電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

Stable Diffusionの画像は商用利用できる!利用規約や著作権を解説

田邊 竜大

Written by

田邊 竜大

Stable Diffusionの画像は商用利用できる!利用規約や著作権を解説

「Stable Diffusionって商用利用できるの?」
「商用利用できる画像生成AIはある?」
「商用利用ってどんな使い方を指すの?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか。Stable Diffusionは無料で使える画像生成モデルです。Stable Diffusionを使用する方法は、「Stable Diffusionが搭載されているサービスを利用する」「自身のパソコンにインストールする」の2つです。基準はそれぞれ異なりますが、どちらの方法も基本的に商用利用が認められています。

しかし、使い方によっては商用利用ができない場合もあり、知らずに利用すると著作権侵害に当たる可能性もあるため、注意が必要です。

そこで本記事では、以下のような内容について解説していきます。

この記事を読むとわかること

  • Stable Diffusionで商用利用する際の注意点
  • モデルのライセンスを確認する方法
  • 商用利用ができる画像生成AI

この記事を読めば、Stable Diffusionを商用利用する際の注意点がわかります。著作権を侵すリスクも抑えられるため、ぜひ参考にしてください。

AIチャットで
コンバージョンを自動化しませんか?

うちのAIなら
ChatGPT
できます。

Stable Diffusionは商用利用できる

Stable Diffusionは商用利用が可能です。Stable Diffusionを作成したStability AI社は以下のように述べています。

LICENSE
The model is licensed with a CreativeML OpenRAIL++ license. The authors claim no rights on the outputs you generate, you are free to use them and are accountable for their use which must not go against the provisions set in this license. The license forbids you from sharing any content that violates any laws, produce any harm to a person, disseminate any personal information that would be meant for harm, spread misinformation and target vulnerable groups. For the full list of restrictions please read the license

和訳:このモデルはCreativeML OpenRAIL++ライセンスで提供されています。作者は、あなたが生成した出力について何の権利も主張しません。あなたはそれらを自由に使用することができ、このライセンスで設定された規定に反してはならないそれらの使用について責任があります。このライセンスでは、法律に違反するコンテンツ、人に危害を加えるコンテンツ、危害を加えることを意図する個人情報を広めるコンテンツ、誤った情報を広めるコンテンツ、脆弱なグループをターゲットにするコンテンツを共有することを禁止しています。制限事項の詳細については、ライセンスをお読みください。

参考:Hugging Face stable-diffusion License

人に危害を与えるような内容でなければ、ユーザーはStable Diffusionで生成した画像を自由に使用でき、商用利用も認められています。ただしStable Diffusionでも、商用利用ができない場合があるため注意が必要です。

商用利用が不可能な以下の2つのケースについて、くわしく解説していきます。

Stable Diffusionで商用利用できない場合

  • Img2imgを行う
  • モデルに追加学習させる

Img2img

img2imgとは、画像を読み込ませて新たな画像を出力する機能です。読み込ませた画像の一部分だけ変更したり、類似画像を生成したりできます。便利な機能ですが、正しく活用しないと著作権を侵害する可能性があるため、注意が必要です。

たとえば、以下の流れでロゴを作り、商標登録したとします。

  1. 他社のWebサイトからロゴをダウンロード
  2. img2imgを使って新たなロゴを作成

この場合、ダウンロード元のロゴの制作者から「著作権の侵害」を理由に訴えられるリスクがあります。そのため、無断でダウンロードした画像をimg2imgに使用し、商用利用するのは厳禁です。

また、商用利用が目的でimg2imgを行う際は、読み込み元の画像のライセンスも必ず確認しましょう。

モデルに追加学習させる

ローカル環境でStable Diffusionを利用する場合、他のモデルを学習させて生成する画像の幅を広げられます。モデルとは特定の要素を認識するように調整されたデータのことです。たとえば、「アニメの絵柄を再現したい」など、特定のテイストの画像を生成するために、モデルを使ってStable Diffusionに学習させます。

このように、追加学習には新たなモデルを用意する必要がありますが、商用利用が目的の場合は、追加するモデルのライセンスもクリアしなければいけません。商用利用が認められていないモデルを使用して利益を得ると、モデルの権利者や配布サイトから何かしらの措置が下される可能性があります。また、モデルごとにライセンスは異なるため、追加学習する際はその都度確認しましょう。

実際に、優れたモデルとして広く使われていた「Chillout Mix」も、2023年4月頃から商用利用が不可になっています。ライセンスの内容は変更する場合もあるため、定期的にチェックしておきましょう。

モデル・LoRAのライセンスを確認する方法

学習用のモデルにはたくさんの種類がありますが、人気が高いのは「LoRA」と呼ばれるアニメ風のイラストを得意としているモデルです。LoRAファイルには複数種類があり、それぞれ利用規約が異なります。そのため商用利用が目的の際は、ファイルごとにライセンスを確認する必要があります。以下2つは、LoRAの有名なダウンロードサイトです。

見出し

  • CIVITAI
  • Hugging Face

各サイトでLoRAのライセンスを確認する方法を確認していきましょう。

CIVITAIでライセンスを確認する方法

下記はCIVITAIのモデルを表示しているページです。

CIVITAIの画像モデルページに表示されているライセンス

右下に並んでいるアイコンをクリックすると「このモデルでできること」が表示されます。上記画像のモデルでは、「クリエイターのクレジットを入れずにモデルを使用する」「本モデルを使用したマージのシェア」が許可されていると確認できます。

ちなみに、CIVITAIで確認できるライセンスは以下のとおりです。

This model permits users to:

  • Use the model without crediting the creator
  • Sell images they generate
  • Run on services that generate images for money
  • Share merges using this model
  • Sell this model or merges using this model
  • Have different permissions when sharing merges

(和訳)

このモデルでできること

  • クリエイターのクレジットを入れずにモデルを使用する
  • 生成した画像を販売する
  • お金を払って画像を生成するサービスに実装する
  • 本モデルを使用したマージのシェア
  • このモデルまたはこのモデルを使用したマージの販売
  • マージ共有時に異なる権限を持つ

参考:CIVITAI

商用利用の可否を確認したければ、「生成した画像を販売する」「お金を払って画像を生成するサービスに実装する」にチェックが付いているか必ず確認しておきましょう。

Hugging Faceでライセンスを確認する方法

Hugging Faceでライセンスを確認する際は、ページ上部の「License」タグをクリックしましょう。簡単に利用規約に関する記述が閲覧できます。

Hugging Faceの画像モデルページにタグ付けされているライセンス

タグが無い場合や、タグが合っても内容が確認できない場合は、下記のような「License」の内容をチェックします。タグにも本文にも利用規約に関する記載がなければ、別途ブラウザでライセンス名を検索し、商用利用に問題がないか確認する必要があります。

Hugging Faceの画像モデルページの本文に記載されているライセンス

ちなみに、ライセンスがcreative-openraiやmit表記のモデルは、2023年4月時点では商用利用が認められています。

参考:creative-openraiのライセンス

参考:mitのライセンス

自社サイトにChatGPTを導入できる?

簡単2ステップで無料診断

商用利用ができる画像生成AI

商用利用ができる画像生成AIはStable Diffusionだけではありません。下記4つの画像生成サービスについて、商用利用に関する記述を紹介していきます。

見出し

  • DALL·E 2
  • Canva
  • Adobe Firefly
  • DreamStudio

ただし、他人のコンテンツから新たな画像を生成する「img2img」は、利用規約に準じていても商用利用は原則できません。注意してください。

DALL·E 2

DALL·E 2はOpenAIからリリースされている画像生成サービスです。OpenAIのコンテンツポリシーには以下の記載がありました。

Subject to the Content Policy and Terms, you own the images you create with DALL·E, including the right to reprint, sell, and merchandise – regardless of whether an image was generated through a free or paid credit

和訳:コンテンツポリシーと規約に従って、あなたはDALL·E を使用して作成した画像を、転載、販売、商品化する権利を含め、画像が無料または有料のクレジットによって作成されたかどうかにかかわらず、所有します。

参考:Open AI, Can I sell images I create with DALL·E?

DALL·E 2は、毎月付与される無料クレジットで作成した画像にも、商用利用を認めています。ただし、人に害を及ぼすような画像はアップロードが禁止されています。また、ユーザーの手で撮影・制作したと謳うのも認められていません。くわしくは下記の記事をご覧ください。

Canva

画像編集ツールのCanvaには、生成AIの機能も搭載されています。公式のコラムに以下の記述がありました。

結論からお伝えすると、Canvaは「商用利用可能」です。プランに関係なく、Canvaで作成したデザインは商用利用が可能で、クレジット表記も必要ありません。

参考:Canva,|Canvaは商用利用可能!Canvaで許可されている商用利用と禁止事項について分かりやすく解説します

基本的にはプランに関わらず、AIで出力した画像は商用利用できます。ただし、商標登録は禁じられているため注意しましょう。

Adobe Firefly

現在プライベートベータ版ですが、Adobe社からも画像生成AIがリリースされています。商業利用に特化したバージョンだと明言しており、公式サイトには次のような記述がありました。

最初に搭載されるモデルは、Adobe Stockの画像や一般に公開されているライセンスコンテンツや著作権が失効しているパブリックドメインコンテンツを対象としており、画像やテキストエフェクトを中心に、商業利用として安全性を考慮したコンテンツを生成するように設計されています。

参考:Adobe|アドビ、新たなジェネレーティブAI「Adobe Firefly」を発表

他社のAIツールと異なり、学習対象の画像は全て著作権をクリアしたコンテンツです。「生成した画像」の著作権だけでなく、「学習データの著作権」にも気をつけたいユーザーが特に注目しているツールです。

DreamStudio

DreamStudioはStable Diffusionが搭載されている画像生成サービスです。ユーザーによる追加学習はできないため、DreamStudioの利用規約さえクリアしていれば、商用利用ができます。公式には以下の記載がありました。

Your use of the Services is subject to the terms, conditions, and use restrictions in the Creative ML OpenRAIL-M license (available at https://huggingface.co/spaces/CompVis/stable-diffusion-license) (the “License”). You must review and follow the terms of the License.

和訳:お客様による本サービスの利用は、Creative ML OpenRAIL-Mライセンス(https://huggingface.co/spaces/CompVis/stable-diffusion-license)(以下「本ライセンス」といいます)の条件および使用制限に従うものとします。お客様は、本ライセンスの条項を確認し、これに従わなければなりません。

参考:Dream Studio Terms of Service

OpenRAIL-Mライセンスでは、有害なコンテンツでなければ商用利用が認められています。Stable Diffusionを安全に商用利用したければ、追加学習を行わないブラウザツールがおすすめです。DreamStudio以外だと、下記2つのツールが挙げられます。

Stable Diffusionが利用できるブラウザツール

  • Stable Diffusion Online
  • Diffusion Art

商用利用に注意が必要な画像生成AI

Midjourney

現在リリースされている画像生成AIは、ほとんど商用利用が認められています。しかし、Midjorneyは例外で、商用利用には条件があります。公式サイトには以下の記述がありました。

Subject to the above license, You own all Assets You create with the Services, to the extent possible under current law.

和訳:上記のライセンスに従い、お客様は、現行法の下で可能な範囲で、本サービスを利用して作成したすべての資産を所有するものとします。

If You are not a Paid Member, You don’t own the Assets You create.

和訳:お客様が有料会員でない場合、お客様は作成した資産を所有することはできません。

参考:Midjourney, Terms of Service

ただし、現在Midjorneyは有料会員でないと使用できません。適切な利用であれば、商用利用でも問題ないでしょう。

基本は商用利用できる画像生成AIだが、注意は必要

本記事では以下の項目について解説しました。

本記事で紹介したこと

  • Stable Diffusionで商用利用する際の注意点
  • モデルのライセンスを確認する方法
  • 商用利用ができる画像生成AI

Stable Diffusionは商用利用ができますが、追加学習の際はモデルの著作権に注意が必要です。各モデルの規約の確認方法は、配布サイトごとに紹介しました。ぜひ参考にしてください。

また、Stable Diffusion以外の画像生成AIも、基本的には商用利用ができます。ただし、有害なコンテンツやimg2imgで作成したコンテンツはその限りではありません。

しかし画像生成AIは、適切に扱えば画像生成にかけるコストを大幅に減らせる強力なツールです。利用規約を守って正しく活用しましょう。

ChatGPTを御社の営業マンや接客スタッフに

この記事を書いたライター

田邊 竜大

田邊 竜大

運営元のJetB株式会社メンバー。YouTubeやTikTokなど、さまざまなSNS運用をしていた経験を買われて優良WEBに参画。「難しいことをシンプルに」をテーマに記事を執筆。休日はフットサルかゲームをして過ごしている。神奈川県出身。

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

藤澤 尚也

藤澤 尚也

JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け2018年に入社。営業部に2年半、制作部に2年在籍し、マーケティングやサイト制作の実績と経験を積んだ後、幅広い知識を活かすために優良WEBに参画。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

おすすめ記事

Share