電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

2023最新SEOツール22選!無料・有料のおすすめを徹底解説

素山 えりか

Written by

素山 えりか

2023最新SEOツール22選!無料・有料のおすすめを徹底解説

SEO対策に必要な情報の分析・収集、コンテンツ作成を行う上で欠かせないのがSEOツールです。SEOツールを活用すれば、施作の評価や改善、戦略立案の効率が大きく向上します。また、近年ではAIを活用した高性能のものが続々と登場しており、まさにツールを制するものがSEOを制すという時代に突入しています。

そうはいっても、SEOツールにもさまざまなものがあり、実際どれを選んでよいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、無料と有料に分けてそれぞれ11個のツールをご紹介します。主な機能内容や、それぞれの魅力、料金プランまで詳しく解説しますので、ツール選びの参考にしてみてください。

SEOツールとは?

SEOツールとは、SEO対策に必要な情報収集・分析を行い、施策の改善をサポートしてくれるツールのことです。SEO対策に関わるデータは、以下のようなものがあげられます。

  • 検索キーワードの順位
  • Webサイトを訪問するユーザーの特徴
  • 被リンク獲得数
  • ユーザーが興味関心を持っている人気のキーワード
  • 競合サイトの情報

ツールを使ってさまざまな角度から情報を分析することで、より効果的な施策を実現できます。

SEOツールの役割

SEOツールの役割として、SEO対策の効率化があげられます。基本の役割は、以下の通りです。

  • 競合調査
  • キーワード選定
  • コンテンツ作成
  • アクセス解析

上記の作業を全て手作業で行うと、膨大な時間が必要です。しかし、SEOツールを利用すれば、自動化できる作業も多いため効率化が図れるでしょう。

SEOツールでできること

SEOツールにはさまざまな種類のがあり、大きく以下の3つに分けられます。

  • サイト分析
  • 検索ニーズ調査
  • レポーティング

それぞれのツールごとにカバーしている機能が異なるため、必要に応じて自分に合ったツールを選ぶのがポイントです。

サイト分析

SEO対策には、継続的な改善や新規施策の実行が不可欠です。そのため、効果測定とサイト分析が欠かせません。サイト分析を強みとするツールを導入すれば、作業を効率化したり、施策をブラッシュアップしたりできるでしょう。サイト分析ツールが持つ主な機能としては以下があげられます。

機能 内容
検索順位の測定 自社サイトが流入を集めている検索キーワードの順位を測定する
アクセス解析 ウェブサイトの訪問者を性別・年齢・地域・興味関心などに分けて数値化する
サイトヘルス ページの表示速度や内部構造の不具合などを調査する
被リンク分析 被リンクの獲得数を調査

検索ニーズ調査

キーワードの調査や、検索ボリュームの調査などが行なえます。検索数が多いキーワードを把握することで、ユーザーのニーズを理解し、市場のトレンドに合ったコンテンツを提供することが可能です。

レポーティング

SEOツールを使えば、分析したデータをわかりやすくアウトプットすることも可能です。検索順位やユーザーニーズは世間の動向やトレンドによって変化するため、日々の継続的な調査が欠かせません。しかし、収集したデータを実用的なものにまとめるには労力がかかります。

SEOツールを使えば、データをわかりやすくまとめられるため便利です。また、収集したデータをまとめて報告したり、複数人で共有したりするのにも利用でき、提案・会議のための資料作りにかかる時間も大幅に削減できます。

無料で使えるSEOツール【11選】

無料で利用できる、以下11個のSEOツールを紹介します。無料でも充実した機能を持つツールも多いため、ぜひ利用を検討してみてください。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • Googleトレンド
  • Googleキーワードプランナー
  • PageSpeed Insights
  • リッチリザルトテスト
  • 検索順位チェッカー
  • ラッコキーワード
  • Ubersuggest
  • Ptengine
  • リンクチェッカー

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

出典:Google アナリティクス

Google アナリティクスはGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。無料で利用できるツールの中でも質が高く、人気を集めています。解析できるデータは、主に以下の4つです。

  • どのような属性を持つ人が何人サイトに訪れているか
  • どのページからサイトに訪れているか
  • Webページのどこに注目しているか
  • コンバージョン(会員登録・資料ダウンロードなどの目標)を達成できたか

これらの情報を解析することで、ユーザーの行動を細かく把握し、サイトの状態を正しく把握することが可能です。また、Googleスプレッドシートやエクセルにデータをエクスポートしたり、期間ごとのデータを比較したりする機能もあります。

以下の3つのステップで利用できます。

  1. Googleのアカウントを取得
  2. アナリティクスに登録
  3. 発行されたトラッキングIDをWebページ内に貼り付ける

ツールを始めて使う人やSEO対策を初めて行う方に向けたGoogleアナリティクスアカデミーコースも用意されているため、初心者の方でも安心して利用できます。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール

出典:Google Search Console

Googleサーチコンソールは、Google検索におけるWebサイトのパフォーマンスを分析するツールです。主な機能として以下の4つがあげられます。

  • Google検索での掲載順位/表示回数/クリック数のチェック
  • 被リンクのソースや上位のリンク元、サイト内部リンクのソースなど総合的なリンク状況の確認
  • インデックス登録のリクエストやサイトマップ機能を活用したクロールの促進など検索エンジンに向けたサイト情報の提供
  • 速度表示の遅いURLやペナルティの有無などサイトの問題点の把握

Googleアナリティクスでは、ユーザーがWebサイトに流入した後の動きを分析しますが、サーチコンソールは、検索エンジンからWebサイトに流入するまでの動きを分析するものです。どちらも利用したいという方は、サーチコンソールとアナリティクスを連携させることも可能です。

以下の3ステップで利用できます。

  1. Googleのアカウントを取得し
  2. サーチコンソールにログイン
  3. ドメインもしくはURLプレフィックスによってサイトを登録

Googleトレンド

Googleトレンド

出典:Googleトレンド

Googleトレンドは、Google上で検索されているキーワードやトピックの人気傾向を把握できるツールです。現時点の人々の関心ごとを検索したり、クリスマスやバレンタインなどの季節ごとのイベントにおいてどのようなキーワードに需要が集まっているのかを把握したりするのに役立ちます。主な機能としては以下の4つがあげられます。

  • 複数のキーワードの人気度を比較
  • トレンドワードの検索
  • 急上昇しているワードを国別に検索
  • 指定したカテゴリにおける旬ワードのランキング分析

キーワードの人気度や検索需要は0から100という数字で相対的に表され、100に近ければ近いほど検索需要が高いといえます。

Googleトレンドは、アカウントを持っていなくても利用できるのが特徴です。使い方は簡単で、Googleトレンドのページにアクセスし、検索窓にキーワードやトピックを入力するだけです。

トレンドのキーワードを調査してコンテンツ作成に活かしたい、関連トピックからキーワードの幅を広げてターゲットへ効果的に訴求したい、特定の国や地域別にトレンドを検索したいという場合におすすめです。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

出典:キーワードプランナーで最適なキーワード選択 – Google広告

Googleキーワードプランナーは、Google広告を掲載する人に向けに開発されたツールで、広告の入札単価やキーワードの月間検索数などを調査することができます。Googleアカウントで登録すれば無料でも利用できるものの、広告を出稿せずに利用する場合には、検索ボリュームがアバウトな形で表示されます。主な利用用途としては、以下の2つがあげられます。

  • 新しいキーワードを見つける
  • 検索のボリュームと予測のデータを確認する

「新しいキーワードを見つける」では、特定のキーワードを検索することで関連性の高いキーワード情報について、月間平均検索ボリュームや競合性などの具体的な数値とともにチェックできます。

一方で、「検索ボリュームと予測のデータを確認する」では、予め決めておいたキーワードの検索ボリュームや競合性などを確認できます。

Googleトレンドと似たような機能に見えますが、得られる情報や機能が圧倒的に多いため、本格的な調査をしたい場合はこちらがおすすめです。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

出典:PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsは、Webページの読み込み速度の分析に特化したGoogleが提供しているツールで、Core Web Vitalsと呼ばれるGoogleが独自に設定したサイトの状態を示す指標を確認できます。Core Web Vitalでは、ページの読み込み速度、インタラクティブ性、ページコンテンツの視聴的安全性が評価され、SEOにも影響を与えています。

PageSpeed Insightsでは、以下の5つの観点からさらに詳しい分析が行われます。

  • 実際に世界中のユーザーから収集したデータによる表示スピードの評価
  • 特定の環境を想定した分析、パフォーマンスの問題を診断した上での評価
  • ページの表示速度を上げるために改善できる項目の分析
  • Web開発における問題点と改善方法の分析
  • 改善の必要がない合格と判断された項目のチェック

使い方は簡単で、自社サイトのURLをトップページに入力するだけで、それぞれのスコアが0から100の数字で表示されます。90〜100のスコアであればGood、50〜89はMedium、0〜49はLowと判定されるため、評価が低いものから優先して改善を行いましょう。

ページの表示速度はSEOに関係するだけでなく、ユーザーエクスペリエンスや実際の売上にも影響を与えます。ユーザーにとって使いやすく快適なサイト作りを行い、ブランドの印象アップや売上増加につなげましょう。

リッチリザルトテスト

リッチリザルトテスト

出典:リッチリザルトテスト – Google Search Console

Googleが提供しているリッチリザルトテストは、構造化データが正しくサイトに記述されているかをチェックするために使うツールです。リッチリザルトとは、構造化データを利用し、Googleの検索画面に画像やレビューなどより多くの情報を表示させることを指します。

タイトルだけ表示された検索結果を見た時より、インパクトのある見た目になり、ユーザーにクリックしてもらいやすくなります。リッチリザルトを表示させるためには、構造化データと呼ばれるタグを使用して、構造化マークアップを行う必要があります。リッチリザルトテストでは、主に以下の2点がチェックできます。

  • 該当ページがリッチリザルトに対応しているかのチェック
  • ページ内の構造化データの確認

使い方は簡単で、検索窓に自社サイトのURLを入力するだけです。結果画面に「このページはリッチリザルトの対象です」と表示されていれば正しく設定できています。また、ページ内の構造化データについては、結果画面の「記事」という部分をクリックして詳細を確認することも可能です。

検索順位チェッカー

検索順位チェッカー

出典:検索順位チェッカー

アカウント登録などを行わず、気軽に自社サイトの検索順位を測定してみたいという方におすすめなのが検索順位チェッカーです。Google・yahoo!・Bingの検索順位について、ブラウザ・スマホでの順位を100位までチェックできます。気軽に使えるツールではありますが、対象は日本国内のみとなっており、海外での順位検索はできません。

また、順位結果はCSV形式で簡単にダウンロードでき、簡易的な分析資料としても活用できます。簡易的に検索順位をチェックしてみたい方におすすめのツールです。

ラッコキーワード

ラッコキーワード

出典:ラッコキーワード

ラッコキーワードは、簡単に使えるキーワードリサーチツールです。キーワードを入力するだけで、サジェストやコンテンツに関する分析・提案を行ってくれます。以下のようなさまざまな機能が搭載されています。

  • AIによる記事タイトル・関連する疑問・関連ワードの提案
  • Google/Bingサジェスト/Youtubeサジェスト/Google動画サジェスト/Google画像サジェスト/Googleショッピングサジェスト/楽天サジェスト/Amazonサジェスト/Yahoo!知恵袋/教えて!goo/Googleトレンドにおけるキーワードの分析
  • 共起語検索
  • 見出し抽出
  • ニュース/話題の記事の検索
  • 周辺語・連想語・類語・同義語・関連ハッシュタグの検索

上記のように幅広い内容をカバーしているのが特徴ですが、無料のプランでは検索回数に以下の制限があります。

  • AIによる提案は1日10回まで
  • 1日における獲得キーワード調査は50回まで
  • 各種キーワード調査は1日50回まで
  • 見出し抽出・共起語取得・関連ハッシュタグの調査は1日15回まで

より頻繁に利用する方に向けて、さらに多くのキーワード情報を取得したり、検索エンジンにおける具体的な月間検索数を取得したりできる有料プランも用意されています。月額440円のお手軽プランから月額9,900円のエンタープライズ向けプランまで幅広い5種類の有料プランがあるため、利用頻度やサイトの規模に合わせてプランを選択しましょう。

Ubersuggest

Ubersuggest

出典:無料キーワード提案ツール UbersuggestでSEO対策

Ubersuggestは、キーワードを調査したり、ドメインを分析したりするするためのツールです。Googleキーワードプランナーで使われている技術を参考にして開発されたツールで、無料でさまざまな調査ができることから人気を集めています。調査できる主な内容は以下の通りです。

  • キーワードの月間検索ボリューム
  • 検索連動型広告を出した場合の単価
  • 広告の競争度合い
  • オーガニック検索の競争度合い
  • 関連キーワードの取得
  • ドメインの強さを100点満点で表したドメインスコア
  • SNSで多くシェアされているページ
  • リンク獲得数
  • 競合サイトの分析
  • サイトにおけるSEO課題
  • サイトスピード

無料版と有料版がありますが、利用できる機能内容に大きな違いはありません。しかし、無料版ではそれぞれの検索回数に制限があります。たとえば、検索回数は1日あたり3回、関連キーワードは30個までの表示、過去のデータ取得は4ヶ月間のみ、SEO課題については3個までの表示となっています。まずは、無料版を利用して使い心地を試してみるのがおすすめです。

Ptengine

Ptengine

出典:Ptengine

Ptengineはサイト分析から改善施策までをサポートしてくれる、サイト運営のためのプラットフォームです。サイト分析を行うヒートマップツールが特に有名で、多くの有名企業から支持を集めています。特に、新機能として搭載されたWebページの表示変更をノーコードで行い改善施策を検証できる機能は、Webコードに詳しくない人も使いやすいと評判です。Ptengineの主な機能は以下の通りです。

  • ユーザーの行動(クリック・スクロール・離脱箇所など)を色で視覚化するヒートマップ
  • 複数ヒートマップを使用した比較分析
  • 分析を基にした仮説をノーコードで検証するためのテストバージョンの作成(ページの表示変更・リダイレクトテスト・ポップアップ/固定バーなどの変更)
  • 変更をした場合と変更をしなかった場合を比較する「A/Bテスト」の実施
  • テストバージョンのレポート作成
  • 特定のユーザーにWebページ上でメッセージを表示する機能
  • ユーザーの行動に合わせてカスタマイズしたWebページの表示設定
  • ユーザーの属性/行動/データに合わせたタイトルやオファーの設置

無料プランでは、計測可能な1ヶ月あたりのPVの上限が3000、ヒートマップページは1つまでと、計測数に制限が設けられています。有料プランでは、計測数が大幅に増えるだけでなく、メールサポートやライブチャットサポートなどのサービスも加わります。SEO対策として、サイト分析から改善施策まで一括して利用できるツールを探しているという方におすすめです。

リンクチェッカー

リンクチェッカー

出典:リンクチェッカー

リンクチェッカーは、リンク切れチェックツールです。リンク切れとは、該当記事の削除やURLの変更、サイトの閉鎖によってリンク先のページにアクセスできないことを指します。そのままリンク切れを放置しておくと、ユーザーに悪い印象を与えてしまうだけでなく、クローラビリティの低下を引き起こしSEOへ間接的に悪影響を与えてしまいます。

リンクチェッカーでは、自社サイトのURLを入力してチェックボタンを押すだけで、サイト全体のリンク切れをチェックできます。登録なしで誰でも簡単に利用できるため、定期的に活用してみましょう。

本格派におすすめの有料SEOツール【11選】

有料のSEOツールでは、カバーできる機能内容が圧倒的に増えるだけでなく、運営によるサポートを受けられることもあります。数多くのツールが存在しますが、人気の高い以下11のツールを紹介していきます。

  • ミエルカSEO
  • semrush
  • SEARCH WRITE
  • EmmaTools
  • Lumar
  • Ahrefs Site Explorer
  • Nobilista
  • TACT SEO
  • Bull
  • tami-co
  • chiyo-co

高性能な総合対策ツール「ミエルカSEO」

ミエルカSEO

出典:ミエルカ

ミエルカSEOは、競合分析とカスタマーサクセス、さらに学習コンテンツが1つになったツールで、包括的なSEO対策を行いたいという方におすすめです。主な機能は以下の通りです。

  • ユーザーの購買意図ごとにグループ分けしたキーワードについてのAIによる自動分析
  • キーワードにおける自社サイト順位や流入数の調査
  • 競合サイトにおける対策キーワード、順位の変化、流入数の分析
  • コンテンツ作成をサポートする上位サイトの方向性分析
  • 自社サイトと競合サイトの順位比較や順位推移の自動分析(毎日)
  • 改善案を行った後のCV増加数をAIが自動で予測する機能
  • 複数人で情報を共有するためのタスク管理&メモ機能
  • ページ内の離脱・クリック箇所・熟読ポイントなどユーザーコードの視覚化
  • ミエルカSEOのCSによるサポート(出張勉強会、SEO/CV設計の相談、コンテンツ構成案の添削、月次レポートの作成サポート、リライト指南などを含む)
  • SEOを学びたい人に向けた動画コンテンツ提供、Webセミナー・ユーザー会の開催

また、ツールの利用方法やSEO対策に関する知識などを専門家に相談できる体制が整っているため、初心者の方でも安心して利用できます。また、料金プランや価格については企業規模や課題に応じた価格での提供となっているので、資料請求の上、問い合わせをして確認してください。

2023年9月現在、無料トライアルキャンペーンも実施されているので、気になる方は一度試してみるのがよいでしょう。

世界で人気の総合対策ツール「SEMRUSH」

SEMRUSH

出典:SEMRUSH

SEMRUSHは、世界で1000万人以上のユーザーを誇る人気のSEO総合対策ツールです。G2.com,Inc.のSEOツール部門においてユーザー満足度世界1位を獲得した実績もあり、その実力が伺えます。1番の魅力は、自慢のデータベースを利用した詳細な分析です。

データベースは、プロバイダーから提供されるデータや、匿名ユーザーのクイックストリームデータ、SEMRUSHクローラーが収集したデータなどを独自で解析して作り上げたもので、以下の数値が発表されています。

  • ドメイン8億
  • キーワード200億
  • バックリンク14億
  • ドメインディスプレイ広告3.1億
  • 国別データベース142カ国
  • ユーザーパネル2億

また、SNSの運営対策も行えるため、Webマーケティングを一括で管理したいという方にもおすすめです。主な機能は以下の通りです。

  • 競合サイトがオーガニック検索で獲得しているキーワードの調査
  • 自社サイトと競合サイトのキーワードギャップの調査
  • 日時でトラッキングするキーワードの順位変動やトラフィック分析
  • リンク切れやHTTPS対応などのエラー自動検出機能
  • 有害性の可視化を含めた外部リンクの調査
  • キーワードやボリュームトラフィックなどのリスティング広告分析
  • 業界内でのポジショニング分析と競合ドメインの比較
  • SNSにおける投稿パターンやオーディエンス推移、エンゲージメントなどの分析
  • SNS投稿作成やスケジューリング、効果測定など
  • 使い方を解説した動画やマニュアルの提供、ウェビナーの定期開催、個別のデモンストレーションなどのサポート

基本的にはほとんどの機能が日本語で利用できるものの、一部機能は英語表示のみとなっています。公式サイトによると随時日本語にも対応していくということです。

料金プランは、Proプラン、Guruプラン、Businessプランの3種類で、以下の通りです。

プラン名 月額料金(税込) 対象 主な機能
Proプラン 142.95$ 個人事業主 フリーランス スタートアップ企業
  • SEO広告機能におけるほとんどの機能
  • プロジェクト数5まで
Guruプラン 274.95$  中規模サイトの運用 中小企業のマーケティング部門 コンサルティング会社代理店
  • Proのすべての機能
  • Googleデータストゥディオとの連携
  • 過去データの利用
  • プロジェクト数15まで
  • それぞれの機能における上限数アップ
Businessプラン 549.95$ 大手企業のマーケティング部門 大規模サイトやECサイトの運用 コンサルティング会社代理店
  • Guruのすべての機能
  • ショッピング広告の分析
  • AMP(Accelerated Mobile Pages)のチェック
  • プロジェクト数40まで
  • それぞれの機能における上限数アップ

一番安いプランであれば月額$142.95(税込)と手軽な値段で始められるのも、大きな魅力です。14日間の無料トライアルも実施中なので、まずは使い勝手を試してみるとよいでしょう。

運用特化型「SEARCH WRITE」

SEARCH WRITE

出典:SEARCH WRITE

SEARCH WRITEは、不要な機能を搭載しないことに強くこだわって設計された、運用特化型のツールです。主な機能は以下の通りです。

  • セッション数/ユーザー数/新規訪問率/新規訪問数/平均滞在時間などの重要事項を線グラフで表示
  • 対策すべきキーワードの提案とそのキーワードに対するユーザーの検索意図の表示
  • 自社サイトが獲得しているキーワードについてIMP平均順位/CTRのバブルチャート
  • 上位表示されているコンテンツの文字数/見出し数/コンテンツに含まれる単語の傾向/サイトインデックス数/キーワードインデックス数などの解析
  • チーム全員で共有できるタスク管理機能
  • AIによる数値の自動化を使ったリライト提案

カスタマーサポートでは、ツール導入の支援だけでなく、SEOそのものの導入を根本からサポートしてくれるため、SEO対策の経験がない人でも施策が軌道に乗るまで支援を受けられます。

料金プランは、以下の3つが用意されています。全てのプランにおいて、登録可能サイトは3サイトまで、利用可能ユーザー数は無制限です。

プラン名 月額料金(税抜) 主な機能
SEARCH WRITE +カスタマーサクセス 80,000円
  • 施策検討・コンテンツ作成・成果計測・改善など全機能
  • 定型レポートダウンロード
  • 内部課題発見・改善機能
  • 複数回の導入支援
  • キーワード戦略設計支援
  • キーワード選定支援
  • コンテンツ設計支援
SEARCH WRITE +カスタマーサクセス +CVR改善機能 110,000円
  • 8万円のプランのすべての内容
  • CVR改善機能
SEARCH WRITE +コンサルティング 150,000円〜
  • 8万円のプランのすべての内容
  • 導入支援+月1回のWeb定例会
  • 専任コンサルタントによるキーワード戦略設計・選定・コンテンツ設計

上記プラン以外にも、ライティング1記事5万円〜、Webメディア構築150万円〜といったオプションプランも用意されています。そのため、包括的なSEOコンサルティングを依頼したいという方にもおすすめです。

オールインワン対策ツール「tami-co」

tami-co

出典:tami-co

SEOの知識が0の方でも上位検索を獲得できるよう設計されているのが、オールインワン対策ツールであるtami-coです。株式会社Catch the Webが実施した利用者満足度アンケートでは利用者満足度98%を誇り、使いやすさと実力を兼ね備えていることがわかります。主な機能は以下の通りです。

  • 自社サイトの順位を向上させるキーワードと競合サイトが順位を取得しているキーワードの抽出
  • 記事作成におけるタイトルの独自採点、修正箇所の提案
  • 47都道府県の主要地域でのローカライズされた検索結果の調査
  • 見出しに利用するキーワードをおすすめ順に表示
  • 競合記事の見出し/キーワード分析
  • ユーザーが関心を示しているトピック分析
  • 日々の検索順位計測
  • 競合サイトの順位状況チェック

料金プランは、4つが用意されています。どのプランでも同時ログイン数は無制限となっており、複数人でデータを共有できます。また、基本的な機能に違いはありませんが、各機能の回数制限や登録数の上限に違いがあるため、該当サイトの規模に合わせてプランを選ぶのが良いでしょう。料金と内容は以下の通りです。

料金プラン 月額料金(税抜) 回数制限
ライト 39,800円 記事作成における分析回数30回まで キーワード選定用登録サイト数1つ
スタンダード 74,800円 記事作成における分析回数80回まで キーワード選定用登録サイト数2つ
ビジネス 99,800円 記事作成における分析回数140回まで キーワード選定用登録サイト数3つ
プレミアム 120,000円 記事作成における分析回数200回まで キーワード選定用登録サイト数4つ

導入までの流れとして、まず7日間の無料トライアルを行った後、zoomにてプランや使い方に関する説明会が行われます。利用プランを決定したら、その時点で申し込みを行います。

上位表示を実現するライティングツール「EmmaTools」

EmmaTools

出典:EmmaTools

SEO対策を網羅できるライティングツールとして人気を集めているのがEmma Toolsです。見出し作成や記事作成などをAIが自動生成してくれるため、作業の大幅な効率化を図れるのが大きな特徴となっています。また、2023年7月には個人向けのプランもリリースされ、フリーライターも利用しやすくなりました。主な機能は以下の通りです。

  • AIを使った見出し構成自動生成、本文自動生成機能
  • 独自の評価基準でSEO品質をスコア化するコンテンツの品質チェック
  • コピー率チェック機能
  • 20位までの上位サイトについて記事構成の分析
  • 上位サイトにおけるコンテンツスコア/キーワード比率/文字数/見出しの分析
  • メインワードと関連の強いキーワードを難易度やワード価値と共に提案
  • PC/スマホそれぞれの検索順位計測
  • 外部ライターの管理機能
  • 電話/メール/お問い合わせフォームによるサポート
  • 2ヶ月間の導入支援プログラム(別料金)

料金プランとしては、個人向けのプランと企業向けのプランがそれぞれ2つずつ用意されています。プラン内容は以下の通りです。

プラン名 月額料金(年払い・税抜) ユーザー数 主な機能
for Personal 1,980円 1
  • プロジェクト数5個/月
  • スコアチェック
  • AIライティング
  • コピー率チェック5回/月
for Personal+ 5,980円 1
  • for Personalのすべての内容
  • プロジェクト数20個/月
  • コピー率チェック無制限
for Team 25,000円 3
  • for Personal+のすべての内容
  • プロジェクト数無制限
for Team+ 58,000円 3
  • for Teamのすべての内容
  • キーワード登録50個〜
  • 順位チェッカー
  • 競合キーワード分析
  • 見出し構成作成
  • AI見出し生成β版
  • コンテンツ健康管理
  • ドメイン登録
  • サポートチャット

14日間の無料体験では、for Personalとfor Team+を利用できます。外部ライターを一括で管理したい、AIを使ったコンテンツ作成サポート機能を利用してみたいという方におすすめです。

テクニカルSEO対策ツール「Lumar」

Lumar

出典:Lumar — 全く新しいレベルのウェブサイトインテリジェンス

PayPalやAdobe、Microsoftなど名だたる世界企業も愛用しているのがLumarです。順位向上を目的としたサイトの内部構造を改善するための”テクニカルSEO”に関する施策をサポートしてくれます。Googleのクローラーに近い構造をしている業界最速のクローラーを採用しており、驚異的なスピードでの分析・データ取得を実現します。主な機能は以下の通りです。

  • 検索順位やユーザーエクスペリエンスに関わる技術的な問題の特定
  • サイト上の技術的健全性を簡単に分析
  • 自動QAテストと広範なトレンド追跡によるオーガニックトラフィックの保護
  • 業界平均とのデータ比較による成長分野の特定
  • SEOのタスク管理

料金は、価格の見積もりを行った上で事業規模に合わせて決定されます。世界的なテクニカルSEO対策ツールとして実力はお墨付きですが、日本語対応のページが少なく、分析内容が専門的である点に注意が必要です。そのため、比較的上級者向けのツールといえるでしょう。

競合を徹底調査「Ahrefs」

Ahrefs

出典:SEOの被リンク分析・競合調査ツール|Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefsは、被リンク分析と競合分析を強みとしている対策ツールです。被リンクに関するデータ量は世界最大級ともいわれており、リンクデータは26.9兆、ページURLの数は4020億と圧倒的な数字を誇ります。さらに、NetflixやUber、Pinterest、Shopify、Facebookなどの世界的大手企業も多く利用しており、その高い信頼度がうかがえます。

また、シンガポールにある海外の会社が開発したツールであるものの、日本語サイトも分かりやすく設計されており、初心者の方でも使いやすいのが魅力です。主な機能は以下の通りです。

  • URL単位での被リンク調査、流入キーワード調査、有料検索広告のキーワード調査
  • AIを使った無料のライティング補助
  • SNSで人気が高い記事の検索/分析
  • 非リンク分析を使って行うキーワードの検索ボリュームや難易度の調査
  • 被リンクの増減と順位変動を知らせるアラート
  • 自社サイトや競合サイトの継続的なランキング調査

料金プランは、4つのプランが用意されています。それぞれのプランは、機能面に大きな差はなく、分析できるサイト数や出力行数、キーワード数などの上限に違いがあります。

プラン名 月額料金(税抜)
ライト 12,500円〜
スタンダード 25,000円〜
アドバンスド 50,000円〜
エンタープライズ 125,000円〜

無料トライアル等はありませんが、登録するだけで誰でも無料で利用できるAhrefsウェブマスターツールが用意されています。サイトエクスプローラーなどの一部の機能が利用できるため、使い心地を試してみたい方は利用してみましょう。

クラウド型順位チェック「Nobilista」

Nobilista

出典:検索順位チェックツール「Nobilista(ノビリスタ)」

Nobilistaは、クラウド型の順位チェックツールで、365日完全自動で順位計測を行うことができます。検索順位の範囲はGoogle検索の1位から100位までとなっており、先日比やランキングについても全て自動的にレポーティングされます。主な機能は以下の通りです。

  • 過去の検索順位の変化を時系列でグラフ化
  • キーワードの検索ボリューム/SEO難易度/想定流入数の調査
  • 競合サイトの分析と自社サイトの比較レポート作成
  • 順位変動が行われた場合のメールアラート
  • 分析データを他人とURLでシェア
  • ダークモードへの対応
  • ツール導入やアカウント開設後の使い方に関するZoomでのサポート

料金プランは、パーソナルプラン・ビジネスプラン・エンタープライズの3種類が用意されています。それぞれの主な内容は以下の通りです。

プラン名 月額料金(税込) 主な機能
パーソナルプラン 990円
  • 登録キーワード150まで
  • 計測範囲1位から100位
  • 競合サイトの順位計測3つまで
  • 前日比の表示
  • 時系列グラフ表示
  • ランクインしているURLのレポート
  • 検索ボリューム検索
  • SEO難易度の分析
  • 想定アクセス数分析
  • 検索結果の特徴分析(35の要素を可視化)
  • CSVダウンロード機能
  • 共有URLの発行
  • メモ機能
  • 検索順位変動アラート
  • SEO施策のリマインド
ビジネスプラン 1980円
  • パーソナルプランのすべての内容
  • 登録キーワード300まで
  • 競合サイトの順位計測10つまで
  • 優先URL機能(PLP)
  • キーワード数追加オプション
エンタープライズ 要問い合わせ
  • ビジネスプランのすべての内容
  • カスタム対応の登録キーワード数
  • カスタム対応の競合サイトの順位計測数

パーソナルプランであれば月額990円からと大変お得な利用金額で利用でき、個人事業主やアフィリエイターにもおすすめです。7日間の無料お試しも実施しているので、興味のある方は試してみましょう。

上位表示支援「TACT SEO」

TACT SEO

出典:TACT SEO

TACT SEOは、初心者の人も利用しやすいSEOの総合支援ツールです。課題抽出から記事作成のための分析、さらにキーワード選定の効率化など、SEO対策の基本機能が全て揃っています。主な機能は、以下の通りです。

  • 自社サイトと競合上位サイトを比較した上での分析
  • Google検索で上位表示されているサイトに高確率で使われているキーワードのグルーピング
  • 自社サイトや競合サイトの流入キーワードの調査
  • 自社サイトやと競合サイトの順位を毎日計測管理
  • 専門の担当者による電話/メール/チャットでのサポート
  • ツールの利用方法やSEOの基礎知識についての動画マニュアルの提供
  • 毎週行われるオンライン勉強会の開催
  • ユーザー座談会での成功事例共有

料金プランは、公式サイトに明示されていないものの、ツール導入支援2回を含む初期費用は10万円〜(税抜)、月額利用料金は9万円〜(税抜)となっています。コンサルティング業務やSEO担当者を育成するための研修なども提供しているため、興味のある方はまず相談を行い料金プランの見積もりを依頼してください。

Google変動とサイト順位を比較「Bull」

Bull

出典:Bull

検索順位を毎日自動でチェックしてくれるのがBullです。チェックを行うためにパソコンの起動は必要なく、完全自動でいつでもどこでも順位を確認してくれるという気軽さが魅力となっています。利用できる機能は以下の通りです。

  • Yahoo!JAPAN、Google、Bingの検索順位を100位まで調査
  • 地域を指定した順位検索
  • 1ヵ月/3ヶ月/6ヶ月/12ヶ月と期間設定した上でグラフデータの出力
  • 顧客ごと、サイトごとなど多数の検索順位を効率的に把握できるグループ
  • CSV、Excelでのエクスポート
  • 他社の順位チェックツールで取得した順位データのインポート
  • 他社ツールからの乗り換えをサポートするインポート

料金プランは5つ用意されており、登録できるキーワード/URL数が異なります。

プラン名 月額料金(税込) キーワード/URL数
BULL30 1,150円 30
BULL50 1,850円 50
BULL100 3,500円 100
BULL200 6,550円 200
BULL500 15,400円 500

BULL30を2週間利用できる無料体験版も提供されていますが、無料体験プランでは商用利用は禁止されているため注意しましょう。

コピペチェックツール「chiyo-co」

chiyo-co

出典:chiyo-co

AIを使ったライティングの増加とともに大きな課題となっているのがコピペチェックです。chiyo-coを使えば、自社で用意したコンテンツや外注したコンテンツのチェックを素早く正確に行うことが可能です。意図せず著作権法に触れてしまうリスクを回避するためにも、ツールの活用をおすすめします。主な機能は以下の通りです。

  • 文章/文章全体/センテンス/キーワードの類似度を分析
  • インターネット上を巡回し、記事コンテンツが他社に盗用されていないかチェック
  • 自社サイトにおける重複類似調査によるコンテンツの整理
  • テキストファイル/Word/Excel/PDF/にも対応した類似度分析

料金プランは、無料から有料まで4つのプランが設定されていて、それぞれ解析カウント数が異なります。解析カウントは1000文字で1カウントとして計算されるので、分析したい記事数や文字数に合わせてプランを選びましょう。

プラン名 月額料金(税込) プラン内容
フリー 0円 解析カウント10まで/⽉
プラン100 4,400円 解析カウント100まで/⽉ 解析結果のCSVダウンロード
プラン500 16,500円 解析カウント500まで/⽉ 解析結果のCSVダウンロード
プラン2000 55,000円 解析カウント2000まで/⽉ 解析結果のCSVダウンロード

無料のプランであれば、計1万文字の解析ができます。まずは、使い心地を試してみたいという方におすすめです。

SEO対策ツールの選び方

SEO対策ツールと一言でいっても、その機能や料金プランに大きな幅があります。高い効果を得るためには、目的や対策状況に合った適切なツールを選ばなければなりません。ここではツール選びに関する以下4つのポイントをご紹介します。

  • 利用目的を明確にする
  • 同時利用ができるかどうかを確認する
  • サポート内容をチェックする
  • 導入実績や口コミに目を通す

利用目的を明確にする

SEO対策ツールを選ぶにあたって、まず利用の目的を明確にしておきましょう。SEOツールには、包括的な機能が揃ったオールインワン型のものの他に、検索順位チェック・ライティング・テクニカルSEOなどに特化したツールもあります。適切に比較検討を行うためにも、まずは利用目的を明確にした上で必要な機能をリストアップしてみましょう。

同時利用ができるかどうかを確認する

SEO対策やマーケティングを担当するメンバーが複数人いる場合には、同時利用ができるかどうかを確認しておきましょう。ツールによっては、アカウント作成数や同時使用に制限が課せられている場合があります。また、チームでの利用を前提としたタスク管理機能が採用されているものもあるため、対策部署の規模やSEO業務の進め方に合わせてツールを選んでみてください。

サポート内容をチェックする

SEO対策は、専門知識や技術が必要な対策も多く、ツールを使っても内容が理解できなかったり、改善作業ができなかったりするケースがあります。そのため、事前にサポート内容もしっかりチェックしておくと安心です。

また、有料のものであれば、ツールの使い方や導入方法のサポートだけでなく、SEOコンサルティングを提供しているツールもあります。また、費用についても事前にしっかりとチェックしておきましょう。

導入実績に目を通す

ツールを選ぶ際には、導入実績を参考にすることも重要です。各ツールの公式ページや口コミを確認し、ツールの導入によってどういった結果を得られたのか、作業効率がどの程度アップしたのか、PVがどれくらい増えたのかなどを確認しましょう。

適切なツールを導入し、SEO対策を効率化しよう

SEO対策におすすめの分析ツールを紹介しました。SEO対策ツールを導入すれば、データや収集や分析の効率化や施策のブラッシュアップが行なえます。ツールごとに、カバーしている機能や料金が異なるため、利用目的や状況に合ったツールを選びましょう。

この記事を書いたライター

素山 えりか

素山 えりか

フリーのWEBライター。ブログ記事から旅行情報まで、さまざまなジャンルの記事を執筆。SEO対策だけに目を向けるのではなく、誰かの疑問や悩みに真摯に向き合った記事づくりを目指しています。趣味:オペラとピアノ

このライターの記事一覧

この記事を監修した人

藤澤 尚也

藤澤 尚也

優良WEB編集長・JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け、2018年に営業として入社。その後Webディレクターに転身し、3年以上経験を積む。多様な経験からくる幅広いWebリテラシーと持ち前の文章力を買われて優良WEBの編集長に抜擢。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

この監修者の記事一覧

Share

関連記事

Share