電話受付中 平日10:00~19:00 03-5919-0055

日本最大級のホームページ制作会社検索サイト

お急ぎの方はお電話で !( 平日10:00〜19:00 )

03-5919-0055

無料でWeb発注相談 ! 24時間受付中 !

メールで相談する

採用サイトの効果とは?必要性や効果を高める制作・運用のコツまで徹底解説

樋口 可奈

Written by

樋口 可奈

「採用サイトって実際どんな効果があるの?」
「求人広告だけじゃだめなの?」

採用担当者の中にはこのような疑問を抱え、制作すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

採用サイトは採用情報の発信に特化したWebサイトです。求人サイトに掲載するよりも多くの情報を提供でき、求職者に自社で働く魅力をアピールできます。さまざまな採用課題の解決につながることから、多くの企業で活用されています。

本記事では採用サイトの導入に悩む方向けに、採用サイトの必要性、採用サイトの4つの効果について解説します。効果を高める制作運用のコツも解説しますので、採用サイト制作を検討している方は、参考にしてみてください。

こちらの記事では採用サイト制作が得意な制作会社を25社厳選し、紹介しています。すぐに発注したい方は、ぜひご覧ください。

【厳選25社】採用サイト制作が得意なホームページ制作会社をご紹介

制作会社選びにお悩みの方は
ぜひ優良WEBにご相談ください。

経験豊富なコンサルタントが

します。

採用サイトとは

採用サイトとは自社の採用情報の発信に特化したWebサイトのことです。募集要項や求人情報などの基本事項はもちろん、企業の理念や価値観、イベント情報といった多彩なコンテンツを掲載します。

採用サイトは、自由な表現ができる点が魅力です。社風をデザインで表現したり、画像や動画を用いたりすることで、テキストだけでは伝わりにくい部分まで訴求できます。たとえばオフィス環境や社員の声、働く現場の様子などをリアルに伝えられるため、求職者にとっては企業をより深く理解する手助けとなります。

採用サイトの目的

採用サイトの目的は採用活動の質向上と効率化です。

採用サイトで多様な採用情報を発信すると、求職者の企業への理解度を高められます。求職者は企業で働く姿を想像したうえで応募できるためミスマッチが減少し、それに伴い早期離職のリスクも低減されます。定着率が高まるため、追加での募集といった無駄な作業が発生しません。

また求人サイトに掲載する場合、運営元とのやりとりなどが発生しますが、採用サイトは自社で運用できる点も効率向上につながります。採用サイトを制作すると、さまざまな採用課題を解消できるのです。

採用ページとの違い

採用ページとは、コーポレートサイトに設置される採用情報を掲載したWebページのことです。採用サイトと採用ページの大きな違いは情報量です。

採用サイトは求職者だけをターゲットに制作します。企業や仕事についてより深く理解してもらうことを目的としているため、さまざまな情報を掲載します。

一方で採用ページは、コーポレートサイトの一部です。コーポレートサイトは、顧客や取引先、投資家など幅広い層をターゲットとするため、採用情報だけを密に掲載することは出来ません。

採用ページとは別に採用サイトを制作することで、より多くの情報を求職者に提供できます。

求人サイトとの違い

求人サイトとは人材紹介会社などが運営する、企業と求職者をマッチングさせるためのWebサイトです。企業は手数料を支払うことで、求人情報を掲載できます。

採用サイトと求人サイトは、目的が異なります。

採用サイトは自社の採用活動のためのWebサイトです。募集している職種や働いているメンバーの紹介といったコンテンツを掲載することで、相性の良い求職者からの応募を集める目的があります。

一方求人サイトは「求職者の仕事探し」と「企業の採用活動」の支援が目的で、人材紹介事業を行うために制作します。つまりビジネス用のWebサイトなので、自社の採用活動には使いません。

どちらも企業の採用活動に関連するWebサイトですが、役割がまったく異なります。違いを正しく理解し、目的に合うものを活用しましょう。

採用サイトの必要性

採用サイトは求職者からのニーズが高いことから、必要であるといえます。ここからは近年の求職者の傾向をもとに、採用サイトの必要性を解説していきます。

ほとんどの求職者が採用サイトを見ている

採用サイトの閲覧度合いを示したグラフ

引用:2024年卒 採用ホームページに関する調査|キャリタス就活

新卒学生向けの採用情報サイト「キャリタス就活」が2024年卒の大学生を対象に行った調査では、就職活動中に企業の採用サイトに「かなり目を通した」割合は7割弱を占めています。「目を通した」学生も合わせると、95%以上が採用サイトを閲覧しているという結果です。

このデータからは、求職者にとって採用サイトの確認が当たり前となっていることがわかります。背景として多くの教育機関で、「企業研究が重要である」といわれていることが関係していると考えられるでしょう。

求職者にとって採用サイトの重要度が高まっているなか、採用サイトを持たない企業は、機会損失を招くおそれがあるということです。求職者が企業研究を十分に行えないことから、候補から除外されてしまうことは少なくないでしょう。求職者の間で採用サイトを通した情報収集が当たり前になっていることを踏まえると、採用サイトを制作したほうが良いといえます。

仕事に求めることが多様化している

近年ワークライフバランスを重視する人、自由なキャリア形成を追及する人など、仕事に対する価値観は多様化しています。終身雇用が当たり前の時代は、企業の安定性や給与などが重視されていましたが、近年は自分らしく働けることが重視されるようになりました。

このような変化から、自身の価値観にフィットする会社かを判断するため、企業の理念や働く人の雰囲気がわかるコンテンツが求められています。求人サイトに掲載できる情報では、決め手に欠けると感じられ、候補から外れることも考えられます。

労働者のニーズが多様化するなかで応募を集めるには、採用サイトが必要不可欠です。企業の情報を多角的に発信し、求職者に多くの判断材料を与えることが重要といえます。

採用サイトの効果・メリット

採用サイトの効果・メリット

採用サイトを活用すれば、下記のような効果が期待できます。

  • 求職者の志望度の向上
  • ミスマッチの防止
  • 競合との差別化
  • 採用コストの削減

それぞれくわしく解説していきます。

求職者の志望度の向上

採用サイトは求人サイトのようにフォーマットに決まりがありません。より多くの情報を自由に発信できるため、求職者に企業の価値観や雰囲気まで伝えられます

充実した情報に基づいて応募を決めた求職者は、少ない情報だけで判断した場合に比べ、納得度が高いです。企業やポジションに対して魅力を感じた上で応募してもらえるため、複数社から内定を獲得した場合でも自社を選んでもらえる可能性が高まります。

ミスマッチの防止

採用ページや求人広告の場合、掲載できる情報が限られます。少ない情報のみで応募を決めた求職者を採用すると、入社後に「イメージと違った」と感じられて早期離職されることがあります。

その点採用サイトなら求職者に十分な情報を与えられるため、入社前後で企業へのイメージの相違が起きづらいです。また事業や理念に共感して応募してくれる可能性が高く、企業にとって求める人材が集まりやすいというメリットがあります。

競合との差別化

求人サイトはフォーマットが決まっているため企業らしさを出しづらく、給与などの条件で比較されがちです。一方採用サイトなら自由なデザインとコンテンツで情報を発信できるため、競合との差別化を図れます。

たとえば「社員紹介」や「1日の流れ」などのコンテンツは独自性を高めるのに有効です。求職者のニーズもあるため、興味をもってもらいやすいでしょう。

また定期的に更新したり使いやすい仕様にこだわったりすれば、採用活動に真剣に向き合っている企業であることを伝えられます。工夫次第で自社を選んでもらえるチャンスを高められるのが採用サイトの大きな強みです。

採用コストの削減

求人媒体に出稿するには、掲載期間や応募者数などに応じて手数料が発生します。費用をかけて掲載しても応募が来なかったり、応募がきても求める人材ではなかったりと、無駄なコストが発生するケースが多いです。

一方採用サイトは掲載期間や募集したい人数を問わず、手数料がかかりません。また企業の理念などに共感した人材は定着しやすいことから、追加で募集をかける手間も削減できます。無駄な人件費もかからないため、トータルで大幅なコスト削減が期待できます。

採用サイトの注意点・デメリット

さまざまな効果が期待できる採用サイトですが、下記2点には注意が必要です。

  • 制作に費用と時間がかかる
  • 採用サイト単体では応募が増えにくい

それぞれくわしく解説していきます。

制作に費用と時間がかかる

採用サイト制作を外注すると、格安な制作会社であっても20万円程度の費用がかかります。ブランディングを意識して作るとなれば、100万円以上かかると考えておいたほうが良いでしょう。

また採用サイトには多岐にわたる情報を掲載するため、制作に時間がかかります。募集を開始したい時期から逆算し、余裕をもって依頼する必要があります。

採用サイト単体では応募が増えにくい

採用サイトを公開したからといって、必ずしも応募者が増えるとは限りません。なぜなら採用サイトの訪問者のほとんどは、企業に興味を持った人であるためです。

大企業など、認知度がある企業であれば流入が見込めますが、多くの企業は採用サイトだけで人材を集めるのは難しいと考えられます。他のプラットフォームと併用して認知度を高めるなど、戦略的な活用が重要です。

効果を高める採用サイト制作のコツ

効果を高める採用サイト制作のコツ

効果を最大化するため、制作において下記のポイントを押さえましょう。

  • 企業のリアルな情報を提供する
  • デザインをターゲットに合わせる
  • わかりやすい応募フォームにする
  • スマートフォンに最適化させる

それぞれくわしく解説していきます。

企業のリアルな情報を提供する

求職者は企業の実際の雰囲気を知りたいと考えています。そのため企業の良い面だけを切り取るよりも、リアルな情報を掲載するほうが自社の求める人材が集まりやすくなります。

良い面ばかり掲載すると、多くの求職者からの応募が期待できる反面、ミスマッチが起こりやすいです。社員インタビューや業務の様子などを写真や動画で伝えることで、応募の意欲が向上したり、企業の理念に共感する人材が集まりやすくなったりします。

デザインをターゲットに合わせる

採用サイトのデザインはターゲットを意識して作成しましょう。たとえば若年層をターゲットとする場合、親しみやすい色やフォントを使ったり、イラストも交えたりといった工夫が有効です。

自社らしさを表現することも大事ですが、ターゲットに合わないデザインは関心を引きにくく、離脱を招くおそれがあります。求める人材像を明確にし、好印象を与えられるデザインにしましょう。

わかりやすい応募フォームにする

求職者に「応募したい」と思ってもらえても、サイト内でフォームを見つけにくかったり、項目が多すぎたりすると途中で諦められてしまうことがあります。このような離脱を防ぐため、応募フォームにこだわりましょう。

サイトを閲覧する中で、興味関心が高まったタイミングに遷移できるようにすること、項目を厳選して負担を軽減することが大事です。サイト訪問者にとって、わかりやすい応募フォームになるよう最適化させましょう。

スマートフォンに最適化させる

求職者は移動中やすきま時間にスマートフォンで採用情報を調べることが多いです。スマホでの閲覧に最適化させていないと、離脱率が高まるおそれがあります。

採用サイトを制作するうえで、とくに気を付けるべきポイントはレイアウトです。PC版のレイアウトはスマホでは見づらいため、小さい画面での閲覧を想定して作る必要があります。

また、文字や写真、ボタンのサイズ調整も大切です。小さすぎると読みづらく、アピールポイントが十分に伝わりません。ボタンが小さいと認識しにくい、タップしづらいといった理由でフォームにたどり着く前に離脱されてしまいます。

また読み込みスピードも意識しておく必要があります。移動しながら使えるという特性上、スマートフォンでの閲覧はネット環境が安定していません。不安定なネット環境でもストレスなく閲覧できるよう、ファイルサイズを調整しましょう。

効果的な採用サイトの運用方法

効果的な採用サイトの運用方法

採用サイトは、ただ作るだけでは十分な効果を得られません。効果を最大限発揮させるには、下記の施策を行いましょう。

  • 求人媒体と併用する
  • SNSと連携させる
  • 説明会・イベントと連携させる
  • 効果測定をもとに改善する

それぞれくわしく解説していきます。

求人媒体と併用する

求人媒体と採用サイトを併用すると、相乗効果が生まれます。

求人媒体の最大のメリットは、多くの求職者に見てもらえることです。応募する企業を選ぶ際に活用されることが多く、採用情報を掲載することで接点を作れます。

一方、自社採用サイトは訴求力が高いのが特徴です。求人媒体で気になった企業の採用サイトを確認し、応募を決めるケースが多いです。

また短期的に応募者を集める場合には、求人媒体が向いています。「〇月までに△人ほしい」という採用枠を設ける場合、単体ではアクセスが集まりにくい採用サイトのみでは難しいです。

そのような対比関係にある2つの方法を併用することで、互いの穴を埋め合い、最大限の効果を発揮して採用活動ができます。

具体的な方法としては、URLを貼れる求人媒体で採用サイトへの導線を作るのがおすすめです。求人媒体で求職者との接点をもち、自社採用サイトで魅力をアピールすることで、採用活動の品質向上が期待できます。

SNSと連携させる

SNSの企業アカウントで採用情報を発信し、採用サイトに誘導すれば、採用活動が効率化します。

SNSの利用者は年々増えており、総務省のデータでは2016年時点で20代のSNS利用率は97.7%という結果が出ています。(参考:平成29年版 情報通信白書|SNSがスマホ利用の中心に|総務省

つまりSNSで情報発信をすれば、効率的に求職者との接点を持てるということです。また拡散力が高いという特性があるので、採用活動をしながら企業の知名度を上げることもできます。

加えて無料で気軽に始められる点も、SNSの併用がおすすめな理由です。

情報発信には手間がかかりますが、発信回数を増やすほど、求職者に対するエンゲージメントや訴求力が上がってきます。効果が出ないからとすぐに諦めず、根気強く更新し続けましょう。

説明会・イベントと連携させる

マイナビやリクナビなどが主催する合同説明会や就職イベントは、多くの学生が参加します。イベントで接点を持った求職者を、オフラインから採用サイトへ誘導できるので、効率的な認知向上が可能です。

学生が後日で採用サイトを閲覧すれば、イベントでは伝えきれなかった魅力を訴求できます。より多くの学生を誘導できるよう、イベントで配布するパンフレットにQRコードを貼るなど、導線を用意しておくのがおすすめです。

効果測定をもとに改善する

採用サイトが問題なく機能しているかを定期的にチェックしましょう。最初に見るべきポイントは下記の3つです。

  • アクセス数
  • 応募者数
  • 応募者の人物像

アクセス数が少なければ十分な応募を得られないため、露出を増やす必要があります。アクセス数に対して応募者が少なければ、企業の魅力が伝わっていない、応募フォームが使いにくいなどの原因が考えられます。デザインやコンテンツ、導線の改善を検討してください。

応募者の人物像に関しては、自社が求める人材とマッチしているかを分析しましょう。もしかけ離れていたら、ターゲットに対して適切な情報発信ができていないと考えられます。

効果的な採用サイトの参考事例

ここからは実際に人気がある下記3社の採用サイト事例をご紹介します。

  • 株式会社ニトリ
  • ソニーミュージックグループ
  • NTTデータグループ

デザインやコンテンツの特徴など、採用サイト制作に取り入れられそうなポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

より多くの採用サイトの事例をみたい方は、下記の記事も参考になります。

【事例集】魅力的な採用サイト19選!面白い・かっこいいデザイン事例を紹介します。

株式会社ニトリ

株式会社ニトリの新卒採用サイト

出典:株式会社ニトリ 新卒採用サイト

株式会社ニトリの新卒採用サイトは、コーポレートカラーのエメラルドグリーンを基調に、アニメーションや動画など目を惹く要素が随所に散りばめられています。募集要項やビジネスモデル紹介など、さまざまなページがあるなか数字&キーワードで知るニトリ」というコンテンツが特徴的です。

このページでは下記のような情報がポップなデザインで表現されています。

  • 時価総額
  • アプリ会員数
  • グループ従業員数
  • 月平均残業時間
  • 有給消化率
  • 社員平均年齢
  • 出身学部
  • 学生時代の部活/サークル
  • 長期休暇の過ごし方

    どの項目も数字と単語で端的に表されているため、効率的に情報収集ができます。項目ごとにイラストがあることや、カテゴリごとに色分けされていることで、直感的に理解できるのもポイントです。

    サイト全体を通して、多くの情報が掲載されていながらも、すっきりした印象の採用サイトになっています。「伝えたいことが多い」「隅々までサイトを見てほしい」と考える方の参考になるでしょう。

    ソニーミュージックグループ

    ソニーミュージックグループの新卒採用サイト

    出典:ソニーミュージックグループ新卒採用2025

    ソニーミュージックグループの新卒採用サイトは、イラストとポップな色使いで学生の興味を惹きつけています。そして最大の特徴は職種診断」という、他社にない珍しいコンテンツがある点です。

    10の質問にYESまたはNOで答えると、ソニーミュージックグループで活躍できる職種がわかるというものです。このコンテンツがあることで、求職者の「この会社に自分に合う仕事はあるのか?」「どの職種に応募すべきか?」という疑問を解消できます。悩みや迷いを取り払うことで、より志望度が高まる効果が期待できます。

    「珍しいコンテンツを取り入れたい」「熱量の高い求職者を集めたい」と考える方の参考になるでしょう。

    NTTデータグループ

    NTTデータグループの新卒採用サイト

    出典:NTTデータ新卒採用サイト

    NTTデータグループの新卒採用サイトは、ネイビーと白というシックな色味を基調にすることで、画像を際立たせたデザインになっています。この採用サイトで特徴的なコンテンツが「NTTデータを選んだ理由」です。若手社員へのアンケートをもとに、下記のような情報が掲載されています。

    • どんな業界を見ていたか
    • NTTデータの最初の印象、魅力に思ったこと
    • NTTデータへの志望理由
    • 入社後に改めて感じた無力

      ターゲットである学生と感覚が近い、若手社員からみたNTTデータを知れる、有益なコンテンツです。

      さらにページ後半では配属先の異なる3人のミニインタビューが掲載されています。就職活動時に考えていたことや入社してからの仕事に対する想いなどを知れるため、入社後に自身が働く姿を想像しやすくなっています。

      NTTデータの採用サイトはターゲットを意識したコンテンツが魅力的です。新卒採用を強化したい方や、ターゲットを絞り込みたい方の参考になるでしょう。

      採用サイト制作のよくある質問

      採用サイトの制作を検討する方でよくある4つの質問に回答していきます。

      • 採用サイト制作でかかる費用はどのくらい?
      • 採用サイトの制作期間はどのくらい?
      • 採用サイトを制作する前に準備することはある?
      • 採用サイト制作は誰に依頼すればいい?

      Q

      1:採用サイト制作でかかる費用はどのくらい?

      A

      ページ数や含めるコンテンツによって差がありますが、優良WEBが32のWeb制作会社にインタビューを行ったところ、相場は10万円~300万円であることがわかりました。平均価格は約100万円となっています。

      採用サイト制作の費用相場について、くわしく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

      採用サイト制作の費用相場 | 料金を抑えて求人サイトを作成するコツを解説

      Q

      2:採用サイトの制作期間はどのくらい?

      A

      発注する採用サイトの要件や制作会社によって差がありますが、契約から納品までは2週間~6か月程度が目安です。

      最低限の情報のみを掲載した採用サイトであれば、スピーディに仕上がります。一方ブランディングを意識した大規模なサイトを作るとなると、戦略立案やコンテンツの作成に時間がかかり、長期間にわたる傾向があります。

      Q

      3:採用サイトを制作する前に準備することはある?

      A

      採用課題と求める人材の人物像を明確にしておきましょう。企業が抱える採用課題には、下記のようなものがあります。

      • 応募が集まらない
      • 求める人材が集まらない
      • 定着率が悪い
      • 採用コストがかかりすぎている

      抱える課題によって、適切なアプローチ方法は異なるため、あらかじめ明確にしておきましょう。

      また求める人材の人物像はサイトのデザインやコンテンツを考える上で重要な要素となります。経験レベルやスキル、価値観など、細かく設定しておくことで採用サイト制作を進めやすくなります。

      また含めたいコンテンツが決まっていれば、制作を進めやすいです。こちらの記事では、求職者からのニーズが高いコンテンツや、人気な採用サイトの事例を紹介していますので、参考にしてみてください。

      採用サイトに必要なコンテンツとは?│他社との差別化を図る4つのアイデアや成功事例も紹介

      Q

      4:採用サイト制作は誰に依頼すればいい?

      A

      採用サイト制作の外注先は、フリーランスか制作会社です。

      費用を抑えたい場合、フリーランスへの依頼をおすすめします。ただし個人での対応となるため、時間がかかったり、満足のいかない仕上がりになったりするおそれがある点には注意が必要です。

      制作会社はフリーランスに比べると費用がかかりますが、高い技術や手厚いサポートが期待できます。会社によってサービス領域や費用、サポートの充実度に差があるため、依頼したい作業や予算などに合わせて選びましょう。

      こちらの記事ではおすすめの採用サイト制作会社を25社に厳選して紹介しています。ぜひ参考にしてください。

      【厳選25社】採用サイト制作が得意なホームページ制作会社をご紹介

      ポイントを押さえて採用サイトを効果的に活用しましょう

      採用サイトは応募者の増加やミスマッチの予防など、さまざまな効果が期待できます。最大限効果を引き上げるには、求職者にとって使いやすく、有益な情報を提供することが重要です。ただ公開するだけでなく、説明会やSNSといった別の手法と掛け合わせれば、相乗効果が期待できます。

      「求人広告を出しても応募が集まらない」「早期離職者が多い」などの課題を抱える方は、本記事を参考に採用サイト制作を検討してみてください。

      また採用サイトの必要性を感じ、外注先を探したい方は、ぜひ一度優良WEBにご相談ください。採用活動の現状や、作りたいサイトのイメージをお聞きし、最適な制作会社をご紹介します。完全無料でご利用いただけますので、お気軽にお問い合わせください。

      制作会社選びにお悩みの方は
      ぜひ優良WEBにご相談ください。

      経験豊富なコンサルタントが

      します。

      この記事を書いたライター

      樋口 可奈

      樋口 可奈

      運営元のJetB株式会社メンバーで優良WEB立ち上げから参加。得意ジャンルはSEO、マーケティングやEC分野。これまでに数百記事を執筆した経験を活かし、読者にわかりやすい記事を提供します。趣味はアイドルのライブや漫画鑑賞。

      このライターの記事一覧

      この記事を監修した人

      藤澤 尚也

      藤澤 尚也

      優良WEB編集長・JetB株式会社メディア事業部SV。前職の大手IT企業の同僚から誘いを受け、2018年に営業として入社。その後Webディレクターに転身し、3年以上経験を積む。多様な経験からくる幅広いWebリテラシーと持ち前の文章力を買われて優良WEBの編集長に抜擢。ベースとラーメン二郎をこよなく愛する。

      この監修者の記事一覧

      Share

      関連記事

      Share