電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

Keywordmapの使い方と料金!新サービスSNS運用支援サービスも解説

素山 えりか

Written by

素山 えりか

Keywordmapの使い方と料金!新サービスSNS運用支援サービスも解説

SEO対策を包括的に行いたいという方におすすめしたいのが、「Keywordmap」です。競合サイトの分析機能や、コンテンツを作成する上でのキーワード選定機能などが充実しており、SEO対策を全面的にバックアップしてくれます。

また、操作性に定評があり、BOXIL SaaS AWARD2021でマーケティング部門を受賞しているだけでなく、クチコミサイトのお役立ち度・使いやすさ・機能・満足度ともにナンバーワンを獲得した実績もあります。

この記事ではKeywordmapの魅力や使い方、さらに新サービス「Keywordmap for SNS」についてご紹介します。

Keywordmapとは?

Keywordmapとは、2016年にリリースされたSEO対策ツールです。ここでは、以下の3点について詳しく見ていきましょう。

  • Keywordmapの概要
  • 運営会社CINCについて
  • 実際の導入実績

Keywordmapの概要

Keywordmapとは、日本語特化型のSEO対策ツールです。キーワード選定や検索順位の分析、記事コンテンツの改良やリライトの効率化など、SEO対策に必要な機能を幅広く提供しています。また、サポートが充実していて、SEOに詳しくない方でも利用しやすいことから企業の規模に関わらず高い人気を集めています。

運営会社CINCについて

運営会社である株式会社CINCは、東京都港区虎ノ門に本社を構える会社です。日本の会社によって運営されているSEO対策ツールは珍しく、日本語に特化したデータ分析が強みです。さらに、機械学習やAIの開発にも積極的に取り組んでおり、一瞬のうちにデータを分析するSaaSツールを使ったコンサルティングサービスも提供しています。

実際の導入実績

BOXIL SaaS AWARD2021でマーケティング部門を受賞していることからも分かるように、多くの企業がKeywordmapを導入しています。大企業からベンチャー企業にいたるさまざまな導入企業の一例として以下があげられます。

  • 株式会社電通デジタル
  • 日本生命保険相互会社
  • 株式会社ニッセン
  • 株式会社三越伊勢丹ホールディングス
  • 合同会社DMM.com
  • 株式会社ニューズピックス
  • プレイライフ株式会社
  • 株式会社スタディハッカー
  • 株式会社ネクサス・アールハウジング

参考:Keywordmap

上記の会社は、キーワード選定、サイト流入増加、競合調査、ユーザーニーズ調査、工数削減などを目的としてKeywordmapを導入し、それぞれが高い効果を得ています。

Keywordmapの5つの魅力

Keywordmapの魅力として、以下の5つがあげられます。

  • 日本で開発された日本語特化型ツールである
  • SEOだけでなく、マーケティング全体を支援してくれる
  • カスタマーサービスが充実している
  • 競合分析にかかる時間を95%削減できる
  • 初心者でも使いやすい

あまり知識のない方でも利用しやすいように設計されているのが大きな特徴です。以下でそれぞれについて解説します。

日本で開発された日本語特化型ツールである

SEO対策ツールは、海外の会社によって運営されているものも少なくありません。一方で、Keywordmapは日本で開発されたツールです。運営会社が所有している日本語のデータベースは2800万語と圧倒しており、トレンドキーワードにも対応しています。

また、日本語を専門に解析を行っているため、検索の精度が高く、キーワードの抽出能力が高いのも魅力です。

SEOだけでなく、マーケティング全体を支援してくれる

SEO対策に限らず、包括的にマーケティングを支援してくれるのもKeywordmapの魅力です。マーケティングの中で重要なウエイトを占める広告領域も分析できます。たとえば、競合広告の出稿状況や、広告内容の分析、広告バナーの解析が可能です。

このように、包括的なマーケティングをサポートしてくれるため、メインで利用する対策ツールとしてもおすすめです。

カスタマーサービスが充実している

SEO対策は専門用語も多く、難しく感じられることが多いですが、Keywordmapはカスタマーサービスが充実しているため、誰でも取り入れやすいです。サポートの継続率は98.5%となっており、高い充実度・満足度が伺えます。

最初のステップとして行われるサポートは、ツールを利用する目的や事業の課題に合わせた活用方法のレクチャー、キーワード選定の方法や提案資料作成の支援などです。

その後も引き続き定着期間として3ヶ月のオンボーディング期間が設けられており、その間に利用状況のヒアリングやツール活用の提案、KPIの設計などのサポートを受けられます。

また、毎月開催されるユーザー企業による勉強会、電話・チャット・メールを使ったリアルタイムでのサポートなどが設けられています。充実した支援が用意されているため、SEO対策ツールを初めて利用する方でも安心です。

参考:カスタマーサクセス – Keywordmap(キーワードマップ)|SEO・コンテンツマーケティングの調査・分析ツール

競合分析にかかる時間を95%削減できる

Keywordmapを導入すれば分析にかかる時間を大幅に短縮できます。導入後、40時間かかっていた調査分析が2時間にまで短縮された事例もあるそうです。他にも、資料作成時間の削減によって残業時間が25%短縮した例もあります。Keywordmapの活用によって時間を大幅に削減でき、作業の効率化が図れます。

参考:Keywordmap

初心者でも使いやすい

SEO対策ツールの中には英語表示を基本とするものや、高度な専門知識が必要とされるものも多いです。しかし、Keywordmapはユーザーフレンドリーな操作性を重視しているため、感覚的に使える設計になっています。また、結果分析がダッシュボード形式で表示され、一目で課題点が特定できるのも魅力です。

Keywordmapの主な機能と使い方

Keywordmapの主な使い方としては、以下の6つがあげられます。

  • キーワード選定
  • 記事コンテンツの改良
  • 検索順位のデータ分析
  • リライトの効率化
  • 競合分析
  • リスティング広告の調査

それぞれの機能について使い方と合わせてくわしく解説します。

キーワード選定

SEO対策を行う上で、大きな課題となるのがキーワード選定です。狙うべきキーワードを間違えると、良質なコンテンツを作成しても無駄になってしまいます。

Keywordmapでは、競合他社が対策を行っているキーワードを瞬時に分析可能です。また、、成果が出ている関連キーワードの拡張分析、キーワードから派生する言葉を元にした分析など、さまざまな方法で幅広い観点からアプローチ調査できます。

キーワード選定は、SEOリサーチのホーム画面から「関連ワード」をクリックし、キーワードを入力して行ってください。

記事コンテンツ改良のための見出し生成

キーワード選定の次のステップとして、記事コンテンツの作成があげられます。記事コンテンツを数多く制作しているのにも関わらず、なかなか上位表示されない、制作に時間がかかりすぎて効果が見合っていない、という場合にはユーザーの検索意図に沿ったコンテンツへの改良が必須です。

Keywordmapでは、ChatGPTを活用した「AI見出し案自動生成機能」を実装しているため、見出しを作成の手助けをしてくれます。

使い方は、以下の通りです。

  1. メニューから「AI見出し案自動生成機能」を選択
  2. 任意のテーマを入力
  3. 「キーワード選択へ」をクリック
  4. おすすめとして表示されたキーワード候補から適切なものを選ぶ
  5. 見出し案をドキュメントとしてダウンロード

検索順位のデータ分析

コンテンツの効果を測定するためには、定期的に検索順位を分析し、評価する作業が欠かせません。Keywordmapを使えば、毎日定点で順位を計測したり、競合サイトと順位を比較しながら分析することも可能です。

計測したデータは、瞬時にCSVやExcelデータとしてエクスポートできるため、レポート生成の時間も大幅に短縮できるでしょう。

使い方は、「検索順位レポート」に計測サイトと競合サイトを入力し、「集計期間」を指定するだけです。さらに、指定したキーワードの順位が変動した場合にメールを送付するアラートも設定できます。

リライトの効率化

常に変化し続けるGoogleのアルゴリズムやユーザーの関心に対応するためには、リライトが欠かせません。しかし、どの記事をリライトすべきかわからないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

「サイトキーワード分析」機能を利用すれば、検索順位が落ちているキーワードを絞り込んだり、クエリタイプを調査したりできるため、リライトが必要なキーワードを瞬時に見分けられます。

競合分析

Webサイト運営は、競合となるベンチマークサイトを意識することで、自社サイトの弱み・強みが見えてきます。「競合獲得ワード」機能を使って、競合サイトが獲得していて自社が獲得できていないキーワードをチェックしてみましょう。

使い方は以下の通りです。

  1. メニューから「競合獲得ワード」を選択
  2. 「競合1」というタブに、競合サイトのドメインを入力
  3. 「自社」タブに自社の対象サイトのドメインを入力
  4. 「検索」ボタンをクリック
  5. CPC/検索ボリューム・競合性などを含むデータをCSV形式でダウンロード

リスティング広告の調査

リスティング広告においては、キーワード選択が大きな鍵になります。競合サイトがリスティング広告に利用しているキーワードを分析し、効果の高いキーワードを調査しましょう。また、Keywordmapでは地域ごとの広告データや、キャッチコピー・詳細文・画像などを細かく分析することも可能です。

使い方は簡単で、「リスティング広告分析」ページから競合他社のドメインを検索窓に入力、もしくは対象キーワードを検索窓に入力するだけです。

同時に「広告クリエイティブ」機能を使えば、対象競合サイトのドメインを入力するだけで、該当キーワード数や想定広告費なども調査できます。

Keywordmapの料金

料金プランとしては、事業者の種類ごとに3つのプランが用意されています。情報を一次活用する事業者、二次活用する代理店や制作会社などによって料金プランが異なるため、くわしい見積もりはメールもしくは電話で問い合わせて確認してください。

各プランの大まかな内容は以下の通りです。

ライトプラン SEO対策・広告施策向け
スタンダードプラン SEM領域全般に対応した中規模利用向け
エキスパートプラン Webサイトを運営する上での戦略全般に幅広く対応した大規模利用向け

さらに、一度使い心地を試してみたいという方に向けて、7日間の無料トライアルが用意されています。全ての機能を制限なく利用することができるだけでなく、トライアル終了後の自動課金もありません。お試しで利用してみたい方は専用フォームに入力の上、トライアル開始の手続きを行ってください。

一緒に利用したい「Keywordmap for SNS」

Keywordmapと一緒に活用をおすすめしたいのが「Keywordmap for SNS」です。近年、マーケティングにおけるSNSが占める重要性は増すばかりで、企業の規模に関わらず必要性も増加しています。以下では、Keyword mapと合わせて利用したい「Keywordmap for SNS」についてご紹介します。

「Keywordmap for SNS」とは?

Keywordmap for SNSは、企業のSNS運用をサポートしてくれるツールで、X(旧Twitter)とInstagramに対応したサービスです。マーケティングの観点から戦略的にSNSを運用することで、認知の拡大、企業のイメージアップ、売上増加を実現します。

利用にあたって、アプリのインストールやダウンロードは必要なく、デスクトップパソコン・タブレット・ノートパソコンのブラウザ上で簡単に利用できます。Keywordmapと同じように7日間の無料お試し期間も用意されているため、マーケティングの一環としてSNSの運営を行っている企業は、ぜひ導入を検討してみましょう。

主なサービス

主なサービスとしては、以下の3つがあげられます。

  • 分析機能
  • 投稿管理・作成機能
  • SNS運用に特化した相談窓口によるサポート

それぞれの内容を解説します。

分析機能

SNS運用で効果を得るためには、目的に合わせた分析が不可欠です。Keywordmap for SNSでは以下の分析に対応しています。

  • 自社・競合他社のフォロワー分析
  • 各投稿ごとにおけるユーザーのリアクション測定
  • キャンペーンの分析

コンテンツの効果測定を適切に行い、アカウントに合った運用方法や投稿テーマを洗い出すことが可能です。

また、測定したデータはワンクリックで出力可能なので、企画の提案や報告時の時間短縮につながります。

投稿管理・作成機能

SNSの運用は、定期的に更新を行うのが基本ですが、業務負担を減らすためには投稿管理・作成機能が便利です。投稿予約・投稿スケジュールの設定・投稿をサポートするレコメンド機能などを活用しましょう。また、イベントカレンダーを使えば、記念日やGoogle上のトレンドもチェックできるので、コンテンツ作成のためのアイデア探しとしても利用できます。

SNS運用に特化した相談窓口によるサポート

Keywordmap for SNSには、導入していない人でも無料で利用できる、SNS運用に特化した相談窓口が設置されています。フォロワーが増えない、どのような投稿をすればよいのかわからない、市場のトレンドを調査したいなどの悩みがある方は、ぜひ相談してみましょう。簡易的な調査・分析の上で、課題を解決するために必要な情報を提供してもらえます。

SEOを含めたマーケティングサポートシステムならKeywordmapがおすすめ

今回ご紹介したKeywordmapを利用すれば、競合調査やキーワード選定などの機能を使ってSEO対策を効率よく実施できます。ユーザーフレンドリーな操作性と充実したカスタマーサポートが備わっているため、SEOの専門知識がない方やSEO対策ツールを初めて導入する方にもおすすめです。無料で利用できるお試しプランも用意されている上に、SNS運用に関する無料相談窓口も設置されているため、ぜひ利用を検討してみてください。

この記事を書いたライター

素山 えりか

素山 えりか

フリーのWEBライター。ブログ記事から旅行情報まで、さまざまなジャンルの記事を執筆。SEO対策だけに目を向けるのではなく、誰かの疑問や悩みに真摯に向き合った記事づくりを目指しています。趣味:オペラとピアノ

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

藤澤 尚也

藤澤 尚也

優良WEB編集長・JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け、2018年に営業として入社。その後Webディレクターに転身し、3年以上経験を積む。多様な経験からくる幅広いWebリテラシーと持ち前の文章力を買われて優良WEBの編集長に抜擢。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

Share