電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは?それぞれの違いを解説

吉廣 泰則

Written by

吉廣 泰則

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは?それぞれの違いを解説

「ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いがわからない」
「Webサイトのアクセスを増やす方法が知りたい!」
「ブラックハットSEOの主な手法は?」

そんな疑問や悩みをもっていませんか?

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOは、どちらもWebサイトの検索順位を向上させる手法です。しかしブラックハットSEOはGoogleを欺き、検索上位を狙う対策であるため、実行は厳禁とされています。

そこでこの記事では、SEO対策におけるホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いや特徴を解説していきます。この記事を読むと、適切なSEO対策の方法がわかるようになるため、ぜひ、参考にしてください。

ブラックハットSEOとは?

ブラックハットSEOとは、検索順位決定のアルゴリズムを悪用して、Webサイトの検索順位を上げる手法です。成果が出やすく、短期間で上位表示されやすいなどの特徴があります。しかし、Googleのルールの穴を付き、検索エンジンを騙す対策であるため、ペナルティを受けるリスクも高いです。

ペナルティを受けると、Webサイトの検索順位が大幅に低下し、最悪の場合検索結果から除外されます。そのため、正当にビジネスを行いたい場合は、ブラックハットSEOは厳禁です。Googleの検索品質ガイドラインに従って対策を行いましょう。

ブラックハットSEOの主な手法

ブラックハットSEOは大きくわけて以下の2種類です。

  • リンク関連のブラックハットSEO
  • コンテンツ関連のブラックハットSEO

    それぞれくわしく解説していきます。

    リンク関連のブラックハットSEO

    リンクに関連するブラックハットSEOは以下の3つです。

    • 買収されたリンク
    • 隠されたリンク
    • リンクファームによるリンク集積

      被リンク獲得はSEOにおいて非常に重要な要素で、Webサイトの評価を高める上で欠かせません。正当な方法でリンクを獲得しないと、検索エンジンによるペナルティの対象となるため注意しましょう。

      買収されたリンク

      買収されたリンクとは、金銭を介して他サイトから自サイトへリンクを貼ってもらう手法です。現在ではSEO評価向上を目的にリンクを売買すると、ペナルティを受ける恐れがあります。

      Google検索セントラルの基本事項のリンクスパムの項目には、以下のようなリンクが売買リンクにあたると記載されています。

      被リンク獲得はSEO評価向上のために重要な施策です。正規の方法で被リンクを獲得しましょう。

      隠しリンク

      隠しリンクとは、人間に判別できないように設置されたリンクのことです。かつては、リンクの文字を背景と同色にしたり、CSSでリンクを非表示にしたり、クローラーにのみリンクの存在を伝えることで上位表示できていました。

      しかし現在は、Google検索セントラルの基本事項の隠しテキストと隠しリンクの項目で、順位操作を目的とする隠しリンクの設置が禁止されている旨が明記されており、ペナルティの対象となります。

      隠しリンクを実装する方法にはいくつかのパターンがあり、以下のような方法が挙げられます。

      リンクファームによるリンク集積

      リンクファームとは、大量に相互リンクしているWebサイト群のことです。検索順位の向上を目的に大量のWebページ同士で相互リンクを行います。Google 検索の基本事項のリンクプログラムに関する項目では、リンクファームの利用が厳しく禁止されています。

      外部リンクは、本来ユーザーがコンテンツをより深く理解できるように、関連性のある情報を提供するために設置されるものです。そのため、関連のないページへのリンクは適切ではありません。リンクファームを構築すれば、一時的に検索順位が上がるかもしれませんが、後に検索エンジンからペナルティを受けるリスクが高くなります。

      コンテンツ関連のブラックハットSEO

      次は、コンテンツ関連のブラックハットSEOを3つ紹介します。

      • 隠されたテキストの利用
      • コピーコンテンツの運用
      • 不正なクローキングの実施

        それぞれ詳しく見ていきましょう。

        隠しテキストの利用

        隠しテキストは、検索エンジンには読み取れるものの、ユーザーには見えにくい、あるいは見えないようにされたテキストのことです。検索エンジンの評価を不正に操作する目的で利用されます。ユーザーの利便性を損なう恐れがあるため、ペナルティの対象です。

        Googleは、以下に該当するものを隠しテキストと定義しています。

          コピーコンテンツの運用

          コピーコンテンツとは、他のサイトからコンテンツをそのままコピーし、自分のサイトに掲載する手法です。Googleは、オリジナル性に欠けるコンテンツや他のサイトからの転載が主な内容であるサイトを、コピーコンテンツと判断しています。

          • 他のサイトのコンテンツをコピーし、元のソースを引用することさえせず、独自のコンテンツや価値を加えずに転載しているサイト
          • 他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えたうえで転載しているサイト
          • ユーザーに対してなんらかの形で独自のメリットを提供することなく、他のサイトからのコンテンツ フィードをそのまま掲載しているサイト
          • ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだり編集したりしているだけのサイト

            引用:Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー「無断で複製されたコンテンツ」

            また、コピーコンテンツは著作権法に触れることもあり、訴訟問題に発展することもあります。そのため、他人のコンテンツを利用する場合は、著作者に許可を取る、引用タグを使うなど適切な方法で行いましょう。

            クローキングの実施

            クローキングとは、ユーザーと検索エンジンに対して、それぞれ異なるコンテンツやURLを表示する手法です。検索エンジンには適切な情報が提供されているように見せかけておいて、ユーザーには関連性のないページが表示されることになります。ユーザーの信頼を失うだけでなく、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があるため注意しましょう。

            クローキングにあたる行為は以下の2つです。

            • 検索エンジンには旅行の目的地に関するページを表示しながら、ユーザーに対しては薬の割引に関するページを表示する
            • ページをリクエストしたユーザー エージェントが人間のユーザーではなく検索エンジンである場合にのみ、ページにテキストやキーワードを挿入する

              引用:Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー「クローキング」

              ホワイトハットSEOとは?

              ホワイトハットSEOとは、Googleの検索ガイドラインに遵守して行うSEO対策です。ユーザーにとって有益な情報を提供することを重視し、Webサイトの品質や構造を改善して、自然な形で検索順位を上げます。

              ホワイトハットSEOのメリットは、長期的に安定した効果が期待できることです。価値ある情報を提供することにより、ユーザーの満足度が向上し、リピート訪問や口コミを通じてWebサイトの評価が上がります。その結果、検索順位が自然に上昇し、ビジネスの成長につながる可能性が高まります。

              SEOスターターガイドの活用

              Googleが提供する検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドには、ユーザーと検索エンジンの双方に有益なコンテンツの作成方法が記載されています。確認すれば、ホワイトハットSEOの実践的な手法についても理解できます。

              以下は、スターターガイドで紹介されている主要な項目の一部です。これらの項目を理解し、効果的なSEO対策を実現しましょう。

              項目の一例 説明
              タイトルタグの最適化 タイトルタグは、ページの内容を簡潔に表す重要な要素です。ユニークで具体的なタイトルを設定しましょう。
              メタディスクリプションの最適化 メタディスクリプションは、ページ内容の短い説明です。魅力的なメタディスクリプションを作成することで、クリック率を向上できます。
              見出しタグの使用 見出しタグを使ってコンテンツの構造を整理し、ユーザーと検索エンジンにわかりやすく伝えましょう。
              URLの構造の最適化 わかりやすく短いURLを使用し、キーワードを含めることで、ページ内容をより明確に伝えられます。
              内部リンクの最適化 関連するページへの内部リンクを設定し、サイト内のコンテンツの関連性と価値を高めましょう。
              画像の最適化 画像のファイル名やalt属性を適切に設定し、画像の内容を検索エンジンに伝えることが重要です。
              テキストの構造と品質の向上 コンテンツ内のテキストを整理し、段落や箇条書きを使って読みやすくしましょう。また、情報の質を高め、ユーザーに価値を提供することが重要です。
              構造化データの使用 構造化データを使用して、検索エンジンにページの内容をより詳細に伝えられます。これにより、検索結果での表示が向上することがあります。

              参考:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

              Google検索の基本事項の遵守

              Google検索の基本事項は、SEO対策を行う上で重要な要素です。基本事項は技術要件、スパムに関するポリシー、主なベストプラクティスの3つに分かれています。

              1. 技術要件
                技術要件とは、WebページがGoogle検索結果に表示されるための最低限の要件です。多くのサイトは、そのままでも要件を満たしています。
              2. スパムに関するポリシー
                順位が下がる原因となる行動や手法が記載されています。隠しリンクや隠しテキストなどの不正行為は避け、ユーザーに価値ある情報を提供しましょう。
              3. 主なベストプラクティス
                効果的なSEO対策を実施するための基本的な方法や考え方です。有益なコンテンツを作成し、適切なキーワードを配置し、クロールしやすいリンク構造を整えることで、Google検索における順位が向上します。

              参考:Google検索の基本事項

              ユーザーに価値あるコンテンツを提供すると、Google検索の基本事項に従ったWebサイト運営が実現され、検索結果で上位表示されやすくなります。

              ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違い

              ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いは、主に「ガイドラインの遵守の有無」「コンテンツ品質とユーザーエクスペリエンスの違い」によって定義されます。

              以下は、それぞれの特徴をまとめた表です。

              項目 ブラックハットSEO ホワイトハットSEO
              ガイドラインの遵守 検索エンジンのガイドラインに違反する手法で不当に検索順位を上げる ガイドラインに従い、適切な方法で検索順位を上げる
              コンテンツ品質 ユーザーにとって価値の低いコンテンツを提供することが多い ユーザーに有益で信頼性の高いコンテンツを提供
              ユーザーエクスペリエンス 良好なユーザーエクスペリエンスを追求しない ユーザーエクスペリエンスの向上を目指す

              ブラックハットSEOは短期的な順位向上を目指しますが、コンテンツの品質やユーザーエクスペリエンスにおいては劣ります。一方、ホワイトハットSEOはユーザーに価値あるコンテンツを提供し、良好なユーザーエクスペリエンスを追求することで、検索エンジン最適化の持続的な効果を期待できます。

              ブラックハットSEOの衰退の背景

              ブラックハットSEOの衰退の背景には、Googleが検索アルゴリズムを改善し、ブラックハットSEOの手法を封じるアップデートを実施していることが大きな要因です。中でも、ペンギンアップデートとパンダアップデートは、ブラックハットSEOの衰退に大きく寄与しています。

              それぞれくわしく解説していきます。

              ペンギンアップデートの影響

              ペンギンアップデートは、2012年に導入されたGoogleの検索アルゴリズムのアップデートです。低品質なリンクを集めたサイトやSEOスパムを実施するサイトの順位を下げる目的で実施され、アップデート後は不正に検索上位を獲得していたサイトの順位が低下しました。

              ペンギンアップデート以前は、低品質なサイトであっても、検索エンジンを騙して上位表示が可能でしたが、実施後はユーザーにとって価値の高いWebサイトが優先されるようになりました。

              パンダアップデートによる変化

              パンダアップデートは、2011年に導入されたGoogleの検索アルゴリズムのアップデートです。コンテンツの品質に焦点が当てられ、重複コンテンツや広告主導型のコンテンツなど、内容の薄いWebページの順位を下げるために実施されました。

              パンダアップデート以前は、検索エンジンの評価精度の低さから、低品質なサイトが検索上位に表示されていました。しかし、パンダアップデート以降はコンテンツの品質が正しく評価されるようになり、よりユーザーの役に立つサイトが上位に表示されるようになりました。

              現在もコアアルゴリズムに一部として、より有益なページを上位表示するために更新が行われています。

              ホワイトハットSEOでアクセスを増やすポイント

              ホワイトハットSEOでアクセスを増やすポイントは以下の3つです。

              • 競合との差別化が図れる独自コンテンツの制作
              • 自然な被リンクの獲得
              • サイト構造とクロールの最適化

                ホワイトハットSEOはWebサイトのアクセス数を増やす上で非常に重要な役割を果たします。ぜひ、参考にしてください。

                競合との差別化が図れる独自コンテンツの制作

                Webサイトのアクセス数を増やすには、他のサイトと差別化できる独自性の高いのコンテンツ作成が重要です。競合よりも価値ある情報を提供すれば、自然とアクセス数は増えます。

                独自性の高いコンテンツを作成する際には、以下のポイントに注意しましょう。

                • ユーザーが求める情報や解決策を提供するコンテンツの作成
                • 見出しや箇条書き、画像などを活用した読みやすい文章構成とデザイン
                • ロングテールキーワードの活用

                  独自のコンテンツはユーザーにとって魅力的であり、Webサイトの滞在時間やページ閲覧数が増えることが期待できます。検索エンジンはユーザーにとって価値があると判断し、アクセス数が増える可能性が高まります。

                  自然な被リンクの獲得

                  他のWebサイトから自然にリンクされることで、検索エンジンはそのページが価値あるものと判断します。被リンクの獲得には、信頼性の高い情報を提供し、他のWebサイトが参照しやすい形で発信することが大切です。

                  サイト構造とクロールの最適化

                  クローラーがWebサイトの情報を効率的に収集できるように、サイト構造を最適化することが大切です。内部リンクや階層構造を整理し、検索エンジンが容易にインデックスできる状態を整えましょう。また、XMLサイトマップの作成や、robots.txtの設定などもクロールを円滑にし、アクセス向上につながります。

                  ホワイトハットSEOでコンテンツの質を高めよう

                  この記事では、SEO対策におけるホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いや特徴について解説しました。

                  ブラックハットSEOは、検索エンジンのガイドラインに違反する手法を用いるのに対し、ホワイトハットSEOはガイドラインに従い、適切な方法で検索順位の向上を目指します。ブラックハットSEOは、Googleのペナルティの対象になる可能性が高いため、長期的な成果は見込めません。そのため、現代のSEO対策はホワイトハットで行うのが鉄則です。

                  ホワイトハットSEOでWebサイトのアクセスを増やすためには、以下の3つのポイントに注意して取り組みましょう。

                  • 競合との差別化が図れる独自コンテンツの制作
                  • 自然な被リンクの獲得
                  • サイト構造とクロールの最適化

                    SEO対策は短期的な成果を追い求めるものではなく、長期的な視点で取り組むべきです。焦らず地道に努力を続け、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供し続けることが大切です。

                    この記事を書いたライター

                    吉廣 泰則

                    吉廣 泰則

                    フリーのWEBライター。SEOに特化したライティングが得意。公的機関が示している客観的なデータを用いて、読者がわかりやすい文章を心がけている。趣味の筋トレではボディメイクコンテスト入賞経験あり。パーソナルトレーナとしても活動中。

                    このライターの記事一覧

                    この記事を監修した人

                    藤澤 尚也

                    藤澤 尚也

                    優良WEB編集長・JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け、2018年に営業として入社。その後Webディレクターに転身し、3年以上経験を積む。多様な経験からくる幅広いWebリテラシーと持ち前の文章力を買われて優良WEBの編集長に抜擢。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

                    この監修者の記事一覧

                    Share

                    関連記事

                    Share