電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

被リンクを増やす10の方法を徹底解説!SEO効果のある良質な被リンク獲得のコツとは

樋口 可奈

Written by

樋口 可奈

被リンクを増やす10の方法を徹底解説!SEO効果のある良質な被リンク獲得のコツとは

「どうすれば被リンクを増やせるだろう?」
「被リンクはSEOに効果があるの?」

このような悩みや疑問を抱えていませんか?被リンクはSEOに影響する要素の1つで、良質な被リンクをたくさん獲得すれば検索順位にいい影響をもたらします。

そこで今回は、良質な被リンクの増やし方について、下記の4つのポイントを解説していきます。

  • 被リンクのSEO効果
  • 良質な被リンクと低品質な被リンクの違い
  • 被リンクを増やす10の方法
  • 被リンクチェックツール

この記事を読むことで、安全かつ効果的に被リンクを増やす方法が理解できます。被リンクの獲得に悩んでいる方や、SEOを本格化したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

被リンクを増やすことで得られるSEO効果

被リンクが増えると、下記のようなSEO効果が得られます。

  • ページの品質が高まる
  • ドメインパワーが強くなる
  • クロールの頻度が高まる

被リンクは、Googleがコンテンツの質を評価する上で重要視している要素の1つです。Googleは、多数の被リンクを獲得しているコンテンツを「多くの投票が集まった質の高いコンテンツ」と解釈しており、結果としてドメインパワーが向上し、サイト全体の上位表示に繋がります。

また、多くのリンクを獲得していると、クロールの頻度が上がります。これは、検索エンジンのクローラーは、リンクを辿ってWebサイトを巡回しているからです。さまざまなページからリンクを得られると、クローラーがページにたどり着くための経路が増え、頻繁にクロールされるようになります。

ただし、被リンクの数が多ければ良いわけではありません。良質な被リンクであることが重要です。また、Googleは被リンクに限らず、さまざまな要素からコンテンツの質を評価するため、被リンク以外の要素にも目を向けるようにしましょう。

被リンクとは

被リンクとは、外部のサイトから自社サイトに向けて貼られたリンクのことです。被リンクは、「良質な被リンク」と「低品質な被リンク」に分けられます。

良質な被リンク

下記のような被リンクが、良質な被リンクにあたります。

  • ナチュラルリンク
  • ドメインパワーが高いサイトからのリンク
  • 関連性の高いサイトからのリンク
  • 適切なアンカーテキストが設定されたリンク
  • 異なるドメインのサイトからのリンク

必ず押さえておかなければならないのは、1つ目の「ナチュラルリンク」であることです。自然に貼られた被リンクのみが評価の対象であり、購入したリンクや、システムで生成したリンクが大量に貼られていても評価されません。

また、同一のサイトから大量のリンクを獲得するよりも、多くのサイトから被リンクを獲得しているほうが良質であるとされています。どうすれば、まだ被リンクをもらえていないサイトからのリンクを増やせるかに注力しましょう。

低品質な被リンク

低品質な被リンクとは、Google検索のポリシーに違反するリンクを指します。下記はその一例です。

  • 購入した被リンク
  • 過剰な相互リンク
  • アンカーテキストにキーワードを詰め込んだリンク
  • システムなどで自動生成されたリンク
  • ユーザーに見えないように隠されたリンク

低品質な被リンクは、リンクスパムとみなされ、ペナルティが課される可能性があります。購入や、外部サイトにお願いした場合はもちろん、意図せず被害を受ける場合もあるため注意が必要です。

被リンクを増やす方法10選

SEO効果を高めるには、自然と被リンクが集まる状態が理想的です。しかし、ただ待っているだけで被リンクを得るのは難しく、時間もかかります。効果的に被リンクを増やしていくためには、リンクしたくなるような仕組みを作ることが重要です。

ここからは、良質な被リンクを増やすための10の方法を解説していきます。

良質な被リンクを獲得する10の方法

  1. 質の高いコンテンツを作成する
  2. 露出を増やす
  3. 被リンクされやすいコンテンツを作成する
  4. リンク切れページのリプレイスを打診する
  5. 他サイトに寄稿する
  6. シェアボタンを設置する
  7. 質の高いインフォグラフィックを作成する
  8. 相互補完を目的としたパートナーシップを築く
  9. 運営しているサイト同士でリンクさせる
  10. 逆検索をして掲載を依頼する

質の高いコンテンツを作成する

質の高いコンテンツの特徴

「この記事をみんなに教えてあげたいな」「この記事は有益だ」と感じてもらえるような質の高いコンテンツを作成することで、良質かつ自然な被リンクが集まるようになります。また、質の高いコンテンツは、検索エンジンにも評価されやすく、上位に表示されればユーザーに見てもらえる機会も増えるという観点からも、被リンクを増やすために有効な方法といえます。

質の高いコンテンツとは、下記のようなコンテンツのことです。

  • ユーザーの悩みを解決できるコンテンツ
  • 専門性の高いコンテンツ
  • 独自性の高いコンテンツ
  • 網羅性の高いコンテンツ
  • 最新の情報が書かれたコンテンツ

ユーザーの悩みを解決できるコンテンツ

検索ユーザーは、何かしらの悩みを持ってサイトを訪れます。その悩みを解決できるコンテンツを提供することで、訪問者は「同じ悩みを持つ人におすすめしたい」という気持ちになり、リンクを貼って拡散してくれます。

このようなコンテンツを作成するには、まずユーザーの悩みを深く理解しなければなりません。

  • 検索結果で上位に表示されている記事を分析する
  • 関連キーワードやサジェストキーワードから検索意図を探る
  • ユーザーに直接ヒアリングする
  • SNSや口コミサイトをチェックする

といった方法でユーザーはどのような悩みを抱えているのか明確にしましょう。ユーザーの悩みが理解できれば、解決に導くために必要な情報や最適な構成がみえてくるはずです。すでに公開しているコンテンツが狙ったキーワードで流入がなかったり、滞在時間が短かったりする場合、ユーザーの悩みを解決できていない可能性があるため、リライトを検討してもいいかもしれません。

専門性の高いコンテンツ

コンテンツのテーマに対し、情報を正確に深掘りして記載したページは、専門性が高く被リンクを獲得しやすいです。

インターネット上では、誰もが自由にページを公開できるため、根拠のない信ぴょう性に欠ける情報も多く存在します。そのため、専門的な情報はユーザーに重宝され、第三者に紹介したいと思ってもらえるようになります。

専門性の高いコンテンツを作成するには、専門家が執筆することが最も有効な方法といえます。例えば、医療・健康分野であれば、一般のライターよりも国家資格を持った医師が書いた記事のほうが、専門性に優れていると評価されやすいです。自身が資格などを持っていない場合、専門家に執筆や監修を依頼することで、専門性を高めることもできます。

独自性の高いコンテンツ

質の高いコンテンツを真似しても、似たような情報を与えるだけで、付加価値が無いため意味がありません。価値のあるコンテンツとして評価されるためには、独自性の高い一次情報の提供が重要です。

一次情報とは、著者本人の経験から得た情報や、調査・実験結果、統計データなど、誰よりも先に発信した情報のことを指します。お金や時間がかかるため、簡単ではありませんが、他のサイト運営者にとっても一次情報を提供する難易度は高いため、このような情報は重宝されるのです。

網羅性の高いコンテンツ

読者の悩みを全て解決できるよう、情報が網羅的に盛り込まれていると、質が高いコンテンツといえます。例えば、レシピを紹介するコンテンツであれば、必要な食材だけを記載した記事よりも、調理の手順まで解説された記事のほうが網羅性が高いコンテンツとなります。料理をするために必要な情報が網羅されていることで、読者に「この記事を読むだけで料理が作れる」という価値を与えられるのです。

ユーザーが検索する段階で求めている情報だけでなく、記事を読み進める中で新たな疑問が生まれた場合にも手助けできるような情報を含めることが重要です。

最新の情報が書かれたコンテンツ

最新の情報が書かれたコンテンツは、正確な情報が記載されていると認識されやすいため、被リンクを獲得しやすいです。同一の情報が書かれた記事が2つあったとして、それぞれの更新日付が「5年前」と「1週間前」では、1週間前に更新された情報を正確なものとして捉える人が多いです。

加えて、執筆時には正確な情報であったとしても、時間と共に誤った情報となってしまう場合もあるため、定期的にチェックしてリライトしましょう。

露出を増やす

質の高いコンテンツを作っても、誰にも見てもらえなければ被リンクは増えません。1人でも多く見てもらえるよう、さまざまな媒体を使って露出を増やしましょう。具体的には、下記のような方法があります。

  • SNS運用
  • 広告出稿
  • メールマガジン配信
  • プレスリリース配信

方法ごとに訴求できるユーザーの性質が異なるため、ターゲットによって使い分けたり、複数の方法を組み合わせたりすると、より被リンク獲得の可能性を高められるでしょう。

被リンクされやすいジャンルのコンテンツを作成する

被リンクされやすいジャンルのコンテンツ

コンテンツのジャンルによって「被リンクの獲得しやすさ」に差があります。下記は、被リンクされやすいコンテンツの一例です。

  • 用語解説系コンテンツ
  • ノウハウ系コンテンツ
  • 時事ネタ・速報系のコンテンツ
  • 独自に収集したデータをまとめたコンテンツ
  • インタビューコンテンツ
  • インタラクティブコンテンツ
  • 感情を揺さぶるコンテンツ

用語解説系コンテンツ

「~とは」から始まるような用語を解説するコンテンツは、被リンクされやすいです。コンテンツを作成する際、用語1つ1つの意味を解説していると膨大な情報量になって読みづらくなるため、解説を省くケースがあります。このような場面で、情報を補完するために用語解説系記事が活用されます。

一言で解説できる用語であれば、リンクを貼るよりも解説するほうが早いため、解説コンテンツを作っても被リンクを得られる可能性は低いでしょう。説明がやや難しい用語が狙い目です。

ノウハウ系コンテンツ

「ツールの使い方」「Webサイトの作り方」「数値の調べ方」など、物事の方法や手順を解説したノウハウ系コンテンツは被リンクされやすいです。ユーザーがすぐに実践できるような、わかりやすいコンテンツにするため、細部の表現までこだわって作成しましょう。

時事ネタ・速報系のコンテンツ

時事ネタや速報系のコンテンツは、SNSを通して拡散されやすく、関連記事や参照記事としてリンクされることがあります。話題のテーマは多くのサイトが取り上げるため、公開までのスピードが重要です。出遅れたと感じる場合、競合よりもわかりやすく、付加価値のついたコンテンツを作成することで、被リンクが集まりやすくなるでしょう。

独自に収集したデータをまとめたコンテンツ

  • アンケートの集計結果
  • 顧客データの分析結果
  • 実験や検証の結果

といった、独自に収集したデータをまとめたコンテンツは、被リンクを獲得しやすいです。コンテンツを作成する際、数値を用いることで信頼感や訴求力が高まりますが、データの集計や実験は手間がかかるため、すでに公表されているデータが用いられることがほとんどです。ユーザーにとって有益な情報をわかりやすくまとめることで、多くの被リンク獲得が期待できるでしょう。

インタビューコンテンツ

著名人を対象としたインタビューコンテンツは、著名人に興味がある人からの関心が集まるため、被リンクを獲得しやすいです。また、インタビューを受ける側が運営する著名サイトからリンクを貼ってもらえる可能性もあります。この特性を逆手に取り、「リンクを貼ってほしい人にインタビューしてコンテンツを作成する」というのも1つの手です。

インタラクティブコンテンツ

インタラクティブコンテンツとは、質問に答えると回答に応じた診断結果が表示されるような双方向性を持ったのコンテンツのことです。静的なコンテンツに比べ、インタラクティブコンテンツはユーザーの興味関心を高めやすいことから、被リンク獲得が期待できます。優良WEBでも「ホームページ制作料金シミュレーター」や「ホームページ制作会社簡単判定ツール」といったインタラクティブコンテンツを提供しています。

感情を揺さぶるコンテンツ

「共感」「感動」「面白い」といった感情を呼び起こすコンテンツは、誰かに共有したいと感じられ、SNSなどで拡散されやすい傾向があります。読者の感情を揺さぶるコンテンツを作るコツは、たった1人を思い浮かべて、その人のために書くことです。たくさんの人を意識すると、漠然とした言葉を使ってしまいます。手紙のように誰か1人に向けて書くと、読み手は「自分に向けられた言葉」と感じ、感情が動かされるのです。

リンク切れページのリプレイスを打診する

他社サイトにリンク切れを起こしているページを見つけた場合、代わりとなる自社のコンテンツを提案し、リンクを貼ってもらえるようお願いしましょう。

リンク切れに気づかず放置してしまうと、コンテンツの評価が下がってしまう可能性があります。そのため、リンク切れが起きていることを知らせ、代わりのリンク先まで用意してあげるのは、サイト運営者にとってもありがたいことでしょう。

担当者が面倒に感じずリンクを貼り替えられるよう、”リンク切れを起こしていることと、代わりのリンク先をわかりやすく明記したメールを送る”のが、リプレイスの打診を成功させるポイントです。

他サイトに寄稿する

関連性の高いジャンルのサイトに寄稿することで、被リンクの獲得に繋がります。寄稿とは、外部のWebメディアなどに記事を提供し、掲載してもらうことです。他サイトへの寄稿には、主に下記の2つがあります。

  • 自ら記事を作成し、他サイトに掲載を依頼するパターン
  • 他サイトの運営者から掲載用の記事の執筆を依頼されるパターン

寄稿した記事は、執筆者の情報や普段運営しているサイトの情報を掲載してもらえることが多く、価値の高い被リンクが得られます。

寄稿先の媒体にとってメリットのある記事を書くことで良好な関係を築ければ、リピートに繋がる可能性もあるため、効率的に被リンクを増やせるでしょう。

シェアボタンを設置する

各SNSへのシェアボタンを設置し、ユーザーが気軽にシェアできる状態にしておきましょう。SNSは、趣味趣向が似たユーザー同士が繋がっているため、その情報に興味を持つ可能性の高いコミュニティーに拡散されやすいという特徴があります。

また、シェアボタンが設置されていないと、記事が魅力的でも「手間がかかるなら辞めておこう」と思われ、チャンスを逃しかねません。ユーザーがシェアしやすいことを意識して、目に留まる位置に設置することが重要です。ちなみに優良WEBでも、Twitter・Facebook・はてなブログ・Pocketのシェアボタンを記事の冒頭と末尾に設置しています。

質の高いインフォグラフィックを作成する

競合記事よりも優れたインフォグラフィックが含まれたコンテンツは、被リンクを獲得しやすいため、こだわって作成しましょう。インフォグラフィックとは、情報を図や表で表したものです。質の高いインフォグラフィックを掲載すると、下記のようなメリットがあります。

  • ページ全体の質が高まる
  • インフォグラフィック単体が引用される
  • 画像検索で上位表示されて流入が増える
  • InstagramやTwitterなどでも活用でき、露出が増やせる

情報の理解を助けるような直観的にわかりやすいインフォグラフィックの作成が重要です。Figmaなど、無料で使えるデザインツールを使って作成すると良いでしょう。

相互補完を目的としたパートナーシップを築く

関連性が高く、質の高いサイト同士でパートナーシップを結ぶことで、安定的に被リンクを獲得できます。ただし、検索順位を操作することを目的とした相互リンクはスパム行為にあたり、ペナルティが課される可能性があるため注意が必要です。ユーザーの利便性を高められるコンテンツであることが大前提となるため、コンテンツの内容を補完するためのリンクを送り合うようにしましょう。

運営しているサイト同士でリンクさせる

2つ以上のサイトを運営している場合、それらのサイトを相互リンクさせることも有効です。ただし、全く関係のないジャンルをむやみに繋げることはスパムにあたるため、関連性が高いサイト同士をリンクさせるようにしましょう。

逆検索をして掲載を依頼する

「出典元を明記しなければならないのに、記載がないサイト」や「お願いすればリンクを貼ってもらいやすい情報が掲載されたサイト」を逆検索で探し、リンクを添付してもらうよう依頼してみましょう。具体的には、下記のような方法があります。

  • 画像検索にて、自作画像を無断転載しているサイトを探す
  • 専用ツールを使って、自社が提供した記事をコピペされているサイトを探す
  • 自社の会社名やサービス名、商品名を検索し、言及しているサイトを探す

他のサイトに掲載された画像を利用する際や、文章を引用する際は、出典元を明記し、リンクを貼るのがインターネット上のルールです。しかし、「バレなければ良い」と考え、ルールを無視して無断転載しているケースが多く、依頼に対応してもらえない可能性もありますが、正攻法なので実践してみてください。

また、自社に関して言及しているサイトが自社サイトへのリンクを貼ることは、ユーザーの利便性を高めるため、そのサイトにとってもプラスになります。双方にとってメリットがあるため、依頼しやすいでしょう。

被リンクを確認する方法

被リンクの量や質は、専用ツールを使って確認できます。ここからは、被リンクの状況を調べるためのおすすめツールを5つ紹介していきます。

Google Search Console

Google Search Consoleのログイン画面

出典:Google Search Console

Google Search Consoleは、被リンクを確認できるだけでなく、各ページの検索順位やサイトの問題点などを把握できる無料ツールです。サイト運営に必須ともいえるツールのため、導入がまだの場合は、すぐに登録することをおすすめします。

ツールにログインし、画面左のメニュー内「リンク」をクリックすると、被リンクされているページやリンク元のサイト、リンク元のアンカーテキストが確認できます。

Ahrefs

Ahrefsの公式サイト

出典:Ahrefs

Ahrefsは、自社サイトだけでなく競合サイトの被リンク状況や、キーワード分析ができる有料ツールです。月額12,500円から利用可能で、優良WEBでも被リンクチェックに活用しています。被リンクを獲得したページや獲得した被リンクがdofollowかnofollowかなどを確認できます。

Majestic SEO

Majestic SEOの公式サイト

出典:Majestic SEO

Majestic SEOは、ドメインやURLを入力するだけで被リンクの数やリンク元のドメインの数、アンカーテキストなどを確認できる有料ツールです。月額49.99$から利用できます。トラストフローやサイテーションフローといった独自の指標により、リンク元のドメインの品質がわかる点が大きな特徴です。

Moz

Mozの公式サイト

出典:Moz

Mozは、一般的な被リンクチェック機能に加え、被リンクの推移やリンク元のスパムスコアなどを分析できます。月額99$から利用できる有料ツールです。操作画面がシンプルで、直感的に扱える点が強みとなっています。

Ubersuggest

Ubersuggestの公式サイト

出典:Ubersuggest

Ubersuggestは、URLを入力するだけで被リンク数や被リンク元を把握できる有料ツールです。月額2,999円と、他の有料ツールと比べて安価に利用できます。被リンクチェックや競合サイト比較といった機能の他に、SEOを改善するためのヒントを提案してもらえる機能が搭載されている点が大きな特徴です。

被リンクを増やすには、良質なコンテンツを作成することから始めましょう!

本記事では、

  • 被リンクを増やすことで得られる効果
  • 良質な被リンクと低品質な被リンクの概要
  • 被リンクを増やす方法
  • 被リンクチェックツール

について解説しました。

被リンクはSEOに影響するため、増やすための施策を行う必要があります。しかし、購入したり、システムで自動生成したりして大量に被リンクを獲得しても意味がありません。あくまでSEOに効果があるのは、良質な被リンクのみということを押さえておきましょう。

良質な被リンクを獲得するには、まず質の高いコンテンツを提供することが重要です。そこから、露出を増やす、リンクを貼るハードルを下げるといった施策を行うことで、自然と被リンクが増えていきます。

被リンクが獲得できなくて悩んでいる方や、ホームページを運用し始めたばかりの方は、今回紹介した10の方法を取り入れてみてください。

この記事を書いたライター

樋口 可奈

樋口 可奈

運営元のJetB株式会社メンバーで優良WEB立ち上げから参加。得意ジャンルはSEO、マーケティングやEC分野。これまでに数百記事を執筆した経験を活かし、読者にわかりやすい記事を提供します。趣味はアイドルのライブや漫画鑑賞。

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

藤澤 尚也

藤澤 尚也

JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け2018年に入社。営業部に2年半、制作部に2年在籍し、マーケティングやサイト制作の実績と経験を積んだ後、幅広い知識を活かすために優良WEBに参画。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

おすすめ記事

Share