電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

集客を狙えるペットショップのホームページとは?制作のおすすめデザイン10選をご紹介

沢田リカ

Written by

沢田リカ

集客を狙えるペットショップのホームページとは?制作のおすすめデザイン10選をご紹介

これからホームページを制作して集客を狙っているペットショップのオーナーの中には、

「どんなデザインにしたらよいのだろうか?」
「集客につながるホームページに必要なコンテンツとは?」

と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ペットショップのホームページ制作の場合、取り扱っているペットの種類や傾向はもちろん、他店との違いやこだわりをユーザーに伝えることが大切です。

本記事では、

  • 集客につながるホームページに必要なポイント
  • ユーザーの目にとまるために必要なコンテンツ
  • 参考にできるサイト事例

を紹介します。ぜひホームページ制作の参考にしてください。

【発注先探しはお任せください】

お問い合わせバナー

優良WEBではWEB発注無料相談を行なっています!「相場がわからない」「優良な発注先見極めのポイントは?」などの相談に無料で対応いたします。実は優良WEB運営母体の会社もWEB制作会社。WEB制作のプロのコンサルタントが完全無料で発注先探しのお手伝いもできますので、是非お問い合わせください。

 

無料相談に対応するコンサルタント紹介

コンサルタント吉田

吉田哲也

コンサルタントの吉田です。Webのプロとして、現在までに累計50社程度のWeb制作に携わってきました。「知識がない方にもわかりやすいアドバイス!」がモットーです。お気軽にご相談ください!

コンサルタント吉田

 

電話相談も無料で受付中です!お気軽にお電話ください。:03-5919-0055(平日10:00〜19:00)メールの方はこちらから!

ペットショップのホームページ制作で大切にしたいポイント

ペットショップのホームページ制作で大切にしたいポイントは以下の4点です。

  • ターゲットを決める
  • お店の強み
  • 画像や動画は高画質なものを使用する
  • スマホ対応とSNS連携

ユーザーの興味を惹きつけ集客を行うためにそれぞれ詳しく説明していきます。

ターゲットを決める

ターゲットが大人か子どもか、一人暮らしか家族暮らしか、住まいはマンションか一軒家かなど、まずはお店に呼びたいお客さんの層を明確にすることが重要です。ここが明確ではないと必要なコンテンツ、導線設計やサイトカラーの決定やトータル的なデザインなどを決める際に軸がぶれてしまい、結果として中途半端なサイトになってしまいます。

年齢や居住空間、生活リズムなどでニーズや刺さるサイトデザインも変わるので、まずはとターゲットを絞り込んでからサイトを制作していきましょう。

お店の強みを紹介する

お店のこだわりや強みをアピールしましょう。

例えば、

  • 購入してくれた方には育て方や日頃の関わり方など、お家に連れて帰った後のことを考えて丁寧に説明している
  • 血統書付きのペットしか取り扱っていない
  • 店長が動物大好きで自分もたくさんのペットを飼っている

など、そのお店ならではの情報をアピールすることで”このお店で飼ったほうが良さそう”とユーザーに思ってもらえます。

ペットショップのお客さんは「新しい家族を迎えたい」という思いでお店を探しているためこだわりが強い人も多いです。
そのため、ターゲットに合う強みやアピールポイントはどんどん打ち出していき、共感してくれるユーザーを増やしていきましょう。

画質にこだわった写真や動画を使う

ユーザーはお店を探していると同時に、「一緒に暮らしたい!」と思える存在を探しています。

そのため、ホームページ上でペットの紹介をするときはできるだけリアルな情報を伝えることが重要ですが、画質が荒れている画像や動画ではどれだけ可愛い動物であっても正しく魅力を伝えられず、お問合せさえ来れば取れた成約を取りこぼしてしまうケースがあります。

また、ホームページデザインの観点からも画質の低い画像が使用されているとチープな印象を与えてしまい、ユーザーの信頼を損なう可能性があります。使用する画像や動画は可能な限り高画質なものを用意して、きれいなサイトに仕上がるようにしましょう。

スマホ対応とSNS連携

近年では、パソコンよりもスマートフォンでサイトを閲覧する人のほうが多いため、パソコンとスマホで見た際にデザインがそれぞれ最適な形に切り替わるレスポンシブデザインの採用は必須です。

また、スマホの普及に伴ってSNSを利用してお店の情報を収集する人も年々増えており、検索エンジンではなくSNS経由でホームページに訪問するケースも多く見られます。その際にサイトの表示が崩れていてはすぐに離脱されてしまい、お問い合わせを取りこぼしてしまうので必ずスマホの閲覧に対応させておきましょう。

その上で、ホームページ上でSNSのタイムラインを表示したり、ホームページでブログを更新した際にSNSで発信をするなど相互で連携を取る仕組みを作れば、相乗効果で集客力を高める働きもしてくれるのでSNSも積極的に活用していくことをおすすめします。

お問い合わせバナー

集客につながるペットショップホームページのコンテンツ

続いて集客につながる必要なコンテンツを紹介します。最低限必要なコンテンツは7つです。

  • ペットショップの基本情報
  • ペットの写真
  • スタッフ紹介
  • 掲示板やリンク先
  • 取扱ペット用品
  • 系列店など

詳しく説明していきましょう。

ペットショップの基本情報

ペットショップの場所や営業時間などの基本情報は来店を促す上で必要なコンテンツです。

  • 住所
  • 電話番号
  • アクセス
  • 営業時間
  • 定休日
  • 決済手段

などの情報をはっきりと記載し、興味を持ってくれたお客さんが安心して来店できるようにしましょう。特に、住所、電話番号、アクセス方法、営業時間は店に訪れる時に必要な情報なので見やすいところに掲載し、ペットの販売価格は高価なので、使用可能なクレジットカードやQRコード決済の種類なども詳しく掲載することが大切です。

ペットの写真

ペットの写真はユーザーに興味を持ってもらうために必須です。ペットショップの場合は、まず販売されているペットに興味を示してからお店の情報をみるユーザーが多いです。
そのため、できるだけペットの写真は頻繁に更新し、できるだけフレッシュな情報をたくさん届けるようにしましょう。

スタッフ紹介

家に迎え入れたいと思っているペットを、どんな人がどんな思いで世話をしてくれていたのかはお客さんも知りたい情報なので、スタッフ紹介は必ず設けましょう加えて、スタッフが交代で更新する飼育ブログのようなものがあると、スタッフの人となりやペットショップでの飼育環境がより鮮明に伝わるのでより安心感を与えられます。

ユーザーの不安解消に掲示板や他業種のリンク先を紹介

ペットを飼うときの説明や掲示板などで、ペットの飼い方レクチャーを行なっていると、はじめてペットを飼うお客様も安心して来店に繋げることができます。購入後の心配も相談コーナーを設けたり、近所や系列店の動物病院、トリミングサロンの紹介などもあわせて掲載するとお客様も安心し来店できるのでおすすめです。

取扱ペット用品を紹介

ペットだけでなく、ペットを迎え入れるために必要なペット用品、ペット購入後に必要になってくるフードや首輪などの取扱があれば掲載しましょう。お客様視点から見ればペットを飼うまでに必要な物が揃い、その後も付き合いが継続する安心感があり、集客に繋がります。

取り寄せ可能な系列店など

系列店やネットワークがあるブリーダーやペットショップがあり、お店にお気に入りのペットがいなくても取り寄せが可能ならば掲載しましょう。遠くの店には行けないけど、近くのペットショップに取り寄せてもらうなどの選択肢も広がります

ペットショップのホームページ制作でおすすめのデザイン10選

ここまで解説してきたペットショップのホームページ制作で大切なポイントとコンテンツについて、実際にはどのように活用されているのか、すでに開店されているペットショップのホームページの制作事例を見ながらポイントを解説していきます。大手チェーン店から個人店まで紹介しますので、あなたのホームページ制作の参考にぜひしてみてください。

COO&RIKU

COO&RIKU

出典:COO&RIKU

全国チェーンのペットショップのホームページだけあってファーストビューから手が込んでいます。かわいい子犬と女性の笑顔の横に「ペット検索」があり、「出産情報検索」では産まれたばかりの子犬や子猫のお渡しの時期まで記入があり、目的の犬や猫に最短でたどり着くために検索に工夫がなされています。

自社の系列のペット保険、動物病院、店舗リストなどが流れる画面によって分かりやすく説明してあったり、ページを下にスクロールしていくとペットショップのこだわりやペットを迎えるためのペット図鑑もあり、初めてペットを迎える人も安心できるように顧客目線に立って作られたホームページとなっています。

犬の専門店Happy Life

犬の専門店Happy Life

出典:犬の専門店Happy Life

メインの画像でペットと仲が良さそうな女の子の写真や可愛い犬や猫、ペットショップの所在地である静岡を感じさせる画像が次々と入れ替わり、第一印象から惹きつけるデザインがされているホームページです。

イベントのお知らせや店舗一覧の後に、子犬の紹介、トリミング、ペットホテルなどの情報も発信されており、ユーザーのことを考えられた設計にもなっています。やさしい雰囲気のホームページを作りたい方は参考にしてみてください。

ペットショップP’s-first(ペッツファースト)

ペットショップP's-first

出典:ペットショップP’s-first

ペットの写真の使い方や見せ方がシンプルでわかりやすく、非常に考え抜かれたサイト導線を持ったホームページです。まず、ペットの写真を訪れたユーザーにしっかりと見せて、購買意欲を駆り立てる画像配置となっています。

また、写真からワンクリックで「トイプー」「ミックス」「ねこ」の飼い方や紹介に飛べるのは、よりユーザーがのめり込んでいく手法です。ペットを見せることを一番に考えて作られたホームページといえるでしょう。

お問い合わせバナー

PetPlus(ペットプラス)

PetPlus

出典:PetPlus

オープニング画面はパステル調の女の子と犬が温かく描かれていて安心感をユーザーに与えています。

また、横に流れる画面はオープニングとは異なりブルーの背景で写真がより鮮やかに際立たつデザインを意識しています
インスタグラムでの配信も熱心に行われ、SNSと両軸でしっかりと集客ができているホームページです。

ペットショップ鈴花

ペットショップ鈴花

出典:ペットショップ鈴花

個人経営のペットショップのホームページです。「宮城県塩竈市のペットショップ」としっかりと所在地の記載があります。住所やアクセスは重要なポイントとなり、目に付くところに掲載すればユーザが来店時に分かりやすいので、来店誘導を考えて作られたホームページ構成といえます

また、「お店紹介」として、お店の成り立ちやこだわりを紹介していることで、ユーザーの信頼を高め地域の顧客目線にあわせたホームページ構成となっています。

ペットショップいっぷく

ペットショップいっぷく

出典:ペットショップいっぷく

オレンジとグリーンのコントラストがハッキリして目をひくホームページです。右上には湘南店と彦根店の電話番号が表記され所在地も掲示され、すぐに来店誘導できるような形になっています。各店のこだわりも「お店の紹介」で掲載ししっかりとユーザー目線で訴求を行っています。

SNSもTwitterやFacebook、Instagramと手厚く運用を行っていて、シンプルな構成ですが必要なポイントはすべて満たしているホームページです。

ペットランド ピースワン

ペットランド ピースワン

出典:ペットランド ピースワン

かわいい子犬や子猫の写真とパステルブルーの背景で始まり、全体的にかわいい印象を受けますが、会員限定の「阪神タイガースチケットプレゼント」など、すぐに関西が地元と分かるイベントがあり、とてもインパクトが強いです。最上部には「オンラインショップ」のバナーもあり、ペット用品がネットで購入できることも分かります。

「よくある質問」や「会社概要」も並んでおり、企業説明もしっかりと掲載し信頼感を高めています。安心してペットを迎えることを伝えるホームページ構成です。

ペットショップ 犬の家&猫の里

ペットショップ 犬の家&猫の里

出典:ペットショップ 犬の家&猫の里

子犬や子猫の写真が満載のホームページです。他のホームページによくある「小さな子どもや女性の写真」が使用されていないのが特徴で、ペット中心に訴求されているホームページです。

ペットを迎える上で大切なことや、ペットと生活する上の注意点なども掲載されていて、よりユーザーの購買意欲を高めています。
また、サービス情報として、トリミングやグッズ販売、ペットホテル、動物病院などの紹介もあり、多角的にユーザーが安心して来店できるホームページ制作となっています。

ペットショップ With

ペットショップ With

出典:ペットショップ With

画面がすべて薄いピンクから始まり、画面下部から割れていきダックスと子猫の写真が始まります。ホームページ全体にオープニングの優しいピンクを背景に使うことによって、店の優しく穏やかな雰囲気を印象づけています。

ブログの中ではペットと関わるスタッフの情報なども有り、愛情が感じられるサイトになっているのでユーザーに安心感や信頼感を与えています。

mipig

mipig

出典:mipig

マイクロブタ専門店のホームページです。ユーザーの年齢や生活環境で絞り込むのではなく、マイクロブタが好きな人をターゲットにしっかりと訴求しています。マイクロブタのかわいい動画を前面に置き、購買意欲を高める印象的な画像構成となっています。

マイクロブタの魅力や、育てやすさなど、マイクロブタの飼い方と合わせ詳しく記載されています。はじめてマイクロブタを飼う人にも寄り添ってくれるホームページになっています。

お問い合わせバナー

まとめ

ペットショップのホームページ事例を見てきましたがいかがだったでしょうか。本記事では、

  • ペットショップホームページの参考にできるサイト事例
  • 集客につながるホームページに必要なポイント
  • ユーザーの目にとまるために必要なコンテンツ

をご紹介しました。

ご自身のお店へのこだわりや、特徴でターゲットをしっかりと絞り込み、高画質で色鮮やかな写真でペットのかわいさを伝えましょう。その上で、来店してもらうために必須なお店の情報や、ユーザーが求めている情報の提供が効果的です。今回の記事をお読みいただきホームページを制作する時の参考にしてください。

この記事を書いたライター

沢田リカ

沢田リカ

フリーランスとして、Webコンテンツ制作ディレクターに従事しています。 元々は対面で気持ちを伝えることが苦手でしたが、文章であれば自信があったためライター職にチャレンジ。Webマーケティング会社でライティングを学び、自身でブログを立ち上げ研鑽を積みました。現在は多様なニーズに対応すべくチームで活動しています。

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

藤澤 尚也

藤澤 尚也

優良WEB編集長・JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け、2018年に営業として入社。その後Webディレクターに転身し、3年以上経験を積む。多様な経験からくる幅広いWebリテラシーと持ち前の文章力を買われて優良WEBの編集長に抜擢。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

Share