電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

ChatGPTでSEOに強い記事を書く方法を徹底解説!

田邊 竜大

Written by

田邊 竜大

ChatGPTでSEOに強い記事を書く方法を徹底解説!

「ChatGPTを使用した記事はSEOに強いの?」
「GoogleはAIによって生成されたコンテンツをどう評価してる?」

このような疑問をお持ちではありませんか?AIによる文章作成ツール「ChatGPT」は2022年11月のリリースから利用者数が激増しています。ChatGPTは情報収集や文章の執筆などが可能で、自社サイトの記事やブログの作成に利用している人もすでにいるようです。

しかし、ChatGPTをコンテンツに使用すれば、Googleからペナルティを受けるのではないかと心配している人もいるようです。

そこで、本記事では自身の文章コンテンツにChatGPTを使用するか悩んでいる人に向けて

  • ChatGPTのGoogleによるSEO評価
  • ChatGPTでSEOに強い記事を書くコツ
  • ChatGPTを使用したSEO内部対策
  • ChatGPTとSEOの今後

について解説しています。コンテンツマーケティングを行っている人にとって、ChatGPTの登場は一つのターニングポイントになります。ぜひ参考にしてください。

ChatGPTはSEOを意識して活用すればGoogleにも評価される

ChatGPTを使用したコンテンツであっても、SEO評価を高めることは可能です。Googleも「検索ランキングの操作を目的としないコンテンツ」であれば問題ないと述べています。この章では「AIによって生成されたコンテンツ」のSEO評価を高める方法や、ChatGPTでSEOに強い記事を書く際の注意点について解説していきます。

ChatGPT(AI)による記事がスパムとは限らない

自動生成されたコンテンツに対して、Googleは以下のように述べています。

自動生成コンテンツに関し、Google は一貫したガイダンスを提示してきました。検索結果のランキング操作を主な目的として、コンテンツ生成に自動化(AI を含む)を利用することは、スパムに関する Google のポリシーに違反します。

(中略)とはいえ、AI 生成のものを含め、自動化を利用したコンテンツすべてがスパムであるとは限らないことを認識することは重要です。

引用:AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス(Google検索セントラル)

Googleが自動生成コンテンツ自体を評価していないイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、あくまでコンテンツに重要なのは“ユーザーに対して有益な情報を提供しているかどうか”であり、「検索結果のランキング操作を主な目的としていなければ問題ない」とする考え方は昔から一貫しているのです。

では、「検索結果のランキング操作を主な目的としたコンテンツ」とはどのようなものでしょうか。Googleは例として次のようなものを挙げていました。

  • 検索キーワードを含んでいるが、文章としては意味をなさないテキスト
  • 自動ツールで翻訳されたテキストが、人間によるチェックや編集を経ずに公開されたもの
  • 品質やユーザー エクスペリエンスを考慮せず、自動プロセスで生成されたテキスト
  • 類義語生成、言い換え、難読化などの自動化手法を使用して生成されたテキスト
  • フィードや検索結果の無断複製によって生成されたテキスト
  • 複数のウェブページからのコンテンツを、十分な価値を加えることなくつなぎ合わせたり組み合わせたりしたもの

引用:Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー(Google検索セントラル)

多くの例が挙げられていますが、どの例も「ユーザーの役に立たないもの」という共通項があります。裏を返せば、ユーザー重視のコンテンツであれば、ChatGPTを使用してもスパム認定はされないわけです。

E-E-A-Tを意識すればChatGPTでもSEOに強い記事に!

E-E-A-TとはGoogleがWebサイトを評価する際に使う基準のことで、

  • Experience(経験)
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trust(信頼性)

で成り立っています。

ユーザー重視のコンテンツとは、言い換えればE-E-A-Tを意識したコンテンツです。Googleは次のように述べています。

”AI が生成するコンテンツは検索で上位に表示されますか?

AI を使用したからといってランキングに関して特別なメリットがあるわけではありません。有用、有益なオリジナル コンテンツで、E-E-A-T の基準を満たすものは、検索で上位に表示される可能性が高くなります。作成方法ではなく、内容が評価の対象となります”

引用:AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス

コンテンツの内容が評価の対象となる点は、今も昔も変わっていません。経験や専門性、権威性が高く信頼性のあるコンテンツであれば、作成者が人間でもChatGPTでもSEOに強い記事となります。

E-E-A-Tに関する詳しい解説はこちら

ChatGPTでSEOに強い記事を書く際の注意点

ChatGPTを使用したコンテンツでも、SEOに強い記事は書けますが、いくつか注意すべき点があります。

AI自体にE-E-A-Tはない

SEOに強い記事を書くにはE-E-A-Tを意識する必要があります。しかし、ChatGPTで作成されたコンテンツのE-E-A-Tが優れているとは考えにくいです。もしChatGPTを使用してSEOに強い記事を書きたければ、次のような工夫を行いましょう。

  • 専門家や信頼性の高い人物に、生成された文章の監修をしてもらう
  • 校正やアイデア出しなどにChatGPTを使用し、文章は人間が書く

E-E-A-Tは我々人間が意識し、ChatGPTは部分的に活用するなどして、SEOに強い記事を書いていきましょう。

GoogleやOpenAIの規約に注意

自動生成に関わる利用規約や規制は、まだ厳密には定まっていない部分があります。例えば2023年3月現在、ChatGPTで生成された文章の著作権は、「全面的にChatGPTを使用したユーザー側にある」とOpenAIの規約に記載されていますが、2022年12月の規約改正までは商用利用を許可しないとする旨の記載があったようです。

また、コンテンツにAIの使用を記載することについて、Googleは推奨事項としていますが、OpenAIは制限事項としています。規約は企業によって大きく異なる可能性も考えられるので、使用するサービスの規約には全て目を通すようにしておきましょう。

ChatGPTでSEOに強い記事を書く4つの方法

ChatGPTを活用すれば、記事執筆の工数や時間の削減、短縮に繋がります。この章ではChatGPTでSEOに強い記事を書く4つの方法を紹介していきます。記事の執筆で苦手としている分野にのみChatGPTを使用してみるなど、自分に合った使い方を探してみてください。

1.アイデア発案

ChatGPTは記事を執筆する際のアイデア出しに活用できます。狙うキーワードを決めたらChatGPTに良いアイデアがないか尋ねてみましょう。実際に「SEO 内部対策」に関するアイデアを尋ねてみました。

chatgptに記事のアイデアを出させる

記事の見出しになりそうなアイデアを出力してくれました。「SEO 内部対策」に関連するキーワードに関する正しい情報を提示してくれているので、このままアイデアとして採用しても大きな問題は無さそうです。また、ChatGPTのアイデアを参考にして独自性の高いアイデアが出せれば、競合サイトよりもSEOに強い記事が書けるかもしれません。

人によってはキーワードの選定すら、ChatGPTに任せようとしているようです。しかし、キーワード選定は市場調査など複雑な工程を必要とするため、まだChatGPTに任せるべきではないと著者は考えています。

2.記事の構成

ChatGPTに出力させたアイデアを厳選し、今度は小見出しとなるアイデアを尋ねてみましょう。

chatgptに小見出しのアイディアを出してもらう

小見出しとして悪くないアイデアを出力してくれましたが、悪く言えば無難で普通のアイデアです。これらのアイデアをそのまま使用してしまうと、競合記事との差別化が図れず、検索結果の上位に表示されない可能性が高まってしまいます。状況に合わせて人間が小見出しの追加や、順番の入れ替えなど工夫を行い、よりSEOに強い構成を考えましょう。

3.執筆

前項の構成をもとに、文章をChatGPTに出力させましょう。

chatgptに記事を執筆させている

簡単に記事の執筆ができました。各見出しに合った内容を記述していますが、日本語が不自然な箇所やより詳細に記述すべき箇所もあります。アイデアを出力させた時と同様に、そのまま文章を使用してしまうと他社の記事と似通った内容になってしまいます。ChatGPTが出力する文章は不完全な部分もあるため、人間がリライトしたり、誤情報を記載していないか確認したりすることが大切です。

4.校正

執筆した文章をChatGPTに入力し、「校正して」と頼めば誤字や脱字のチェックをしてくれます。下の画像は前項でChatGPTが出力した文章を、そのままChatGPTに校正させた際の画像です。

chatgptに記事を執筆させている

今回は校正以外にも、より良い言い回しはないか聞いてみました。以下はChatGPTが言い回しを変えた文章です。

修正前:「SEO 内部対策とは、ウェブサイトの内部構造やコンテンツの最適化により、検索エンジンによる評価を向上させることを指します。」

修正後:「SEO 内部対策とは、ウェブサイトの内部構造やコンテンツを最適化し、検索エンジンに評価されることを目的とした対策です。」

文章の語尾が変わり、「SEO内部対策とは~を目的とした対策です。」となっています。修正後の方が文章構造がわかりやすく感じます。

修正前:「内部対策は、ウェブサイトの内部構造やコンテンツの最適化によって検索エンジンに評価されることを目指す対策です。一方、外部対策は、他のウェブサイトからのリンクやソーシャルメディアのシェアなど、ウェブサイトの外部からの信頼性を高めることで検索エンジンに評価されることを目指す対策です。」

 

修正後:「内部対策は、ウェブサイトの内部構造やコンテンツの最適化によって検索エンジンに評価されることを目指す対策で、外部対策は、他のウェブサイトからのリンクやソーシャルメディアのシェアなど、ウェブサイトの外部からの信頼性を高めることで検索エンジンに評価されることを目指す対策です。」

修正によって、文章の句点が読点に変わっています。正直修正前の方が一文が短く区切られており、読みやすいと感じました。言い回しに違和感を感じる文章があれば、一度ChatGPTに修正を頼むのは有効です。

ChatGPTをSEO内部対策に活用

ChatGPTは、使い方を工夫すればタイトルやキーワードタグ、メタディスクリプションなどSEOの内部対策にも活用できます。

タイトル・キーワードタグ

ChatGPTは文章の抽出が可能なので、完成した記事を入力すればタイトルやキーワードも生成できます。

chatgptにタイトルをつけさせる

chatgptにタイトルをつけさせる2

タイトルの出力はしてくれましたが、期待した回答ではありませんでした。30文字程度というルールが認識できなかったようです。期待した回答が得られない場合は、追加で質問をしてみましょう。同じような質問内容でも、違う回答を出力する場合があります。

ディスクリプション

ChatGPTは文章の抽出だけでなく、文章の要約も可能です。文字数の指定もできるので、適切とされている80文字前後を基準に、ディスクリプションを出力してもらいましょう。

chatgptに文章のディスクリプションを書かせる

文章を要約したディスクリプションを生成できました。しかし、文字数は163文字で指定を大幅に超過しています。機能自体は悪くないので、どのように指示すれば想定通りの回答が得られるか、研究する必要がありそうです。

画像のように

  • どんなキーワードを入れたいのか
  • どんな内容にしたいか
  • どの程度の文字数にするか

など具体的な指示を与えればより精度の高い回答が得られます。

ChatGPTとSEOの今後

ChatGPTの登場により、SEOを意識したコンテンツマーケティングに大きな変化が起ころうとしています。本記事で紹介したように、ChatGPTはアイデアや文章を短時間で出力できます。しかし、ChatGPTはライターの仕事を奪ってしまう可能性があるため、今後ChatGPTとの関わり方は慎重に考える必要があります。

「共存」か「差別化」か

今後ChatGPTなど文章生成AIが台頭してくれば、SEOを意識したコンテンツの作成者には、次のような2つの選択肢が与えられるでしょう。

  • ChatGPTなど文章生成AIと共存し、記事制作を効率化させる
  • ChatGPTなど文章生成AIと差別化し、AIには書けない記事を執筆する

専門家にインタビューを行い、鋭い切り口で私見を述べるようなコンテンツはAIと差別化できています。差別化したコンテンツを作成できるライターは、今後も仕事が無くなることはないでしょう。

反対に、インターネットで得た情報を、切り貼りするだけのライターの報酬は減ってしまうと予測されます。「差別化したコンテンツの作成はできないけど、今までと同額の報酬を得たい」という人は、ChatGPTなど文章生成AIを活用して作業の効率化を図り、対応する案件の量を増やすことになるかもしれません。

AIと共存したメディアサイト

住宅ローンやクレジットカードなど、財政に関するコンテンツを発信しているBankrateは記事の著者欄にAIを記載しています。リライトや監修は必要なものの、AIと共存しているメディアサイトはすでに存在しています。

AIをライターに採用したWebサイト

This article was generated using automation technology and thoroughly edited and fact-checked by an editor on our editorial staff.

和訳:この記事は、自動化技術によって作成され、編集スタッフが充分に編集と事実確認を行っています。

AIをライバルとして認識するのではなくツールとして活用できれば、自分の能力以上の記事が執筆できるかもしれません。

参考:Bankrate

AIと差別化したコンテンツを作るには

ChatGPTのようなAIと差別化したコンテンツを作成するには、人間にしか作れない分野への意識が重要です。ChatGPTは複雑な質問にも高水準の回答が可能ですが、それらの回答はデータベースをもとに学習、計算された結果です。つまり、ChatGPT自身が経験したものではありません。

世の中には単なる体験談や、人生経験に関する情報を探している人もいます。経験に焦点を当てたコンテンツ作成ができれば、まず間違いなくAIと差別化できるはずです。

まとめ

本記事ではChatGPTとSEOについて、効果的な使い方や今後の関わり方を解説しました。ChatGPTを活用できれば、SEOに強いコンテンツを効率的に作成できます。ChatGPTと共存してコンテンツを作りたい人は、この記事を参考にしてみてください。

この記事を書いたライター

田邊 竜大

田邊 竜大

運営元のJetB株式会社メンバー。YouTubeやTikTokなど、さまざまなSNS運用をしていた経験を買われて優良WEBに参画。「難しいことをシンプルに」をテーマに記事を執筆。休日はフットサルかゲームをして過ごしている。神奈川県出身。

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

藤澤 尚也

藤澤 尚也

JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け2018年に入社。営業部に2年半、制作部に2年在籍し、マーケティングやサイト制作の実績と経験を積んだ後、幅広い知識を活かすために優良WEBに参画。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

おすすめ記事

Share