電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

自動車整備業の集客につながるデザイン7選!重要コンテンツや制作時の注意点も解説

沢田リカ

Written by

沢田リカ

自動車整備業の集客につながるデザイン7選!重要コンテンツや制作時の注意点も解説

「自動車整備業のホームページってどんなデザインにすればいいの?」
「集客につなげるにはどうしたらいい?」

これから自動車整備業のホームページを検討するオーナーの中には上記のように考えている方もいるのではないでしょうか。

自動車整備のホームページで集客力を高めるには、他社との差別化を図り、自社の魅力を最大限アピールすることが大切です。同業と違うユニークなサービスや理念などがあれば、顧客が貴社に来店する判断材料になるでしょう。また、情報だけでなく続きが読みたいと思えるような写真やイラストも重要。

本記事では、

  • 自動車整備業のおしゃれなホームページデザイン
  • 制作するべきコンテンツ
  • 制作する際に気をつけるべきデザインのポイント

を紹介します。ホームページ制作前に確認しておくと、レイアウトや写真・イラストを掲載するポイントなどを参考にしながら制作できるでしょう。ホームページで集客力を高めるなら、ぜひチェックしてみてください。

【発注先探しはお任せください】

お問い合わせバナー

優良WEBではWEB発注無料相談を行なっています!「相場がわからない」「優良な発注先見極めのポイントは?」などの相談に無料で対応いたします。実は優良WEB運営母体の会社もWEB制作会社。WEB制作のプロがご希望条件に合った発注先探しのお手伝いもできますので、是非お問い合わせください。

 

無料相談に対応するコンサルタント紹介

コンサルタント佐々木

佐々木

コンサルタントの佐々木です。Webのプロとして、現在までに累計200社以上のWeb制作に携わってきました。知識がない方にもわかりやすいアドバイスを心がけています!お気軽にご相談ください!

コンサルタント佐々木

 

電話相談も無料で受付中です!お気軽にお電話ください。:03-5919-0055(平日10:00〜19:00)メールの方はこちらから!

集客につながりやすい自動車整備業のデザイン事例7選

数ある自動車整備業のホームページの中で自社をアピールし、予約してもらうのは簡単ではありません。どんな情報を掲載するかということも大切ですが、ページを開いて最初に目に入る「デザイン」も重視する必要があります。スクロールして続きが読みたいと思ってもらうには、写真やイラストを適度に用いて飽きないデザインに仕上げることが大切です。

ここからは、集客効果の高い自動車整備のホームページデザインを紹介します。デザインごとに特徴やポイントを解説するので、参考ながら読みやすいホームページを制作していきましょう。

ガレージローライド

出典:ガレージローライド

「ガレージローライド」のホームページを開くと、トップ画面の背景には作業風景の動画が掲載されています。大切な愛車は信頼できる業者に修理してもらいたいと考える人がほとんどです。作業風景を公開することで安心感を与え、問い合わせにつながりやすくなるでしょう。

トップページの「塗料1滴レベルの色づくり」というシンプルなメッセージは自社の強みを端的にアピールできており、読者に興味を持ってもらえるはずです。スクロールすると過去の修理実績が写真とともに掲載されているので、修理のレベルを確認できます。4,000件を超える修理実績を掲載しているのも、安心感を与えるための大きなポイントになるでしょう。

ページの最後には電子決済やローン対応などの支払い方法が記載されており、問い合わせせずに気になる支払い方法を確認できるのは魅力の一つといえます。細かい配慮を心がけることで、無駄な問合せを減らし自社の業務効率改善にもつながります。

トヨタモビリティ東京

出典:トヨタモビリティ東京

「トヨタモビリティ東京」のホームページは、写真とイラストを使い分けたデザインが特徴です。修理の様子を伝えるために写真を用いる整備業者が多いため、イラストを活用することで他社と差別化したデザインとなり、目に留まりやすくなっています。複数の業者のホームページを比較しながら検討している人にとって、気になるページの一つになる可能性が高いでしょう。

ページをスクロールすると、料金ごとに4つの修理メニューが用意されています。プランごとに修理の品質レベルや料金を確認できるため、修理完了をイメージしながらメニューを選択することが可能です。ページの後半には「車検」や「法定点検」、「お得な情報」といったメンテナンスサービスメニューも掲載されており、修理以外の問い合わせも期待できるでしょう。

池内自動車

出典:池内自動車

池内自動車のホームページでは、インパクトがあるメッセージでセールスポイントの「安さ」を訴求しています。疑問を投げかけるメッセージも興味をもちやすくするポイントの一つです。メッセージがより伝わるように背景の写真でサポートすることも大切です。

「60秒見積もり」のメッセージもインパクトがあり「60秒で無料ならとりあえず利用してみよう」と気軽に利用したくなります。問い合わせのハードルを下げておくと、ホームページでの集客力アップが期待できるでしょう。

ページの最後には、動画で修理風景が見れるようになっています。へこみがある状態から修復して塗装が完了するまでの流れを確認でき同社ならではの魅力が解説されているのもポイントです。動画をチェックした人の多くが「池内自動車なら安心して任せられる」と積極的な問い合せにつながるでしょう。

ビッグモーター

出典:ビッグモーター

「ビッグモーター」のホームページは、実績を全面的にアピールするファーストビューが印象的です。自動車整備業としてだけではなく、中古車販売業としての実績が豊富なので、まとめて掲載することで安心感を与えています。「豊富な車検実績があれば修理の精度も高いだろう」と安心する人が多いはずです。

経験や実績がそこまで豊富ではない場合、「ビッグモーター」のようにトップページでアピールするのはおすすめできません。たとえば、累計修理実績100件と載せたとしても、それほど多くないとアピールにはつながらないでしょう。数に自信がない企業は、一つのコンテンツとして実績だけをまとめたページを作成するのがおすすめです。表彰を受けていれば、写真を掲載することで信憑性が増し、信頼獲得につながるでしょう。

ゆりの自動車

出典:ゆりの自動車

写真とイラストを使い分けている「ゆりの自動車」のホームページは、フォントや文字サイズも変化させています。要所でポップなフォントを活用しページ全体に強弱をつけることで、重要なポイントがわかりやすくなっています。各メニューを開くと、それぞれの内容を解説しているだけでなく、Q&A形式で想定される疑問にあらかじめ応えているのが特徴です。

文字だけでは読み飛ばされる場合があり、重要なことを記載していても気づかれないケースは珍しくありません。Q&A形式を活用することで、ほかの文章と差別化し読みやすくなります。重要な内容をQ&A形式でまとめておくと、同じ質問の問い合わせが減り、自社の業務効率改善にもつながります。

クワジマオート

出典:クワジマオート

「クワジマオート」のホームページを開くと「お得に板金塗装ができる」とアピールされています。具体的に工賃20%OFFと表示されているので、興味をもった人は画面をスクロールして詳しい情報を確認するでしょう。スクロールすると板金塗装に加えて、中古車販売や車検といったメニューが現れます。中古車販売や車検に興味があった人は、メニューをタップして詳しい情報を確認することが可能です。

修理保証や無料代車サービスといった特典も記載されているため、お得に感じた人からの問い合わせが期待できるでしょう。トップページのすぐ下に見積もり依頼のボタンが設置されており、導線がシンプルでわかりやすいのも魅力の一つです。

アップル板金

出典:アップル板金

「アップル板金」のホームページでは、施工実績と価格の安さをアピールしているのが特徴的です。文字の色やサイズに変化をつけることでインパクトを与え、重要な情報が伝わりやすいよう工夫されています。スクロールすると、無料で見積もりを依頼でき最短5〜10分で終了することが明記されています。見積もり後でもキャンセルできることが記載されているので、安心して依頼できるでしょう。

「お客様の声」として口コミが掲載されているため、体験談を読みながら検討することも可能です。見積もり依頼から修理完了までの流れが1ページにまとまっており、短時間で確認できるものも魅力の一つです。必要な情報はコンテンツごとに整理し、1ページにまとめておくと短時間でチェックできる読みやすいホームページに仕上がります。

お問い合わせバナー

自動車整備業のホームページに含めるべきコンテンツ

自動車整備のホームページで集客力アップを目指すなら、デザインだけでなくコンテンツにもこだわることも重要です。必要な情報が掲載されていないホームページは不安を感じてしまい、予約をする気にはなれません。逆に気になる情報がすべて確認できるホームページであれば信頼獲得につながり、問い合わせの増加が期待できるでしょう。ここでは、自動車整備のホームページに含めるべき3つのコンテンツを解説します。

コラム記事で役立つ情報を発信

自動車整備のホームページでは、コラム記事として役立つ情報を発信することが重要です。車の整備や塗装を検討する人の多くは、ネットで情報を集めています。具体的には「車 ドアへこみ 修理費用」などのキーワードでの検索が想定されます。自社のコラム記事として検索されるキーワードに関する情報を発信していれば、読者の悩み解決に役立つでしょう。

ホームページとしても高く評価され、検索結果の上位表示が期待できます。上位表示されると多くの人の目に留まり、コラム記事から予約問い合わせにつながるでしょう。

認定証・登録証・表彰状などの実績

自動車整備をホームページから予約する人は、ネット上の情報をたよりに依頼する整備業者を決めます。実際に担当者と話したり、作業シーンを見たりできないため、さまざまな情報をチェックし慎重に選ぶ人がほとんどです。不安をより多く解消できた業者が選ばれやすいといえるでしょう。

そこで重要なのが、これまでの実績を掲載することです。「認定証」「登録証」「表彰状」といった公式的な実績があれば、信頼されやすくなります。写真を撮影し解説とともに掲載しておくと、信頼性アップにつながるでしょう。とくに厳しい基準をクリアしている場合は、わかりやすく解説することで価値が伝わり、質の高い修理ができる証明になります。

客観的な評価が伝わるお客様の声

自社の魅力をいくらアピールしても客観的な評価にはつながりません。どの整備業者も自社が優れていると発信するのは当たり前のことです。しかし、サービスを利用する際には「失敗したくない」と考える人が多く、複数社を比較して客観的に判断したいと考えています。

そこで重要なのが「お客様の声」です。自社で整備を受けた人に感想を書いてもらい、許可を取ってホームページに掲載するのがおすすめです。「お客様の声」は客観的な評価として参考になり、おすすめポイントや自社ならではの魅力を伝えられる場合があります。直筆の手紙や顔写真などが掲載できれば、より信頼されるでしょう。

集客力アップ!自動車整備業ホームページ制作時のポイント

ホームページを制作するだけでは、大きな集客力アップは見込めません。ネット上には数多くのサイトがあり、自社に興味を持ってもらうのは簡単ではありません。集客力をアップさせるには、自社の魅力を最大限アピールし、伝え方を工夫することが大切です。ここでは、自動車整備業のホームページで集客力をアップさせるためのポイントを紹介します。

画像で伝えたいことを表現する

訪問者の多くは、文字より画像に目がいきがちです。画像に魅力を感じなければ、すぐさま離脱してしまいます。画像一つでホームページの雰囲気を大きく変えることもできるので、安易に選ぶのではなく、自社での整備風景や作業場の写真を撮影するのがおすすめです。

信頼できる自動車整備業者に修理を依頼したいと考える人がほとんどなので、仕事のイメージが伝わる写真を効果的に活用していきましょう。画像を多用してしまうと、伝えたい情報がぼやけてしまう心配があります。伝えたい情報と写真のバランスを確認しながら、適切な量の画像を掲載してください。

オプション料金なども明確に記載する

魅力的なデザインのホームページでも、料金などの必要な情報が不足していると予約にはつながりません。自動車整備を利用する人にとって必要な情報は網羅しておきましょう。オプションなどの細かい料金まで明確に記載することが重要です。

自社のホームページから予約する人の多くは、初めて利用します。同じ地域にある整備業者に比べて安心できると感じてもらうには、細かい情報まで明確に記載しておくことが大切なのです。

自社の強みをシンプルに伝える

対応できるサービスが多けば集客力が高いと思われがちですが、決してそうではありません。整備業者を利用する人の多くは、1箇所の修理を依頼します。仮にドア専用の業者だったとしても、技術が高く納得できる価格であれば多くの仕事を請け負うことができるでしょう。

とくに力を入れているサービスや自社の強みをシンプルに伝えることが大切です。自社ならではの強みが伝われば、依頼したいと考える人が増えるでしょう。

お問い合わせバナー

自動車整備業のホームページは必要な情報をおさえつつ、読みやすさを大切にしましょう

いかがでしたでしょうか。本記事では、

自動車整備業のおすすめデザイン事例7選
制作すべきコンテンツ3点
集客につながりやすくなる3つのポイント

自動車整備業のホームページでは、読んだ人に信頼されることが最重要です。必要な情報を網羅し想定される質問にはQ&A形式で回答することで、必要な情報をすべて確認できるように仕上げましょう。

必要な情報を網羅するだけでは集客力アップは期待できません。写真やイラストを用いて読みやすいデザインに整えることも大切です。「読みやすいデザイン」のイメージが掴めない場合は、本記事で紹介した7つのデザインを参考にしてください。魅力的なデザインを取り入れながら、読みやすいホームページに仕上げていきましょう。

この記事を書いたライター

沢田リカ

沢田リカ

フリーランスとして、Webコンテンツ制作ディレクターに従事しています。 元々は対面で気持ちを伝えることが苦手でしたが、文章であれば自信があったためライター職にチャレンジ。Webマーケティング会社でライティングを学び、自身でブログを立ち上げ研鑽を積みました。現在は多様なニーズに対応すべくチームで活動しています。

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

金井 宏透

金井 宏透

JetB株式会社顧客マーケティング支援部マネージャー。2008年から大手IT企業にて広告・SEOのセールマネージャーを経験した後、モバイルゲーム会社にてマーケティングに従事。2019年より優良WEB運営元であるJetB株式会社にジョイン。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

おすすめ記事

Share