電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

Googleキーワードプランナーの使い方!無料で使う方法や有料との違いも解説

素山 えりか

Written by

素山 えりか

Googleキーワードプランナーの使い方!無料で使う方法や有料との違いも解説

キーワードプランナーは、Googleによって提供されているマーケティングツールです。検索ボリュームや、広告を出した場合の予想データなどを調べることができます。

無料で誰でも利用できるものの、専門用語も多く登場するため、事前にある程度の知識をつけないと活かせません。。この記事では、Goolgleキーワードプランナーの機能や使い方についてくわしく解説します。

マーケティング担当の方は、データ分析やキーワード選定に利用するツール選びの参考にしてください。

Googleキーワードプランナーとは?

キーワードプランナーはキーワード選定に利用できるツールです。ビジネスに関連するキーワードについて、ユーザーが一緒に検索しているキーワードや、Google広告を出稿する際の費用見積もりなどを確認できます。以下2つの特徴についてくわしく解説していきます。

  • Goggle広告のために用意されたツール
  • 登録すれば誰でも無料で利用できるツール

Goggle広告のために用意されたツール

キーワードプランナーは、Google広告の利用者に向けて用意されたツールです。そのため、広告を出稿していないアカウントについては、検索ボリュームの表示がアバウトな数値で表示されます。一方で、少額でもGoogle広告を利用すれば、くわ細な数字を確認できます。

広告のクリック単価や競合性も確認できるため、出稿を考えている方にとっては予算・戦略を立てやすくなるというメリットもあります。

 

登録すれば誰でも無料で利用できるツール

利用にあたってGoogleアカウントとGoogle広告のアカウントの作成が必要です。利用料金は設定されていませんが、あえて言うならば広告出稿の費用がキーワードプランナーの利用にかかる費用といえるでしょう。完全に無料で利用したい方は、出稿を一度設定した上で、広告配信の停止設定を行う必要があります。

Googleキーワードプランナーでできること

主な利用方法として、大きく以下の2つにわけられます。

  • SEO対策のためのキーワード選定
  • リスティング広告の作成サポート

それぞれをくわしく解説します。

SEO対策のためのキーワード選定

キーワードプランナーでは、キーワードの月間平均検索ボリュームが確認できます。検索ボリュームが多ければ多いほどユーザーの関心が高くなりますが、SEO対策における競合の数も自然と多くなります。

また、関連するキーワードも同時にチェックできます。商品名やサービス名に関連性の高いキーワードを知ることで、ユーザーのニーズや検索意図を分析したり、コンテンツの方向性を決めたりするのに役立ちます。

リスティング広告の作成サポート

キーワードプランナーでは、広告出稿に関する、以下の予測データを得られます。

  • クリック数
  • クリック率
  • 平均クリック単価
  • 表示回数
  • 費用

過去の出稿情報も確認できるため、予算を立て、その金額によって得られる結果を想定し、マーケティングに活かすことが可能です。また、実際に広告を出稿する場合は、キーワードを決定し予算を決めるだけで配信できます。

Googleキーワードプランナーの使い方

Googleキーワードプランナーは、以下の4つの手順で利用可能です。

  1. 「Google広告」を検索しログインする
  2. 新しいキャンペーンを作成する
  3. キャンペーンを停止する
  4. エキスパートモードへ変更する

利用にあたってGoogleアカウントが必要なので、未取得の方は、先に登録を済ませておきましょう。ここでは、基本の使い方をステップごとに解説します。

「Google広告」を検索しログインする

無料で利用する方も、広告を出稿して利用する方も、ユーザー登録が必要です。まずはキーワードプランナーのページを検索し、右上にある「ログイン」をクリックして、Googleアカウントでログインしてください。

新しいキャンペーンを作成する

次に、「 新しい キャンペーンの作成」 に関する情報を入力します。以下の項目について入力・選択してください。

  • 会社名
  • ウェブサイトのURL
  • 広告を利用する主な目的
  • 宣伝するビジネスの情報
  • ターゲットユーザーの所在地
  • 広告の予算

広告出稿を考えている方は、見出しや説明文なども設定します。これらは、後から修正することもできるので、仮で入力しても構いません。

広告を利用せずにキーワード検索ツールとして利用したい方は、スキップボタンが表示された場合に入力を省略することもできます。

最後に、タイムゾーンを東京に設定し、支払い情報を入力してください。 

キャンペーンを停止する(広告を出稿しない場合)

広告を出稿せずに利用する方は、すぐに作成したキャンペーンを停止する必要があります。この設定を忘れると、設定金額が消費されてしまうため注意が必要です。設定方法は以下の通りです。

  1. Google広告のメイン画面から「キャンペーン」をクリック
  2. 作成したキャンペーンの緑色のマークをクリックし「有効」から「一時停止」に変更する

エキスパートモードへ変更する

最後にスマートモードからエキスパートモードへ変更する設定を行います。初期設定されているスマートモードとは、Google広告の簡易的な機能を備えたモードです。一方で、エキスパートモードとは、SEO対策やマーケティングに利用する方向けに用意されているモードで、Google広告における全機能が利用できます。設定変更方法は以下の通りです。

  1. Google広告アカウントにログインする
  2. 右上の設定アイコンをクリック
  3. 「 エキスパートモードに切り替える」を選択する

Googleキーワードプランナーの主な機能

Googleキーワードプランナーでは、以下の機能がよく利用されます。

  • 新しいキーワードを見つける
  • 検索のボリュームと予測のデータを確認する

それぞれについてくわしく解説していきます。

機能①「新しいキーワードを見つける」

「新しいキーワードを見つける」はキーワードやWebサイトのURLを入力することで関連キーワードを抽出できる機能です。

使い方

キーワードから分析する場合、以下の流れで利用します。。

  1. トップ画面から「新しいキーワードを見つける」を選択
  2. 「キーワードから開始」を選択
  3. キーワードを入力(最大10個まで)

関連性のないキーワードが多く表示されてしまう場合には、「フィルタとして使用するドメインを入力してください」という欄に該当URLを追加すれば、よりコンテンツに関連性の高いキーワードを絞り込めます。

一方で、URLから検索したい方は、以下の手順で進めてください。

  1. トップ画面から「新しいキーワードを見つける」を選択する
  2. 「ウェブサイトから開始」を選択する
  3. サイト全体をキーワードのソースとして使用したい場合には「このサイト全体を使用」、指定ページのみをソースとして使用したい場合には「このページのみを使用」を選択する

分析できること

キーワードの候補となる言葉と共に表示されるデータを、下表にまとめました。

データ名 表しているもの 補足解説
月間平均ボリューム 1ヶ月にそのキーワードがどのくらい検索されているのかを示す 100から1000はスモール キーワード、1000から1万はミドルキーワード、1万から10万以上はビッグキーワードと呼ばれている ユーザーのニーズを測る上で重要な数値
競合性 広告出稿における競合性を「高・中・低」という3段階で表す 「高」は競合が多く「低」では競合が少ないことを示しており、競合性が高ければ高いほど多くのコンバージョンが期待できるキーワードであることがわかる
広告インプレッションシェア キーワードプランナーを使用した広告配信実績がある場合、過去にどの程度広告を表示できたかを示す 広告の表示回数をキーワードの検索総数で割った数値
ページ上部に掲載された広告の入札(低額帯・高額帯) 今まで広告出稿を行った人の単価実績のうち低額帯と高額帯の価格を示す 金額が高いほどユーザーニーズの高いキーワードであることがわかる

また、右側上部に表示されている「表示項目」というボタンを押すと、表示項目を変更することも可能で、 以下の項目を追加できます。

競合性( インデックス値) 競合性をくわしい数値で表したもので、0から100の数値で表示
オーガニック検索の インプレッションシェア キーワードの検索数に対して自社サイトがオーガニック枠に表示された割合
オーガニック検索の 平均掲載順位 キーワードにおける自社サイトのオーガニック 枠での平均掲載順位

オーガニック検索のインプレッションシェアとオーガニック検索の平均掲載順位は、Google広告アカウントにGoogleサーチコンソールのアカウントをリンクしている場合のみ確認可能です。

機能②「検索のボリュームと予測のデータを確認する」

ボリュームと予測データの確認では、指定キーワード使った広告を出した場合の予測データを分析可能です。各キーワードの単価に応じた表示回数やクリック数が確認できるので、広告出稿のためシミュレーションに利用できます。

使い方

使い方は以下の通りです。

  1. トップ画面から「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択
  2. キーワードを入力
  3. 「開始する」という青いボタンをクリック

直接キーワードを入力するだけでなく、CSVファイルをアップロードして自動でキーワードを読み込ませることもできます。他のツールなどで、複数キーワードを抽出済みの場合に便利な仕様です。

分析できること

分析可能なデータは以下の通りです。

  • 指定期間における検索ボリューム推移
  • 直近3ヶ月の検索ボリューム伸び率
  • 広告を出稿した場合の予測(クリック数/表示回数/費用/クリック率/平均クリック単価/コンバージョン予想/コンバージョン値)
  • 広告費用対効果
  • 過去に出稿された広告のデータ

ある程度利用したいキーワードが絞れている場合にボリューム推移を確認したり、広告出稿の計画を立てたりするのに活用できます。

Googleキーワードプランナーのメリット・デメリット

キーワードプランナーは、検索ボリュームや競合性を分析するのに適したツールです。しかし、Google広告を利用する人向けに提供されているツールなので、誰もが利用しやすいわけではありません。メリットとデメリットについて解説します。

メリット

Google広告の利用を検討している人にとっては、まさに最適なツールです。広告やSEOを行う上で効果の高いキーワードを見つけ出したり、関連ワードからユーザーの検索意図やニーズを探るのにも役立ちます。さらに、1日にかけられる予算を入力するだけでGoogle広告の運用シミュレーションができるため、マーケティング戦略を立てる上で重要な指針になります。

デメリット

デメリットは、広告を出稿しない人には利用に手間がかかるところです。利用にはクレジットカードの登録や、Webサイトの登録が必要なので、コンテンツのキーワード選定に利用したいという方には、不便に感じられるでしょう。

また、短すぎる単語や最新トレンドワードの場合、データが蓄積されておらず、ボリューム情報を確認できないこともあります。必要に応じて、他のキーワード選定ツールを併用するのがおすすめです。

キーワード選定におすすめのツール

ここでは、キーワード選定におすすめな3つのツールをご紹介します。

  • Googleトレンド
  • Ubersuggest
  • ラッコキーワード

どれも無料で利用できるため、使いやすいものを選んでみてください。

Googleトレンド

Googleトレンドは、検索数が急上昇しているキーワードを抽出できるツールです。特定の地域や国を設定した上で、最新のトレンドワードを分析できます。また、昨年や一昨年など過去のデータを確認することも可能です。主な機能は以下の通りです。

  • キーワードの需要変化
  • 過去のトレンドワード
  • キーワード情報をメールで自動配信

話題になっているキーワードをリサーチしたり、複数のキーワードの比較を行ったりするのにもおすすめです。アカウントの登録は必要なく誰でも無料で利用できるので、キーワードプランナーよりも気軽に使えるのが魅力といえるでしょう。

Ubersuggest

Ubersuggestは、無料で利用できるキーワード選定のためのツールです。海外製のツールではあるものの、日本語に対応しているため誰でも簡単に利用できます。利用できる主な機能は以下の通りです。

  • トレンドを含めた関連キーワード
  • キーワード難易度
  • 検索ボリューム
  • リスティング広告の競争度
  • リスティング広告を出した場合の広告平均クリック単価予想
  • 被リンク獲得数の調査
  • 競合サイトの分析
  • SEO課題の特定

キーワード選定はもちろんのこと、SEO対策に必要な競合レポートやSEO探索など、幅広い機能が揃っています。無料版では1日あたりの検索が3回までと限られているため、回数制限なく利用したいという方は、月々2990円から用意されている有料版の利用を検討してみましょう。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは幅広い分析機能を持つ日本製のSEO対策ツールです。Googleはもちろん、YoutubeやAmazonなど数多くの媒体でサジェスト分析ができます。さらに、キーワード選定の他にも、上位記事の見出し抽出や、AIによる記事タイトルの提案など、さまざまな角度からSEO対策をサポートしてくれます。主な機能は以下の通りです。

  • 記事タイトルの提案(AI)
  • 関連する疑問の提案(AI)
  • 関連ワードの提案(AI)
  • Googleサジェスト
  • Bingサジェスト
  • Youtubeサジェスト
  • Google動画サジェスト
  • Google画像サジェスト
  • Googleショッピングサジェスト
  • 楽天サジェスト
  • Amazonサジェスト
  • Yahoo!知恵袋
  • 教えて!goo
  • Googleトレンド
  • 共起語
  • 見出し抽出
  • ニュース/話題の記事
  • 周辺語・連想語
  • 類語・同義語
  • 関連ハッシュタグ
  • 月間検索数(有料)
  • 獲得キーワード調査

機能の大部分は無料で利用できますが、キーワード調査は1日50回まで、AIによる提案は1日10回までといった制限があります。分析回数を増やしたい方は、月440円〜9900円の有料プランを検討してみてください。

Googleキーワードプランナーは賢く利用

キーワードプランナーは、検索ボリュームや関連キーワードなどをチェックできるツールです。Google広告におけるサービスの一環として提供されているため、広告を出稿しないまま利用する場合には、検索ボリュームの正確な数値が表示されない仕組みになっています。そのため、広告を利用しない方は、他のキーワード選定ツールを利用するのがおすすめです。

マーケティング状況や利用目的に合わせて、上手に活用しましょう。

この記事を書いたライター

素山 えりか

素山 えりか

フリーのWEBライター。ブログ記事から旅行情報まで、さまざまなジャンルの記事を執筆。SEO対策だけに目を向けるのではなく、誰かの疑問や悩みに真摯に向き合った記事づくりを目指しています。趣味:オペラとピアノ

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

藤澤 尚也

藤澤 尚也

優良WEB編集長・JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け、2018年に営業として入社。その後Webディレクターに転身し、3年以上経験を積む。多様な経験からくる幅広いWebリテラシーと持ち前の文章力を買われて優良WEBの編集長に抜擢。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

Share