

グルーピングが難しいですが、基本となるWebサイトを押さえておくことで、制作の精度を上げることが可能です。

自社に適したWebサイトがわからない方は、無料で相談できますのでぜひご連絡ください。

制作会社選びにお悩みの方は
ぜひ優良WEBにご相談ください。

経験豊富なコンサルタントが

します。

コーポレートサイト(企業サイト)

コーポレートサイト(企業サイト)の事例

出典:株式会社ベネッセホールディングス

コーポレートサイトは、会社概要や事業内容を掲載するWebサイトです。

企業情報の掲載に使われることから、企業サイトや会社サイトとも呼ばれます。

上場企業など、大手であればIRやCSRの情報、コンプライアンスについてなど、必須ページが多いため、大規模なサイトになります。

反対に中小零細企業のコーポレートサイトは、10〜30ページくらいで収まることが多いです。

企業の公式サイトが欲しいと思っている方は、コーポレートサイトを制作しましょう。

コーポレートサイト制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

コーポレートサイト制作に強い制作会社14選!優良な制作会社を特徴別にご紹介!

コーポレートサイトの目的と役割

コーポレートサイトの役割には、下記のようなものがあります。

  • 会社や事業に関する周知
  • ブランディング
  • 信頼性の向上
  • ステークホルダーへの説明責任の実施

他にも、採用や問い合わせのコスト削減や休業日の周知など、企業活動全般に使われます。

コーポレートサイトの運用方法

コーポレートサイトの運用は、管理体制の構築と定期的な更新が大切です。

お知らせなどを随時発信できるように、社内で担当者を決めたほうが良いでしょう。

その際運用マニュアルの作成や教育体制の整備をしておくと、属人化を防ぐことができます。

またサイトの触り方だけではなく、コンプライアンスやモラルに関する研修も必要です。

何気ない発信が、炎上につながるおそれがあるため、厳格な管理体制を構築しましょう。

コーポレートサイト制作のポイント

コーポレートサイトを制作する際は、下記のポイントを押さえましょう。

  • CMSを組み込む
  • UXにこだわる
  • アクセシビリティを意識する

CMSを使ってサイトを構築すれば、簡単に更新ができるようになります。

更新が必要なページに部分的に組み込むこともできるため、制作会社と相談しながら適した導入方法を模索すると良いでしょう。

加えて良質なUX(ユーザー体験)を追求していけば、コーポレートサイトを通して、企業に対するユーザーからの好感度を上げられます。

また、必ずアクセシビリティの高いサイトを構築しましょう。

コーポレートサイトは、さまざまな人が閲覧するため、誰にとっても見やすく、使いやすいWebサイトになるように制作してください。

ECサイト

ECサイトの事例

出典:日清食品グループ オンラインストア

ECサイトは、Web上で商品やサービスを販売するためのWebサイトです。

決済システムやカート機能を要するなど、コーポレートサイトやブランドサイトなどとは、目的や設計が大きく異なります。

モール方や単品販売型、総合販売型などさまざまな種類が存在するため、構築前に自社に適したECサイトを見極めることが大切です。

ネットショップを開業したい、Web上で完結するビジネスを始めたいと考えている方は、ECサイトの制作が適しています。

ECサイト制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

ECサイト構築に強いホームページ制作会社22選!優良な制作会社を特徴別にご紹介!

ECサイトの目的と役割

ECサイトの役割は、商品やサービスをWeb上で直接販売して収益を上げることです。

さまざまなECサイトが存在しますが、大きく分けると目的別に、以下3つに分けられます。

ECサイトの種類 特徴
モール型 複数のテンポと同じ媒体に共同出店する
単品販売型 特定の商品を売るためだけに作る
総合販売型 不特定多数の商品を販売するために作る

モール型は、媒体が持つ集客力を活かせるため、EC事業の新規参入時に向いています。

単品型と総合販売型の違いは販売する商品数ですが、総合販売型を0から作る場合は機能が複雑化したり、入念なカスタマイズが必要です。

販売形態と予算に合わせて、自社と最も親和性が高いECサイトを作るようにしましょう。

ECサイトの運用方法

主なECサイトの運用作業は、以下6つです。

  • サイト管理
  • 商品管理
  • 売上管理
  • 顧客管理
  • 発送業務
  • 顧客サポート業務
  • マーケティング活動

ECサイトそのものに加え、商品や売上の管理も必要になるため、幅広い知識と多くの人的リソースを要します。

特に商品管理や発送業務、顧客サポートは、ECサイトの評判に直結するため、迅速かつ丁寧で正確な対応が求められます。

また売上を上げるためのマーケティング活動も必須です。

広告運用やSEO対策、SNSマーケティングなど、商品やサービスと親和性が高い方法で、戦略を考え実行しましょう。

ECサイト制作のポイント

以下のポイントを抑えれば、効果的なECサイトが作りやすくなります。

  • 適切な方法で構築する
  • 商品ページにこだわる
  • ユーザー視点でデザインする

ECサイトは、構築方法によって運用方法が変わります。

たとえば集客が全く無い状態で、いきなり自社ECを立ち上げても長く赤字が続くだけです。

その場合、楽天やAmazonなどのプラットフォームの集客力を使える、モール型ECサイトを選択したほうがよいでしょう。

またECサイトの主役は、トップページではなく商品ページです。

商品が魅力的に見えるデザイン、スムーズに購入に進める導線設計など、ユーザーへの行動喚起を意識して制作しましょう。

採用サイト(リクルートサイト)

採用サイトの事例

出典:博報堂プロダクツ RECRUIT 2025

採用サイト(リクルートサイト)は、企業の採用活動を目的に制作するWebサイトです。

Indeedなどの外部の求人媒体とは異なり、完全に自社で運営することが特徴です。

またコーポレートサイトに採用ページを用意することがありますが、それは採用サイトとは呼びません。

採用専門のWebサイトとして、独立して構築・運用するものを採用サイトと呼びます。

採用を強化したい、自社と相性が良い人材からの応募を増やしたいなどの考えがある場合、採用サイトの制作が適しています。

採用サイト制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

【厳選25社】採用サイト制作が得意なホームページ制作会社をご紹介

採用サイト(リクルートサイト)の目的と役割

採用サイトは、採用活動の内製化を目的に制作します。

採用活動には下記の方法がありますが、いずれも外注する必要があり、金銭面での負担も大きいです。

  • 求人媒体への出稿
  • 転職エージェントに登録

自社サイトを使った採用活動に成功すれば、外部に依頼する必要がなくなるため、多くのコストやリソースを削減できます。

また、採用活動の大きな課題として上げられるのが、求職者と企業のミスマッチです。

掲載に制限がある外部媒体では、求職者に企業のことが伝わりきりません。

結果として入社後にお互いに違和感が生まれ、早期離職につながってしまうのです。

採用サイトは自社媒体であるため、制限なく企業の情報を打ち出せます。

求職者に企業の理念や社風などを具体的に伝えられるため、相性の良い人材からの応募が集まりやすくなります。

採用サイト(リクルートサイト)の運用方法

採用サイトを運用する際は、以下3つのポイントを意識しましょう。

  • 定期的に更新する
  • 求人媒体と連動させる
  • 効果測定と改善を繰り返す

採用サイトの情報が古いままだと、求職者に不信感を与えてしまいます。

そのため定期的に更新し、アクティブな会社であることをアピールすることが大切です。

また採用サイトと求人媒体を連動させると、相乗効果が生まれます。

求人媒体の集客力と採用サイトの訴求力が合わされば、効率的に応募を増やせます。

ただし、採用サイトを制作しただけで成果を得るのは難しいです。

効果測定と改善を繰り返し、運用しながら成長させていきましょう。

採用サイト(リクルートサイト)制作のポイント

採用サイト制作のポイントは、以下の3つです。

  • ターゲットを明確にする
  • 等身大の魅力が伝わるようにする
  • コーポレートサイトや求人媒体との整合性を意識する

採用サイトは、ターゲットに合わせて構築しないと、効力を発揮しません。

欲しい人材に対して、効果的な訴求ができるコンテンツやデザインを作成しなければ、採用後のミスマッチにもつながります。

また魅力が過剰に伝わらないようにすることも大切です。

求職者を勘違いさせるような発信を行うと、入社後にギャップによる早期離職の可能性が高くなるためです。

魅力を伝えるデザインなどは大切ですが、等身大以上にならないようにしましょう。

また外部の求人媒体やコーポレートサイトと整合性をもたせることも大切です。

それぞれ書いてあることが違うと、求職者に不信感を与える原因になります。

ポイントを押さえて、訴求力高い採用サイトを制作しましょう。

オウンドメディア

オウンドメディアの事例

出典:mercan (メルカン) | メルカリの「人」を伝える

オウンドメディアの本来の意味は、自社で保有するメディアの総称です。

コーポレートサイトや採用サイトはもちろん、SNSなどもオウンドメディアに該当します。

しかしWebサイトを表す文脈の場合、「情報発信を行うブログ型のサイト」を指すことが多いです。

Webサイトを使って、広告に頼らずに集客をしたい、顧客との関係性を強化したいなどの考えがある方は、オウンドメディアの制作が適しています。

オウンドメディア制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

オウンドメディア制作に強いホームページ制作会社14選!優良な制作会社を特徴別にご紹介!

オウンドメディアの目的と役割

オウンドメディアの役割は、顧客とのコミュニケーションの強化や、集客、コンバージョンの増加です。

情報発信を通じて顧客のファン化を促し、長期的な取引につながるような関係性を構築していきます。

自社で保有するメディアであるため情報発信の制限がなく、さまざまな切り口で顧客との接点を増やせます。

またPESOモデルの1つとして、SNSやメルマガ、広告などと連携することで、より多くのコンバージョンを獲得することが可能です。

オウンドメディアの運用方法

オウンドメディアの運用は、以下3つのポイントを意識して行うのがおすすめです。

  • SEO対策を行う
  • 良質なコンテンツを継続的に作る
  • 運用体制を整える

検索エンジンは、オウンドメディアの主要な流入経路の1つです。

そのため、SEO対策を行わないと競合に遅れをとる原因になります。

またオウンドメディアの主役はコンテンツです。

したがって、低品質なコンテンツを投稿するとユーザーを落胆させ、離脱につながります。

良質なコンテンツを継続的に発信するために、社内で運用チームを立ち上げる、アウトソーシングを行うなど、運用体制を整えましょう。

オウンドメディア制作のポイント

オウンドメディア構築の際は、下記のポイントを意識しましょう。

  • コンテンツのことを第一に考える
  • 目的を作り込む
  • シンプルでわかりやすい構造にする

先述のとおり、オウンドメディアはコンテンツが主体で構成されるWebサイトです。

そのため、コンテンツの品質や投稿頻度を何より重視しましょう。

また、良質なコンテンツを制作するには、目的の作り込みがマストです。

オウンドメディアで達成したい目的がはっきりしていないと、コンテンツ制作の軸がブレるため、サイト全体で整合性がとれなくなります。

「誰に向かって」「どんな内容を」「どうやって届けるのか」を意識し、自社の目的に誘導できるコンテンツを作成することが大切です。

またオウンドメディアはコンテンツが読みやすいように、シンプルでわかりやすい構造にしましょう。

ランディングページ(LP)

ランディングページ(LP)の事例

出典:AI英会話 スピークバディ for Business

ランディングページには複数の意味がありますが、Webサイトを表す文脈においては、コンバージョンの獲得に特化した縦長のページのことです。

最近ではライディングページ型の、シンプルなコーポレートサイトなども存在します。

資料請求やお問い合わせの獲得など、特定のコンバージョン数の増加を目的とする場合、ランディングページの作成がおすすめです。

ランディングページ(LP)制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

LP(ランディングページ)制作に強い17の優良制作会社をご紹介

ランディングページ(LP)の目的と役割

ランディングページの目的は、コンバージョンの獲得です。

広告や自社サイト、SNSなどで集客したユーザーの遷移先として、強力に訴求できるように作り込みます。

商品やサービスの購入、資料請求、お問い合わせの獲得など、設定したコンバージョンに合わせて設計し、離脱を防ぐために基本的に他のページへのリンクなどは設置しません。

画像を多用し、畳み掛けるようなセールスライティングを使うなど、最短でコンバージョンにつながるように設計します。

ランディングページ(LP)の運用方法

ランディングページそのものに、集客力はありません。

そのため、以下のような媒体と組み合わせて運用を行います。

  • 広告
  • SNS
  • オウンドメディア

またランディングページは効果測定と改善を繰り返すことで、精度が上がっていきます。

A/Bテストを行いながら、PDCAをひたすら回してより成約率の高いページにブラッシュアップしていきましょう。

ランディングページ(LP)制作のポイント

下記3つのポイントを意識すると、効果的なランディングページが制作できます。

  • ゴール設定を明確にする
  • 訴求ポイントをわかりやすくする
  • 複数パターンを用意する

ランディングページのゴールとは、コンバージョンのことです。

資料請求と特定の商品の購入では、訴求方法が異なるため、最初にゴールを明確にしておかないと、適切なランディングページを作ることはできません。

また、訴求ポイントをわかりやすくする工夫も大切です。

紹介するサービスやプロダクトの魅力が簡潔に伝わるように構成やデザインを作り込み、短時間でユーザーの心に刺さるようにしましょう。

またランディングページは、制作後にA/Bテストと改善が必須なため、あらかじめ複数パターン用意しておくことで、スムーズな運用が可能になります。

ブランドサイト・プロダクトサイト

ブランドサイト・プロダクトサイトの事例

出典:【公式】melt [メルト] | 休息美容 休みながら美しく

ブランドサイト・プロダクトサイトは、特定のブランドや商品、サービス専用のWebサイトのことです。

ブランドの周知や、既存顧客のロイヤリティ向上のために制作します。

コーポレートサイトやECサイトとは別に、自社ブランドやサービスをアピールするWebサイトが欲しい方は、ブランドサイトやプロダクトサイトを制作しましょう。

ブランドサイト・プロダクトサイト制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

ブランドサイトに強いホームページ制作会社12選!優良な制作会社を特徴別にご紹介!

ブランドサイト・プロダクトサイトの目的と役割

ブランドサイトとプロダクトサイトの役割は、ブランドやプロダクトの周知や宣伝、既存顧客のロイヤリティの向上です。

たとえば、大手企業が運営する名のしれたブランドや人気商品には、多くのファンが存在するため、ブランドサイトで特別感を演出することで、満足度を高められます。

また新規顧客に対しても魅力を伝えやすくなるため、ユーザーの増加が見込めます。

ただし、商材そのものや運営企業に知名度がないとアクセスが見込めないため、マーケティングが軌道に乗っていないと状態で制作しても効果は得にくいです。

無計画で制作すると自己満足に終わるため、広告と組み合わせるなど、運用面で工夫が必要なWebサイトです。

ブランドサイト・プロダクトサイトの運用方法

ブランドサイトとプロダクトサイトの運用時は、以下3つのポイントを意識しましょう。

  • 効果測定を繰り返す
  • 定期的にイベントを行う
  • 他のマーケティング施策を組み合わせる

ブランドサイトとプロダクトサイトは、訪問したユーザーの行動を蓄積し、デザインやUI/UXに反映させることで、より効果を発揮します。

合わせて潜在的なユーザーにアプローチする方法も模索すれば、より多くの顧客の獲得もつながります。

またサイト内で定期的にイベントを行うことで、ユーザーとの関係性を深めることも可能です。

リアルイベントやメルマガなど、他のマーケティング施策と連動させれば、より多くのユーザーをファン化できます。

ブランドサイト・プロダクトサイト制作のポイント

ブランドサイトとプロダクトサイト制作は、以下3つのポイントが重要です。

  • ブランドイメージを定着させられるデザインを作る
  • 競合との差別化ポイントを意識する
  • 目的を明確にしておく

ブランドのテーマカラーやロゴ、キャッチコピーなどをサイトに反映させることで、ユーザーにイメージを定着させられます。

日常生活のふとした瞬間にブランドを連想してもらえるまで定着できれば、多くの新規顧客を獲得できるでしょう。

また、競合のプロダクトやブランドがある場合、差別化ポイントを意識的に打ち出すことも大切です。

競合との違いやストロングポイントを明示的に示し、競合のファンを自社に引き込むことを意識してください。

その際、サイトを構築する目的も明確にしたうえで、軸がぶれないように制作を進めましょう。

キャンペーンサイト・プロモーションサイト(特設サイト)

キャンペーンサイト・プロモーションサイト(特設サイト)の事例

出典:We Love Cheeeese!/びっくりドンキー

キャンペーンサイト・プロモーションサイトは、特定のブランドやサービス、商品に関するキャンペーンやプロモーションを行うためのWebサイトです。

特定の期間だけ運営されることから、特設サイトとも呼ばれます。

ブランドサイト・プロダクトサイトと似ていますが、より集客やマーケティングの用途としての意味合いが強いです。

期間限定キャンペーンなど、スポットで強力な訴求力が欲しいときにおすすめのWebサイトです。

キャンペーンサイト・プロモーションサイト制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

キャンペーンサイトに強い制作会社9選!優良な制作会社を特徴別にご紹介!

キャンペーンサイト・プロモーションサイト(特設サイト)の目的と役割

キャンペーンサイトとプロモーションサイトの目的は、期間限定の情報発信です。

イベントの一環として作ったり、マスコミと連動して動かしたりすることで、集客やコンバージョン、ユーザーとのコミュニケーションを図ります。

また、アンケートの募集やソーシャルメディアとの連動など、消費者参加型の仕掛けを組み込むこともあります。

ゲームや限定ムービーの用意など、エンタメ的な要素を全面に出して制作することもあるなど、キャンペーンやプロモーションの方向性によって、多様な機能やデザインが実装されるWebサイトです。

キャンペーンサイト・プロモーションサイト(特設サイト)の運用方法

該当するキャンペーンの期間中は継続的かつ、頻繁なサイトの更新が求められます。

また更新の際は、連動しているイベントなどとの噛み合いも見ながら運用する必要があります。

そのため周囲とのコミュニケーションが重要で、事前にチームを組んでスケジュールや運営の方針を固めておきましょう。

キャンペーンサイト・プロモーションサイト(特設サイト)制作のポイント

キャンペーンサイトとプロモーションサイト制作のポイントは、以下の3つです。

  • 納期に余裕を持つ
  • 流し読みで理解できる内容にする
  • 画像を多めに使う
  • クリックしたくなるデザインにする

キャンペーンサイトやプロモーションサイトは、一定期間しか運用しないため、制作が間に合わなければ意味がありません。

期間に余裕を持って、制作会社に発注しましょう。

またキャンペーンサイトでは、オウンドメディアなどとは違い、ユーザーがテキストをゆっくり読むことは少ないです。

そのため画像を多めに使い、視覚的に内容が理解できるデザインが大切です。

その際アニメーションボタンなど、クリックしたくなるギミックを搭載すれば、楽しみながらサイトを閲覧してもらえるため、UXを向上させられます。

研究教育機関サイト

研究教育機関サイトの事例

出典:福岡デザイン専門学校(FDS) | 未経験からプロになる

研究教育機関サイトは、学校や研究機関などのWebサイトのことで、信頼性の向上やブランディングのために制作します。

特定の業種でしか活かせませんが、小学校や中学校はもちろん、専門学校や大学の研究機関では必須のWebサイトです。

研究教育機関サイト制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

大学・学校に強いホームページ制作会社8選!優良な制作会社を特徴別にご紹介!

研究教育機関サイトの目的と役割

研究教育機関サイトは、コーポレートサイトと採用サイトを組み合わせたようなWebサイトです。

学校や研究機関の活動や日常風景をサイト上で打ち出すことで、入学や入所希望者を増やす役割があります。

学校であればイベントや在校生の声、部活動の記録などを掲載すれば、将来入学する可能性がある人への興味付けが可能です。

研究機関であれば、研究成果や活動報告で入所希望社を募ったり、論文を公表する場としても使われます。

研究教育機関サイトの運用方法

研究教育機関サイトを運用する際は、以下2つのポイントを押さえましょう。

  • 更新頻度を上げる
  • 更新前に徹底的にファクトチェックを行う

頻繁に更新することで、精力的に活動している組織であることをアピールできます。

また近況が伝われば、入学後のイメージが湧きやすくなるため、入学希望者の増加が期待できます。

反対に更新が長期間滞っていると、魅力が伝わらなくなるため注意しましょう。

また情報発信の際はファクトチェックを徹底してください。

学校や研究機関が発する情報に誤りがあると、大きな不信感につながります。

コンテンツを作成したら、必ず複数人で内容を確認してから公開しましょう。

研究教育機関サイト制作のポイント

研究教育機関サイトの制作では、以下3つのポイントが重要です。

  • ブランディングの方向性を明確にする
  • 校風や教育方針・年間スケジュールをわかりやすくする
  • 写真を使ってイメージが湧くようにする

ブランディングの方向性が誤っていると、入学後に学校と生徒の間にミスマッチが起こるおそれがあります。

たとえば勉強を頑張りたい学生が、部活動優先の学校に入学しても楽しい生活は送れないでしょう。

したがって、Webサイトの内容は学校の方針をわかりやすく提示し、等身大の魅力を伝えることが大切です。

その際、校風・教育方針、年間スケジュールなどのコンテンツを用意しておくと、学生側も具体的なイメージが湧きやすくなります。

写真を使って、学校生活が具体的にイメージできるデザインに仕上げれば、より効果的なサイトになるでしょう。

ニュースサイト

ニュースサイトの事例

出典:朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト

ニュースサイトは、ニュースを配信しているWebサイトのことです。

新聞社や通信社、出版社などが運営しているWebサイトや、地域のローカルニュースを扱う自治体のサイトなども該当します。

新規のニュース媒体を立ち上げるときはもちろん、地域に根ざした事業を展開する際も制作したほうが良いでしょう。

ニュースサイトの目的と役割

ニュースサイトの役割は、ニュースの配信です。

テレビやラジオのように、受動的に情報が発信される媒体と異なり、ユーザーが好きなタイミングで最新のニュースを閲覧できます。

事業に関連するニュースのは配信に加え、災害情報などを迅速に発信することで、消費者の生活に役立ちます。

ニュースサイトの運用方法

ニュースサイトを運用する際は、下記4つのポイントを徹底しましょう。

  • 正確な情報を届ける
  • センシティブなトピックの取り扱いに注意する
  • ニュースの鮮度を保つ
  • 競合より先に記事を公開する

ニュースサイトにおいて、情報の正確性は最も重要です。

誤情報を配信するサイトは、ユーザーからの信頼を失い、閲覧されることはなくなります。

最悪のケースでは媒体が炎上し、事業の存続が難しくなることもあるため注意が必要です。

加えてセンシティブなトピックの取り扱いにも注意しましょう。

とくに宗教や性別などは、多様な考え方を持っている人がいるため、誰が読んでも不快にならない、モラルのある文章の執筆を心がけてください。

またニュースの鮮度を保つことも大切です。

更新された情報は古いままにせず、すぐに新しい情報で上書きすることで、ユーザーからの信頼が高まります。

最新のニュースを、競合サイトよりも先に記事を公開することで、より多くのアクセスを集められるでしょう。

ニュースサイト制作のポイント

ニュースサイトの制作は、下記2点を押さえることが大切です。

  • CMSを使う
  • 記事が最も目立つレイアウトにする

CMSでサイトを構築すれば、更新作業がスムーズになります。

またニュースサイトのメインコンテンツは記事であるため、記事が最も目立つレイアウトにしましょう。

最新のニュースや話題のトピックをわかりやすく表示する、ジャンルごとにカテゴリーを作って整理するなどの工夫をすれば、良質なユーザー体験を届けられます。

官公庁サイト・自治体サイト

官公庁サイト・自治体サイトの事例

出典:デジタル庁

官公庁サイト・自治体サイトは、官公庁や地方自治体などのWebサイトです。

「行政機関のコーポレートサイト」のようなものと理解しておけば問題ありません。

行政以外の組織で制作することはありませんが、概要を紹介していきます。

官公庁サイト・自治体サイト制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

官公庁のホームページ制作会社7選!優良な制作会社を特徴別にご紹介!

官公庁サイト・自治体サイトの目的と役割

官公庁サイトや自治体サイトの役割は、国民や住民に向けた情報周知、自治体の取り組みの発信です。

また、機関ごとに受け付けている手続きなどが違うため、サイトごとに個別の機能が実装されていることもあります。

たとえば国税庁のサイトでは、公式サイトを経由して確定申告の手続きが可能です。

国税庁のWebサイトの一部分

出典:国税庁

他にも自治体ごとの補助金申請の窓口になっていたりと、全国の自治体ごとにさまざまなWebサイトが存在します。

官公庁サイト・自治体サイトの運用方法

官公庁サイトと自治体サイトの運用では、下記2つのポイントが大切です。

  • 迅速かつ丁寧な情報発信を行う
  • 自治体らしさが伝わる運営をする

官公庁サイトや自治体サイトは、国民が情報を得るための重要な媒体です。

そのため迅速かつ丁寧な情報発信を徹底する必要があります。

また地方自治体のWebサイトは、移住を検討している人も閲覧します。

町おこしの様子や生活環境の掲載、住民に向けた取り組みの発信など、自治体らしさが伝わる運営を行えば、移住者の増加が期待できるでしょう。

官公庁サイト・自治体サイト制作のポイント

官公庁サイトや自治体サイトを制作する際は、以下2つのポイントを押さえましょう。

  • 公共性を意識する
  • セキュリティ対策を万全にする

官公庁サイトや自治体サイトは公共性の高いWebサイトです。

そのため老若男女誰でも使える、「見つけやすい」「使いやすい」「アクセスしやすい」サイトの構築が大切です。

また自治体は機密情報などを扱うため、セキュリティ対策も万全にしましょう。

情報サイト・メディアサイト・ポータルサイト

情報サイト・メディアサイト・ポータルサイトの事例

出典:Yahoo! JAPAN

情報サイト・メディアサイト・ポータルサイトは、さまざまなコンテンツを有する巨大なサイトのことです。

代表的なものに、「Yahoo! JAPAN」が挙げられます。

また美容の「ホットペッパービューティー」、不動産の「SUUMO」のように、特定のトピックに特化したものや、地域に根ざしたローカルなポータルサイトも存在します。

Webサイトから広告収入を得る、紹介ビジネスを立ち上げるなどの場合、情報サイトやポータルサイトを制作すると良いでしょう。

情報サイト・メディアサイト・ポータルサイト制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

ポータルサイトに強い制作会社10選!優良な制作会社を特徴別にご紹介!

情報サイト・メディアサイト・ポータルサイトの目的と役割

情報サイトやメディアサイト、ポータルサイトを構築すれば、コーポレートサイトなどで発信できない、さまざまな情報を発信できるようになります。

ユーザーは知りたい情報を知れる、企業側は情報の管理がしやすくなるなど、構築するメリットが多いです。

またサイト内に広告を設置しやすいため、アクセス数が増やせれば新たな収入源にもなります。

情報サイト・メディアサイト・ポータルサイトの運用方法

情報サイト・メディアサイト・ポータルサイトは、以下3つを意識しながら運用しましょう。

  • 掲載情報を増やす
  • 常に最新情報を更新する
  • 運用体制を整える

掲載情報を増やせば、その分Webサイトへの入口も増えます。

そのため、テーマに関連する情報はできる限り掲載しましょう。

また継続して最新情報を発信することで、情報収集を行うユーザーから信頼を得られます。

媒体が拡散する可能性が高くなり、より多くのアクセスが見込めるようになります。

質の高いコンテンツを量産するためには、運用体制の整備が重要です。

チームを組み、効率的に更新できる仕組みを作りましょう。

情報サイト・メディアサイト・ポータルサイト制作のポイント

情報サイト・メディアサイト・ポータルサイトの制作のポイントは、下記の3つです。

  • 目的とテーマをはっきりさせる
  • SEO対策を意識する
  • ユーザー参加型のコンテンツと記事型コンテンツを作る

情報サイトやポータルサイトは、さまざまな情報を発信できる媒体です。

しかしあまりに一貫性がないと、ユーザーにサイトのテーマが伝わりにくくなり、混乱を招きます。

離脱につながるため、大枠のテーマを決めたうえで、乖離しないように運営しましょう。

またポータルサイトは、検索エンジンとの親和性が高いため、構築時にSEO対策を施すのが鉄則です。

適切なサイト構造で構築、継続的に良質なコンテンツを発信していけば、検索エンジンから多くのアクセスが見込めます。

くわえて、ユーザー参加型のコンテンツも作成しましょう。

ユーザー行動を喚起できるため、ユーザー体験の向上やファン化の促進も期待できます。

会員制サイト

会員制サイトの事例

出典:ワタシプラス by SHISEIDO

会員制サイトは、商品を購入したユーザーや、会員登録を行った顧客のみが使えるWebサイトのことです。

ユーザーごとにIDとパスワードを設定して、閲覧に制限をかける場合が多いです。

またサイトの一部は無料公開し、課金することで全部開放するタイプの会員制サイトも存在します。

既存顧客のロイヤリティを高めたい方や、有料コンテンツを販売したい方は、会員制サイトを構築すると良いでしょう。

会員制サイト制作を依頼する制作会社を探している方は、以下の記事もおすすめです。

会員制サイトに強い制作会社9選!優良な制作会社を特徴別にご紹介!

会員制サイトの目的と役割

会員制サイトは、顧客との関係性やロイヤリティの強化に使われることが多いです。

既存客限定の会員制サイトを構築し、リピーターに還元したり、特別なカスタマーサポートを提供したりします。

会員にならないと閲覧できないコンテンツが存在することで、ユーザーに対して限定感や特別感の意識付けも可能です。

また会員制サイトは、会員制ECサイトや会員制ポータルサイトなど、他のWebサイトと組み合わせることも多いです。

Webサイト内に会員専用のページを用意することで、購買意欲を向上させる効果が期待できます。

会員制サイトの運用方法

会員制サイトを運用する際は、下記3つのポイントを押さえておきましょう。

  • 運用体制を整える
  • 会員に特別感を与えるコンテンツを提供する
  • 継続的に更新する

会員サイトでは、膨大な顧客情報を扱います。

情報漏洩などが起こると、多くのユーザーに迷惑をかけることになり、被害の規模も甚大です。

そのため運用体制の構築に力を入れ、事故が起こらないようにしましょう。

また会員登録のメリットがないと、ユーザーは離れていってしまいます。

したがって、会員限定のコンテンツの提供や、特別なセールのお知らせなど、会員に価値を付けることが大切です。

加えて更新が滞ると、ロイヤリティが下がるため、継続してコンテンツを作成しましょう。

会員制サイト制作のポイント

会員制サイト制作のポイントは、以下の4つです。

  • ユーザーの使いやすさを徹底する
  • 更新しやすいシステムで作る
  • 会員の管理がしやすいシステムにする
  • 堅牢なセキュリティ体制を構築する

使い勝手の悪いサイトは、ユーザー体験を低下させます。

会員制サイトの場合、利用に会員登録手間があるため、他のサイトに比べてストレスも大きくなります。

見やすく使いやすいUI設計を徹底し、ユーザー体験を向上させましょう。

会員制サイトは運営のことを考えて、更新性が高く、会員の管理がしやすいシステムで構築することが大切です。

また堅牢なセキュリティ体制を構築し、万が一の事故が起こらないように制作しましょう。

社内イントラサイト

社内イントラサイトは、社内用のホームページのことです。

イントラネットや社内ポータルと呼ばれることもあり、社内の情報伝達の効率化や社員同士の交流に使われます。

社内の風通しを良くしたい、業務効率化を図りたいなどの考えがある場合、社内イントラサイトを制作することで実現しやすくなります。

社内イントラサイトの目的と役割

社内イントラサイトがあると、社内報や共有事項の伝達などを電子化できるため、さまざまなコストが削減できます。

問い合わせフォームを実装すれば、社内ヘルプデスクや相談窓口として、機能させることも可能です。

また休暇申請のシステムなどを実装して、業務効率化を図ることもあります。

社内イントラサイトの運用方法

社内イントラサイトを運用する際は、下記3点を意識しましょう。

  • 責任者を選定する
  • 社内規則やコンプライアンスを遵守する
  • オフラインで利用を働きかける

責任者を立てずに運用を始めると統率が取れず、効率的に運営できません。

運用に時間を取られるため、かえって業務効率を下げることになります。

加えて更新の際は社内規則やコンプライアンスを遵守しないと、社員が不信感を抱く原因になるため注意が必要です。

また社内イントラサイトのよくある導入失敗例として、「利用者が増えない」が挙げられます。

直接口頭で利用を促す、冗長が率先して使うなど、オフラインで利用を働きかけましょう。

社内イントラサイト制作のポイント

社内イントラサイトの制作は、下記3つのポイントが大切です。

  • 必要な機能を精査する
  • まとめられる情報は1つにまとめる
  • セキュリティを強固にする

社内イントラサイトは、利用率を増やす施策が必要です。

必要以上に機能が多いと、目的のページに辿り着きづらくなり、利用者がストレスを感じます。

情報に関しても同様で、無駄な遷移が多いと利便性を損ねます。

関連する情報はできるだけまとめるなど、UI/UX設計にこだわることが大切です。

また社内報の発信や勤怠管理をサイト内で行う場合、個人情報の流出のリスクがあります。

セキュリティ対策を徹底し、情報漏洩などが起きない堅牢なサイトを構築しましょう。

事業戦略にマッチするWebサイトを構築しよう

この記事では、下記13個のWebサイトを紹介しました。

  • コーポレートサイト(企業サイト)
  • ECサイト
  • 採用サイト(リクルートサイト)
  • オウンドメディア
  • ランディングページ(LP)
  • ブランドサイト・プロダクトサイト
  • キャンペーンサイト・プロモーションサイト(特設サイト)
  • 研究教育機関サイト
  • ニュースサイト
  • 官公庁サイト・自治体サイト
  • 情報サイト・メディアサイト・ポータルサイト
  • 会員制サイト
  • 社内イントラサイト

それぞれ特徴や役割が異なるため、自社の目的に応じたWebサイトを制作することが大切です。

Web制作会社ごとに得意なWebサイトが異なるため、自社に必要なサイトを事前に把握しておくことで、スムーズな発注が可能です。

またランディングページ型のECサイトや、会員制のポータルサイトなど、複数のWebサイトを組み合わせて構築することもあります。

制作会社と相談しながら、良質なWebサイトと制作できるように、知識を蓄えておきましょう。

この記事を、制作会社選びに役立ててください。

制作会社選びにお悩みの方は
ぜひ優良WEBにご相談ください。

経験豊富なコンサルタントが

します。

この記事を書いたライター

藤澤 尚也

藤澤 尚也

優良WEB編集長・JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け、2018年に営業として入社。その後Webディレクターに転身し、3年以上経験を積む。多様な経験からくる幅広いWebリテラシーと持ち前の文章力を買われて優良WEBの編集長に抜擢。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

このライターの記事一覧

Share

関連記事

Share